ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

北海道システム・サイエンス株式会社(2008年5月取材)

代表取締役社長 水谷 幸雄 氏

hokkai_p
〒001-0932
札幌市北区新川西2条1丁目2-1
TEL(011)768-5901 FAX(011)768-5952
URL http://www.hssnet.co.jp/(新しいウィンドウが開きます)
チップ自動整列機

チップ自動整列機

研究機関のパートナーとして
現場ニーズに密着した製品・サービスを提供

シーケンサー室

シーケンサー室

1988年の設立以来、受託DNA合成や受託DNAシーケンス(※1)など受託サービスを中心に業績を伸ばしてきた。
現在、つくば・神戸・福岡にリサーチセンターを置き、全国の大学や製薬メーカー、研究機関などに多様な製品・サービスを提供している。徹底してユーザサ イドに立ったきめ細かいサービスを追求し、少ロットでも申し込めるインターネット発注システムは全国の研究機関に利用されている。
その一方、研究室で使われる備品や小物などのアイテムも自社開発している。現場スタッフの困りごとに応える「お役立ちグッズ」的な製品が多く、カラフルで遊び心のあるアイテムが人気を呼んでいる。
今回札幌市ものづくり産業活性化支援事業に採択された「チップ自動整列機」も、現場の切実な要望から生まれた。理化学実験に使われるピペットの先端に取 り付けるチップと呼ばれる管を、96穴のプレートに自動的に装着する機械である。チップの自動整列に特化した製品として他に類を見ず、価格も80万円前後 と安価に抑えている。ユーザニーズは非常に高いが、大手メーカーが参入しにくいニッチな分野でもあり、国内の大学や研究機関からの需要が見込まれる。

受託サービスから提案型研究支援へ

hokkai_sub01設立20周年を迎え、新たな展開にも取 り組んでいる。その一つがDDS(※2)の分野である。同社が提供するリポソーム(遺伝子導入試薬)はわが国のDDS研究に大きく貢献しており、特許も取 得している。DDSはガン治療、遺伝子治療、エイズ治療などへの応用に効果的と考えられ、欧米でも盛んに研究開発が進められている分野だ。
同社ではリポソーム事業部を立ち上げると同時に、海外におけるリポソームビジネスのスペシャリストを新たに採用、海外への販路拡大に本格的に着手した。
また大規模な設備投資を行い、海外製の次世代シーケンサーを導入。数億単位の遺伝子を短時間で解析することができる最新鋭機であり、大学や研究機関での 研究の一部を担うことも可能になる。受託サービスから提案型研究支援事業へとビジネスの幅を広げるのが目的だ。社長の水谷幸雄氏は「材料の提供から研究活 動支援まで総合的に手がけることで、当社の付加価値をさらに高めていきたい」と期待をかけている。

※1 DNAシーケンス:DNAの塩基配列の解析
※2 DDS:Drug Delivery System(ドラッグ・デリバリー・システム)
薬剤を患部に届けるための運搬システム。薬を微細なカプセルや粒子に入れ、体内の必要な部位に必要な量だけを送り届けることができる。

企業データ
会社概要

設立/昭和63年(1988年)9月
代表者/代表取締役社長 水谷 幸雄
資本金/3,000万円
売上高/13億円(平成20年3月期)
従業員数/74名(平成20年3月現在)

沿革

昭和63年 HSS設立
平成2年 受託DNA合成業務開始
平成9年 つくばリサーチセンター開設
平成14年 神戸リサーチセンター開設
平成15年 福岡リサーチセンター開設
平成17年 札幌本社DNA/RNA合成GMP準拠施設開設

取引先

北海道大学はじめ全国主要大学
製薬メーカー、創薬ベンチャー など

開発実績・製品

・LipoTrustシリーズ(遺伝子/核酸導入試薬)
・LaboPass Productsシリーズ(精製キット、Taqポリメラーゼ)
・各種プライマー その他

事業内容

受託DNA合成、受託DNAシーケンス、受託ペプチド合成、受託ポリクローナル抗体作製、受託DNAマイクロアレイ作製、遺伝子・蛋白質・生化学関連の研究支援事業

(2008年5月取材)