ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社アイワード(2007年7月取材)

代表取締役 木野口 功 氏

ai_p
〒060-0033
札幌市中央区北3条東5丁目5番地91
TEL(011)241-9341 FAX(011)207-6178
URL http://www.iword.co.jp/(新しいウィンドウが開きます)
刷版、印刷、製本、発送・出荷までをてがける石狩工場(枚葉印刷機室)

刷版、印刷、製本、発送・出荷までをてがける石狩工場 (枚葉印刷機室)

高付加価値・高品質へのこだわりが情報価値創造産業を育む

日本初のハイデルベルグ社B全判7色印刷機(水性ニスコーター付)

日本初のハイデルベルグ社B全判7色印刷機(水性ニスコーター付)

創業以来、本づくり を柱に事業展開してきた株式会社アイワードは、昭和55年(1980年)にはコンピューター化に着手し、5年後に独自の文字情報処理システムを完成させ た。読みやすく美しい文字組版が特徴で、写研・Macintosh・Windowsによる編集体制により、月産3万ページを組み上げることができる。さら に、本づくりの過程に汎用データベースの構築を取り入れることで、印刷物だけでなくCD-ROMやDVDなど多目的に利用できるようにし、調査活動やデー タ更新の管理も簡便で正確なものとなった。組版工程では自動で一括処理をおこなうことで、便覧や事典、法令集などの専門的分野の出版物制作に威力を発揮し ている。この自動組版システムは、写真などの画像データベースも扱えるので、カタログやチラシの制作などにも応用されている。
その一方、同社が経営上重視していることは、社員の自主性を活かしてトータルパワーを高めること、顧客との良い関係を築くパブリックリレーション (PR)、非価格競争力の3点である。高付加価値、高品質の製品づくりに特化し、従来の印刷業の技術を大切にしながら、情報価値創造産業への業態変革に取 り組んでいる。

高精細印刷技術でカラー表現を広げる

高精細カラー技術を駆使した出版物

高精細カラー技術を駆使した出版物

印刷では、全く新しい国内随一の技術に よって、博物館・美術館の図録や写真集・カレンダー・ポスターなどで今までにない表現を可能とした。この技術は高精細7色プロセスカラー「スーパーファイ ンカラー」とよばれ、従来のCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)の4色では再現できなかった色彩を、光の三原色であるRGB(レッド・グ リーン・ブルー)を加えた7色で表現する技術で、色域の広いAdobe RGBデータによる色情報によって、より自然でオリジナルに忠実な表現ができる。このスーパーファインカラーで制作した「一竹辻が花2007カレンダー」 はアジアン・プリント・アワード銀賞と国際カレンダー展銅賞をダブル受賞した。このほかにも、同社は、新開発のインキを使い安定性の高い高色域4色プロセ スカラー「ワイドカラー」や、光沢のある深みが特徴の広演色4色プロセスカラー「カレイド」を高精細印刷技術ラインナップに加えた。
また、今年5月にドイツのハイデルベルグ社のB全判7色印刷機を国内1号機として導入するなどさらに高品質化を目指している。木野口功代表取締役は、 「高精度印刷技術による表現は訴求力があるので、たとえば北海道のスイーツや景観を扱えばブランド力を高めることが可能」と期待を寄せる。

企業データ
会社概要

創業/昭和40年(1965年)9月
代表者/代表取締役 木野口 功
資本金/6,718万5千円
売上高/49億1千万円(平成18年12月期)
従業員数/269名

沿革

昭和40年 北海道共同軽印刷として創業
昭和41年 株式会社として発足
昭和60年 文字情報処理システムを発表
平成5年 株式会社アイワードに社名変更
平成10年 石狩工場竣功
平成17年 高精細7色印刷の技術を確立

取引先

北海道
札幌市
北海道大学
北海道教育大学
北海道新聞社
(株)東京商工リサーチ
(株)医学書院
(株)宣伝会議

主要設備

組版編集機 102台
CTPシステム 4台
枚葉印刷機(B全判7色、A全判8色〜)ハイデルベルグ社製 11台
オフセット輪転印刷機 三菱製 2台
製本機(無線綴じ、中綴じ他)

事業内容

・ 企画メディア事業
・ 情報処理・システム開発事業
・ 印刷事業

(2007年7月取材)