ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社イー・カムトゥルー(『札幌の技術2004年情報・バイオ編』掲載)

代表取締役社長 上田 正巳 氏

〒060-0051
札幌市中央区南1条東1丁目3 パークイースト札幌ビル2F
TEL(011)271-4761 FAX(011)271-4762
URL http://www.e-cometrue.com(新しいウィンドウが開きます)
代表取締役社長 上田 正巳さん

代表取締役社長 上田 正巳さん








Linux+Javaのプラットフォームを核に
 中小企業・ベンチャーのIT化を支援するASPを展開

グループウェアを超えたナレッジマネジメントツール

01 イー・カムトゥルーが提供する「Win-Board(ウィン・ボード)」は、単なるグループウェアの領域を超えたナレッジマネジメントツールとして、40 社以上のユーザーに対しASPサービスを展開している。基本要素は、ユーザーサイドの端末にアプリケーションソフトを常駐させず、ブラウザのみで入力・更新・閲覧ができること。そして通信回線にインターネットを利用することである。業務日報・売上報告、社員・従業員管理、稟議申請など多彩なコンテンツを揃え、POSと連動した実績管理や帳票出力なども可能。サーバのOSにはLinux、データベースにはPostgresSQL、Webサーバには Apacheを採用し、オープンソースソフトウェア(OSS)を利用することで開発コストを大幅に削減している。
Win-Boardのもうひとつの魅力は、業務内容やニーズに応じて必要なコンテンツを自在に組み合わせることができ、導入後の追加・拡張も容易なことである。Win-Boardのアプリケーション開発にはJavaを採用している。そもそもJavaはオブジェクト指向の開発言語で拡張性・互換性に優れているのが特長だが、さらに同社ではエンジニアたちが「Win-Boardコア」と呼ぶフレーム化を独自に実施。すべてのアプリケーションがWin- Boardのコンテンツを前提として開発されている。追加・拡張の際も新たなシステム開発や既存システムとの連携が容易なため、ユーザーからのリピートオーダーが少なくないという。
2004年1月、同社はWin-Boardのパッケージメニューを発売した。スケジュールやファイルBOX、通達・連絡などのベーシックなコンテンツをノンカスタマイズで提供し、さらに初期導入費を大幅にプライスダウン。上田氏は「まずはASPでアプリケーションを使うことの便利さを体験してもらいたい」と語り、個人事業者から中小・ベンチャー企業経営者へ向けたPR戦略を展開していく。

草の根レベルでのIT支援を目指し起業、中小企業のデジタルデバイド解消に貢献

02 同社の設立は2000年、上田氏は道内の経済誌でライターを勤めるかたわら、タスコシステム、メディカルサポートなど最盛期には50社にのぼるベンチャー企業経営者が参加する異業種交流会を主催していた。そのなかで、たとえば業務システムを構築する際にオーバースペックなシステムを押しつけられるなど、過不足なくシステムを提案してくれる良いシステム会社がないことに多くの中小企業経営者が悩んでいることを知る。そこで50社のニーズを充足するためには、自分たち自身が「草の根レベルでITを提供する」ことだと、上田氏自身が起業することになった。同社が最初に取り組んだのが、外食産業のPOSシステムのソリューションだった。当時は、物販・流通に比べ外食産業のPOS利用は大きく遅れており、シームレスにデータを送り、自在に帳票作成するという管理が行われていなかった。そのPOS連動日次決算システムの開発のなかで、外食産業の業務知識・ノウハウを得ることができ、これが後のWin-Board誕生のきっかけともなったのである。
そもそも中小企業が使いやすいシステムを作ることが同社設立の目的であったことから、その開発コンセプトには、デジタルデバイドの解消や、コストパフォーマンスの良さが最初から意識されていたのである。

【TOP INTERVIEW】
Win-Boardを中核にASPの利点を活かしたビジネス展開を

in_ph<<代表取締役社長 上田 正巳さん>>
 中小企業・ベンチャー企業の情報化を草の根レベルで支援する-それが当社の最も重要なミッションです。開発コストを極力抑える、ユーザーの端末にアプリケーションを置かないなどの課題を自らに与えているのも、そうした姿勢の表われです。すべてをASPで実現するのは技術的に難しい面もありますが、エンジニアたちの苦労や工夫が他には真似できないノウハウとなって蓄積されています。現在は、生産・物流・販売・財務などの基幹業務を統合できるビジネスアプリケーションもラインナップに加わり、単なる情報共有ツールだけでなくERP(基幹情報システム)としても活用できるようになっています。今後は、優れたアプリケーションを持っている企業やインフラ整備を担う企業などとアライアンスを組み、Win-Boardシリーズの拡充と普及に力を入れていきたいと考えています。

企業データ
会社概要

設立/平成12年(2000年)5月
代表者/代表取締役社長 上田 正巳
資本金/8,505万円
売上高/2億2,000万円(平成14年12月期)
従業員数/17名(平成15年10月現在)

事業内容

ナレッジマネジメントツール「Win-Board」のASPサービス、アプリケーション・システム開発、企業のIT導入コンサルティングおよびシステムインテグレート

(『札幌の技術2004年情報・バイオ編』掲載)