ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社遠藤木型(2010年12月取材)

代表取締役 遠藤貞幸 氏

〒063-0835
札幌市西区発寒15条12丁目2-3
TEL(011)661-2571 FAX(011)661-2589
URL http://www.endokigata.com/(新しいウィンドウが開きます)

社屋

周りが良くなれば自分も良くなる

株式会社遠藤木型は、昭和23年に先代(父親)が当時勤めていた木型関係の会社から独立をして、開業することになった。数年後、主な取引先である札幌高級鋳物(株)の移転にあわせて現在の発寒に移転をしてきた。そのころ周りから、移転し土地や工場を立てたので同社の経営がきびしいのではないかと噂が流れたが、札幌高級鋳物(株)からの発注は、今まで以上に受けることができた。

の後、先代が体調を崩したのをきっかけに、現社長が経営面に係ることになった。それまで経営面をあまり見ていなく、順調な経営だと思っていたが、実際に携わってみると会社自体の経営状況がはっきりと理解でき、厳しい状況だということも把握した。同社の社長が一番大事にしている理念は、「周りが良くなれば自分も良くなる」である。これをモットーに取引先を大事にしながら経営を行うと様々な分野の企業より信頼を受け、厳しい経営状況から新分野の受注に繋がり建て直しをはかることにもつながった。

現在では、木型だけではなく木製の看板、発泡型、アクリル製品などさまざまな型を製作している。

国内最大級同時5軸NC導入

同社は、事業拡大をするにあたり若い従業員の採用を積極的に行った。そこで従業員に合わせてコンピューターを使用しての木型製作を取り入れ始めた。今までは手作業での木型製作が通常だったが、コンピューターを利用しての木型製作に移行することで24時間体制での製作が可能となり、作業効率が向上し更に業績も改善された。

常に、得意先から同社にとって有益な情報を収集している中で、ある方からFRP用木型の一つとして「道内で今まで手を出していなかった浴槽の発泡型を作ってみてはどうだ?」と提案があり、いろいろ検討した結果、国内でも数少ない大型同時五軸制御NC(※)を導入して、卵型浴槽などの発泡型の製作に見事成功したのである。そればかりではなく、同機の導入により、今までは難しかった大型発泡型、ユニットバス等の型、建築装飾、オブジェ、看板等の製作も可能となった。結果的に機械の導入が同社のPRとなり、事業の拡大にもつながっていった。

そのようなことで本州企業からの問い合わせもきているが、設計や製造に際して細かな打合せを数多く行うことが必要な為、迅速に対応が可能な道内企業との取引がメインとなっている。

※大型同時五軸制御NC:XYZ軸に加え付加2軸を同時制御でき数値によってコントロールされる大型の工作機械

5軸NC

▲大型同時5軸制御 NC

ヌリプラ倶楽部・そして今後にむけて、、、、

現在同社の注目部門として「ヌリプラ倶楽部」がある。閑散期で仕事が少ない時、自分達で仕事を作ろうという思いから生まれたのが、「ヌリプラ倶楽部」である。そこで、メインのキャラクターに選んだのが「ハローキティ」。流行に左右されず幅広い年代から慕われている「ハローキティ」は取り扱うのにはライセンスが必要である。このライセンスをとるのに様々なハードルがあったが、これも取引先の方の力添えもあり約1年かけて無事にライセンスを取得、製品化して自社ブランド第一弾としてネットショップで販売をスタートした。この商品は「ハローキティ」の立体塗り絵キットである。購入した方がキティの型に石膏を流し込んで、色をつけてデコレーションしたりと、自分のアイディアで作りあげるところが面白みである。このほかに、「カブトムシ」バージョンも販売しており、小さなお子様に好評である。

「せっかく作って売り出すのだからヒットして欲しい。せっかく作るのであれば売れるものを作りたい。」との遠藤社長の思いから、取引先からの依頼をそのまま受けるのではなく、一緒になって考え、提案していくのが同社のスタンスである。同社は、取引先からの相談に対して親身になってアドバイスをするような企業になることを目指している。色々な事にひとつひとつ丁寧に対応していくという姿勢を今後も貫きたい。また、最終的にはヌリプラ倶楽部で自社ブランドを持ち新千歳空港に直営店を出すことが目標である。その目標に向って同社は日々まい進している。

グルメ鍋

▲ハローキティグルメ鍋              ▲ハローキティ塗りプラ

(2010年12月8日取材 )

企業データ
◆会社概要

創業/昭和23年(1948年) 4月

設立/昭和59年(1984年) 10月31日

代表者/代表取締役 遠藤 貞幸

資本金/2,000万円

従業員数/ 8名 (2010年12月現在)

◆沿革

2004年11月 中小企業経営革新支援法の認定

2005年5月  国内最大級同時5軸NC導入 同時に新工場設立

2007年3月  ものつくりを支える北海道の基盤技術企業100選に掲載

2007年6月  冬季オリンピック、リュージュのそりの製作グループに入る

2007年11月 中小企業総合展2007in Tokyoに出展

2008年4月  サンリオ社とキャラクターライセンス契約

2008年10月 ヌリプラ倶楽部を開発部門として発足

2008年10月 ヌリプラ倶楽部の第1号作品「大人の立体塗り絵 ハローキティ塗りプラ」をヤフーショッピングより発売

2009年2月  「ハローキティ塗りプラ」札幌雪祭りに出展

2009年10月 ヌリプラ倶楽部で「ハローキティグルメ鍋」発売開始

2009年11月 地域力宣言2009ニッポン全国物産展イン サンシャインシティにグルメ鍋出展

◆取引先

札幌高級鋳物(株)

(有)R&M札幌

(株)木下合金

(有)千葉化工

(株)森川鉄工所

(有)アナビス

マルイ包装(株)

(有)上田木型技研

誠和印刷(株)

(株)グリーンメイクハラダ