ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

及川鉄工株式会社(平成28年7月取材)

代表取締役 堤 清丈 氏

札幌市白石区川下641番地
TEL: 011-874-0973
URL http://www.oikawatekko.com/(新しいウィンドウが開きます)

及川鉄工株式会社の社屋

創業 ~デッキを敷く。それが「ボクラノシゴト」。~

 及川鉄工株式会社は、デッキプレート(構造・型枠用鋼製床板)工事を専門とする施工会社である。設立は昭和37年。当初は建築金物や鉄骨製作を中心とした仕事を行っていたが、ボクラノシゴト192X2722代目社長に代わった時、デッキプレート工事に力を入れるようになった。サラリーマン出身であった2代目は、当時の建設業界では珍しく健康保険や厚生年金といった社会保険をいち早く導入し、職人が安心して働ける環境づくりに取り組んできた。

 現在3代目社長に堤氏が就任してからは「自分たちの仕事をもっと知ってもらいたい」とホームページを立ち上げるなど、積極的に情報発信を行っている。同社はデッキプレートを敷く仕事を通して「建設業界の基準を築く」との想いを込め「STANDARD BUILDER(スタンダード ビルダー)」を企業意志(=企業理念)として掲げる。その企業意志を実現するための”社員の意志”として「Lay the Deckplate/我々は誰よりもデッキプレートを敷く」という言葉と共に、「どこよりも早く、綺麗に、品質のよい仕事」を強みに新たな取り組みに奮闘している。

仮囲いの中で働く職人たち

 「まずは発信していくことが一番」と話す堤社長は、自社ホームページを開設するほか、動画配信も行う。見えにくい職人の世界を映像にすることでイメージしやすくし、あまり知られていない建設業の様々な技術を知ってもらいたいと考えている。今年の10月には、初の高校生向け『職場体験実習』も行った。工場内でデッキプレートを敷く体験や、溶接作業、鉄を折り曲げるプレス等の職業体験などを通して建設業に興味を持ってもらい、新たな人材確保にも期待を寄せる。

 「職人は黙々と仕事を納めることは得意だが、伝えることは苦手」といい、社内活動にも力を入れる。現場で生じる問題点などを話し合う全体会議を行うほか、若手同士やベテラン同士の会議の場も設ける。そうした中で若手会議の標語を作ったり、新人マニュアルを作成したい、との声も挙がってくるという。月1回発行する社内新聞には社員全員の記事を必ず掲載する。「伝えることが必要」と試行錯誤しながら取り組んでいる。

ロゴマーク

ロゴマーク

若手会議モットー

若手会議モットー

見開き4ページの社内新聞

見開き4ページの社内新聞

 

今後 ~100年続く企業を目指して~

 建設業を大きく分けると、建物の計画をたてる「設計会社」、現場の工事を管理する「ゼネコン」、専門工事を請け負う「施工業者」があり、建物を建てるには各社の協力が欠かせない。しかし現場には、元請下請といった上下意識が少なからず残っているという。そこにパートナーという関係を築くことが大きな目標と堤社長は話す。

 そして今、「職人団」という新たな構想を練っている。職人の技術で街や町内会の悩みを解決し、地域と職人が直接つながりを持てるような活動ができないか模索している。考えに賛同してくれる人々や企業を集め、もっと建築業界を発信していきたいと様々な夢を膨らませている。
 

企業データ
■会社概要

・創業/昭和37年6月22日
・代表者/代表取締役社長 堤 清丈
・資本金/20,000千円
・従業員数/14名(平成28年11月現在)
・事業内容/デッキプレート工事、アンカーセット工事

■沿革

昭和37年 及川鉄工株式会社 設立(初代社長:及川 喜一)
     道内の橋梁高欄工事・建築金物工事を主として行う
昭和54年 受注をデッキ施工に切り替える
昭和60年 QLデッキを主流に施工量を拡大
平成元年 2代目社長:葉原 隆 就任
平成3年 船橋(千葉)営業所開設、宮澤鋼業(当時)の協力のもと東京進出
平成6年 バブル崩壊後、東京撤退
平成7年 道内におけるデッキ施工 年間20万㎡の達成
平成14年 会社設立40周年
平成24年 会社設立50周年、3代目社長:堤 清丈 就任
平成27年 工事受注300,000㎡を突破

■施工実績

平成3年 新宿パークハイアット、中目黒防衛相、東京国際フォーラム等多数の大型物件を受注
平成10年 小樽ベイシティ(現ウイングベイ小樽)ビブレ棟施工 100,000㎡
平成12年 北見サティ 40,000㎡、千歳イトーヨーカドー 28,000㎡、旭川東郵便局 44,000㎡
平成13年 JRタワー 約70,000㎡、大丸札幌店 43,000㎡、セイコーエプソン千歳 58,000㎡
平成15年 イオン東苗穂 61,000㎡、ジョイフルエーケー大曲 22,000㎡
平成16年 イオン旭川SC 26,500㎡
平成17年 日生ビル 78,000㎡
平成18年 室蘭PCB 20,000㎡
平成19年 ベガスベガス大曲 17,500㎡
平成20年 東札幌CS(現イーアス札幌) 52,000㎡
平成21年 新千歳空港国際線 21,000㎡
平成23年 札幌北ビル 21,000㎡
平成24年 ニトリ新琴似 18,300㎡、日赤血液センター 13,500㎡
平成25年 ホーマック厚別 22,000㎡、札幌三井ビル 51,000㎡、イオン天童(山形県) 51,000㎡
平成26年 イオン旭川駅前 54,000㎡、コープ東北物流センター 29,000㎡
平成27年 禎心会病院 22,000㎡、斗南病院 19,000㎡
平成28年~ 創世1.1.1区 85,000㎡、帯広厚生病院 約60,000㎡、イオン小名浜など

■動画/image movie

「ボクラノヒビ」(pop ver.)(rock ver.)
http://www.oikawatekko.com/bokuranohibi.html/bokuranohibi.html