ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社アツマル水産(平成30年6月取材)

代表取締役 道又 和寿 氏

〒062-0005
札幌市豊平区美園5条4丁目1-17 RECビル3F
TEL:011-831-8892
URL http://www.atumaru.me/index.html(新しいウィンドウが開きます)

「カラメル雑菓店」
営業時間:11:00~19:00/不定休
(札幌市北区北24条西4丁目2-2 グリーン会館1階)

創業 ~アイディアから生まれた新事業~

 平成24年設立の「株式会社アツマル水産」は、漁業者と共同で水産品の生産から加工・販売までを手掛ける他、卸や水産物のインターネット販売を行っている会社である。

季節ごとにあがる魚介類を
直送します。


 社長の道又氏は、創業前は住宅メーカーで働いていた。当時、新築の売上が落ちてきており、社内で新事業企画の募集があった。そこで実家が漁師という同僚とともに、漁業ネットワークを活かして魚場から新鮮な水産物をネット販売する案を提出したが、業界が違うということで採用されなかった。

 しかし可能性のあるビジネスプランであり、事業として成り立つアイディアだと思っていたため、自ら起業することを決意し事業をスタートさせた。事業を始めると、狙い通り取引が順調に増えていき売上も伸びていき、平成26年に札幌市産業振興センターのインキュベーション施設「スタートアップ・プロジェクトルーム(SPR)」に入居し、事務所を構えることにした。

北海道の食に付加価値を付けて・・

 同社には漁業を行うメンバーが在籍しているため、漁師と直接取引ができ、それが最大の強みになっている。一般的に水産物は、地元仲買人や漁業組合から卸業者や市場などを介して消費者の元へ届くため価格が高くなるが、同社は、自社の持つ漁業者とのネットワークを活用することで、新鮮な商品をよりリーズナブルに提供することができる。

 もっと新鮮な北海道の食材を食べてもらいたいと、野外イベントや催事にも出店している。さっぽろオータムフェストやさっぽろ雪まつりには毎年出展し、仙鳳趾産の焼き牡蠣や蒸し牡蠣などが好評だという。地方競馬場や百貨店等からの引合いもあり、各地のフードイベントに参加して北海道の旬な海の幸を提供している。

 また、数年前からはスイーツ部門を立ち上げ、「カラメル雑菓店」というショッピングサイトも開設した。同名の実店舗もオープンさせ、アイスクリームの販売を行うなど取り組みは多岐に渡っている。さらに「ひつじ焼き(仮称)」という暖かいスイーツをさっぽろ羊が丘展望台で限定販売する計画もある。とある交流会に参加し展望台のイベントに出店する機会を得たところ、札幌名物に暖かいスイーツがないと気づいたのである。そこでSPR入居時の同期であったデザイナー(北海道カラーデザイン研究室・外崎 由香 氏)と協同し商品を作ることにした。

【オータムフェスト】
仙鳳趾産の牡蠣が大人気。

【カラメル雑菓店】
写真映えする「おいりソフト」

【ひつじの焼き型】
近日お目見えします。

これからの展開について

 水産物からスタートした同社だが、道又社長の「思いついたらすぐやる」という行動力で、水産物の卸のみならず催事出店、水産加工、菓子製造など幅広い事業をスピーディーに展開してきた。今後は、同社の強みである漁業関係のネットワークを活かし、新鮮な旬の海産物を「本物の浜の味」という付加価値をつけて提供するため、本格的に居酒屋をはじめとした飲食店経営に乗り出す予定である。また、輸出にも取り組みたいと海外進出も視野に入れ、道産品の販路拡大に意欲を見せている。常に新しいニーズを掘り起こし、フットワークの軽さを活かして挑戦していく同社をこれからも注目していきたい。


「アツマル」とは漁師の屋号からいただきました。

企業データ
■会社概要

・設立/平成24年7月24日
・代表者/代表取締役社長 道又 和寿
・資本金/500万円
・従業員数/4名
・事業内容/水産物インターネット販売、卸、加工、菓子製造販売、全国催事、OEM

■インターネット事業

・楽天市場「アツマル水産」 https://www.rakuten.co.jp/atumaru/
・Yahoo!ショッピング「アツマル水産」 https://store.shopping.yahoo.co.jp/atumaru-suisan/
・Yahoo!ショッピング「カラメル雑菓店」 https://store.shopping.yahoo.co.jp/junk-sweets/

■沿革

平成24年07月 株式会社アツマル水産 創業
平成26年07月 札幌市産業振興センター「スタートアップ・プロジェクトルーム(SPR)」へ入居
平成28年10月 事務所を豊平区へ移転