ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社メディアマジック(『札幌の技術2004年情報・バイオ編』掲載)

代表取締役 里見 英樹 氏

〒060-0003
札幌市中央区北3条西18丁目2番地10 MMAビル
TEL(011)621-2500 FAX(011)621-2511
URL http://www.mediamagic.co.jp(新しいウィンドウが開きます)
代表取締役 里見 英樹さん

代表取締役 里見 英樹さん








会員3万人の人気キャラサイトを運営
蓄積したノウハウを基にモバイルビジネスに将来をかける

アニメファンの心をつかむ i モードサイトの運営

ph

 メディアマジックは、札幌のIT系企業でコンテンツ企画などに携わった里見英樹社長が1996年に独立して設立した。当初はパソコン向けのCD-ROMコンテンツ製作を手がけていたが、パソコンソフト市場がバンドリング(抱き合わせ販売)などで低迷する中、受託制作した「ショックプライス500」シリーズの麻雀ゲームがヒット。現在は、高級感のあるユーザーインタフェースや操作性の向上など、質を重視した「ショックプライスアドバンス」を手がけている。囲碁、将棋などの定番ゲームが中心のシリーズで、リリース時期に余裕を持たせる工夫で開発コストを抑え、業務の主力に育った携帯電話のiモードサイト運営などと合わせ、業務の平準化を実現。OSやハードウェアなど、プラットフォームに合わせた技術の蓄積も可能になったという。
 主力のiモードサイトは、95年のテレビ放映以来、根強いファンを持つアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」などを制作するガイナックスの人気キャラクターを使った「アニメiガイナックス」。待ち受け画面や着信メロディ、iアプリを配信する。北海道の企業が手がけるNTTドコモの全国メニューの公式サイトとしては3番目。待ち受け画面は毎週3枚追加、アプリは毎月1本追加という飽きのこないサイト作りで会員は3万数千人に上る。
 ガイナックスとは、ゲームやパソコン用のデスクトップアクセサリー制作で付き合いがあったといい、ゲーム市場に陰りが見えた2年ほど前、新たな方向を模索する中で、キャラクター自体の魅力に加え、ブームが去った後も熱心なファンが多いエヴァンゲリオンに着目。「iモードでキャラクターが使えないだろうか」と持ちかけ、ガイナックスのキャラクターすべてを使える契約にこぎつけた。

携帯サイト構築のノウハウを蓄積、コンサルティング業務にも着手

 エヴァンゲリオン人気もあってサイトの利用は好調だが、立ち上げまでにはメーカーや機種ごとにくせがあり、対応に苦心した。例えば、iアプリはプログラムを微妙に変えなければ全機種対応にできず、待ち受け画面は液晶サイズが少しずつ違うため、最低でも一画面に対してサイズの異なる20枚の画像を用意する必要があった。動作確認のため、全機種を導入してチェックを繰り返しているという。
 iモードサイトへの挑戦は、企画段階だけで半年にわたってNTTドコモとやりとりを続け、サイト立ち上げにこぎ着けた経験を通じ、分かりやすい企画書作りなど、技術以外の面でメディアマジックのパワーアップに大きく貢献。携帯電話の小さな画面に臨場感ある表現を実現した日本テレビの「モバイル版アメリカ横断ウルトラクイズ」のサイト構築や北海道の画像情報提供サイト「Fine Do」受注にも大きな力となった。
 今後は、iモードサイトをゼロから構築したノウハウを武器に、人気キャラクターはあるが、携帯電話用サイトを持たない企業を対象にした、コンサルティングなども手がけたい考え。NTTドコモへの企画提案や現実にサイトを運営している実績に基づくコンサルティングを目指す。また、里見社長は「モバイルビジネスは中長期的にも可能性がある」と話し、新たな展開も模索している。

【TOP INTERVIEW】
携帯電話にかかわるビジネスモデル確立が目標

in_ph

<<代表取締役 里見 英樹さん>>
 携帯電話の有料サイトの維持には、動作チェックひとつにも70台におよぶ機種を導入しなければならず、ハウジング・回線費用も含めて最低でも月に100万円のランニングコストがかかるため、新規参入者にとっては意外にハードルが高い事業です。これまでのサイト運営でのノウハウの蓄積は大きなアドバンテージになっており、すでにいくつかの会社からも新規サイト立ち上げの相談を受けています。直接当社のビジネスにはつながらない相談であっても、北海道でのモバイルコンテンツビジネス活性化のため積極的にノウハウを提供しています。将来的には個々のライフスタイルに合わせた、特定のジャンルに特化したサイトが増えるのではないかと予測しています。当社はソフトウェア開発からシステム構築まで、ハード・ソフトの両方に長じている強みもあり、特化した情報を加工・配信するビジネスモデルの確立を目指したいと考えています。

企業データ
会社概要

設立/平成8年(1996年)11月
代表者/代表取締役 里見 英樹
資本金/2,630万円
売上高/1億400万円(平成14年)
従業員数/14名

事業内容

 ■携帯電話向けWebサイト・有料サイト(待受け画面・着信メロディ・ゲーム他)の企画・開発・運営およびコンサルティング業務
 ■WebSite(ホームページ&サーバ構築)開発
 ■Windowsアプリケーション開発・Windowsゲーム開発・ゲーム思考ルーチン開発・OEM提供(囲碁、麻雀、将棋、チェス、オセロ等)

(『札幌の技術2004年情報・バイオ編』掲載)