ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社ノーステクノロジー(『札幌の技術2004年情報・バイオ編』掲載)

代表取締役 呉 敦 氏

〒060-0809
札幌市北区北9条西3丁目1-1 タカノビル2F
TEL(011)707-5344 FAX(011)707-5345
URL http://www.north-t.co.jp(新しいウィンドウが開きます)
代表取締役 呉  敦さん

代表取締役 呉 敦さん








電力制御で培った技術力をWeb分野で発揮
中国と北海道を結ぶビジネス展開も積極的に推進

電力関連のソフト開発で培った信頼性の高い制御技術が強み

ph

 中国と北海道を結ぶ架け橋に─と、北海道大学の留学生だった呉社長が、1998年に元大手電機メーカーの同僚とともに設立した独立系のソフトウェア開発会社。前職で電力会社のソフトウェア開発に携わっていたことから、電力関連の受託開発が多かったが、数年前からインターネットを活用した「WEB遠隔地監視制御」のシステム構築などが増加している。2003年5月には、中国現地会社および大手電機メーカーと提携し、中国・大連市に合弁会社を設立。中国市場が IT関連を中心に成長を続ける中、双方の長所を生かしたビジネス展開を見据えている。
 同社の技術を支えるキーワードは制御。「電力会社の電力制御の技術は、安定した電力供給を実現するのが目的ですから、常に高い信頼性を求められます。こうした分野でソフト開発やシステム構築を手がけてきた実績があるからこそ、インターネットを活用したシステムも実現できるのです」と呉社長は語る。 電力の制御は専用回線を通じて行われるが、同社の「WEB遠隔地監視制御」は通常のインターネット(電話回線)を使う。利用するのは空調や店舗設備、冷蔵庫などのメンテナンス専門会社、多店舗展開しているチェーン店やコンビニエンスストアなど。制御システムはあらかじめ、機器に組み込まれる。これまでは、対象とする機器の情報を監視するだけで、実際のメンテナンスは機器のある場所に技術者が行かなければならなかったが、このシステムは、技術者が出向かずにすむ、インターネット回線を通じた制御を可能にした。
 専用線との大きな違いは、電話回線を利用することによるセキュリティの確保や、操作に対しできるだけ早く反応できるよう通信速度の向上を図らなければならなかったこと。「定周期監視制御でやりとりするデータをいかに小さくするかに苦心した」という。

産学官共同の研究開発と中国市場への事業展開に期待

研究開発にも積極的で、北海道大学などと共同で「マルチエージェントシステム技術を用いた自律飛行船ロボットに関する研究」を進めている。動画や画像、音声を検索できる文化庁の文化デジタルライブラリ・伝統芸能情報館の制作に関わったほか、高年齢者雇用開発協会が厚生労働省から受託したミレニアム・プロジェクトの一つ「Webを活用した作業改善支援システム」の研究開発も、北海道工業大学や北海道工業試験場とともに手がけた。
 一方、大連に設立したソフトウェア開発の新会社「大連北光信息技術公司」は、本道のITベンチャー企業による中国の現地法人として初めてのケースで、海外業務発注と中国市場への事業展開が狙い。メーカーからの受託だけでなく、売り上げの半分は既に「中国国内から」といい、滑り出しは順調に推移している。「単に労働力の安さだけでなく、生産管理やネット技術など、中日双方の強みを知っているからこそ可能なビジネスもある。携帯電話や家電、組込みソフトの分野は魅力的」と呉社長。中国との共同開発は両国企業にとって様々な課題があり、失敗例も多い。そこで両国の慣習や言葉に詳しいブリッジSEを活用して成功するケースが増えている。同社はまさにブリッジSEそのものであり、今後の中国市場の可能性を考えるとき、同社のもつ力が果たす役割は大きい。

【TOP INTERVIEW】
制御系の分野で蓄積した技術を中国でのビジネスに活かしたい

in_ph

<<代表取締役 呉 敦さん>>
 北海道大学などと研究開発を進める自律飛行船ロボットの研究は、当社が目的とする自動化制御システムの開発と切り離すことはできません。障害物を避けながら3次元空間を移動できるよう制御する点で、従来のロボット工学の分野とは異なる特徴を持ちます。飛行船自体は、ドームのような施設でスポーツ中継に活用されたり、広告媒体としてイベントに使われるなど、現在もビジネスになっていますが、動きを自動化することで、複数の飛行船を同時に使えるようになるうえ、飛行船同士が追いかけ合うような動きも可能になります。ドーム以外では、発電所など人の入れない場所で飛ばし、中の状況を知るといったこともできるので、応用の幅は一段と広がるでしょう。こうして蓄積した技術を、今後の中国でのビジネスに生かし、北海道の活性化につなげることができればと思っています。

企業データ
会社概要

設立/平成10年(1998年)4月
代表者/代表取締役 呉 敦
資本金/3,000万円
従業員数/20人(平成15年11月現在)

事業内容

受託ソフトウェアの設計開発・保守サービス、情報システムに関するコンサルティング、イントラネット構築、WEBコンテンツ制作、ソフトパッケージ企画・開発・販売、ソフトウェア技術者の教育および派遣、小型風力発電システムの企画・販売

(『札幌の技術2004年情報・バイオ編』掲載)