ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社北海道ケンソ(『札幌の技術2006年ものづくり編』掲載)

代表取締役社長 岡本代司江 氏

〒007-0826
札幌市東区東雁来6条2丁目7-15
TEL(011)782-1601 FAX(011)781-3644
URL http://www.miru.ne.jp/kenso/(新しいウィンドウが開きます)
代表取締役社長 岡本代司江 氏

代表取締役社長 岡本代司江 氏





体に必要な栄養成分をたっぷり含んだ昆布に着眼し
「根昆布だし」「根昆布醤油」「こんぶ酢」を開発

昆布を丸ごと使った「根昆布だし」を開発

2006_m04_2

 北海道には新鮮でおいしく、美容や健康にも良い食材が多々ある。その中で株式会社北海道ケンソが着目したのが「昆布」である。
 創業から数年は、昆布エキスにリンゴ果汁などを加えたジュースを製造。飲みやすく栄養価にも優れていることなどから、埼玉県の学校給食にも採用された実績を持つ。そこで事業基盤を固めた後、以前から研究を重ねてきた“昆布を丸ごと使い切る商品”の開発に本腰を入れ、昭和60年(1985年)に「根昆布だし」を完成させた。昆布エキスを主原料とするだし汁は他でも作られていたが、昆布を丸ごと使った商品はこれが初めて。カルシウム、ビタミン、ミネラル、アミノ酸といった栄養成分が豊富に含まれる昆布。そのすべてを詰め込んだ「根昆布だし」は徐々に知れ渡り、今なお同社の主力商品となっている。自然の旨みを追求し保存料、着色料、香料を一切使用していない点も人気の要因だ。

素材や製法に深くこだわり健康志向にこたえる商品をラインナップ

2006_m04_3

 「根昆布だし」で使用しているのは濃厚なコクと旨みをもつ日高産昆布の根元の部分。肉厚な分だけ栄養分も多い。その部分を細かく裁断してひと晩寝かせた後、同社オリジナルの製造機械で熱を加えて溶かし、気泡を抜くなどいくつかの工程を経て完成する。ビンの中で食物繊維などの成分が分離しないように仕上げているところにも、同社のたゆまぬ研究の成果が表れている。
 現在はこの「根昆布だし」のほか、「根昆布醤油」と「こんぶ酢」の製造販売を行っている。「根昆布醤油」は生醤油に日高産根昆布エキスを加えたもので、まろやかな昆布の風味が決め手。塩分10%と薄塩仕立てで体にやさしいのも特徴だ。また「こんぶ酢」は、アルカリ性のリンゴ酢と根昆布エキスに、健康に良い食材として注目されているアマチャヅルや蝦夷ウコギエキス、さらに味覚の面からハチミツやリンゴ果汁などを加えた同社の自信作である。

【TOP INTERVIEW】
利用者の皆様の貴重なご意見と期待を背にこれからも品質本位に努めてまいります

<<代表取締役社 長岡本代司江さん>>
 いま、健康には多くの関心の目が向けられています。そうした社会背景も追い風となり、おかげさまでどの商品も発売以来、徐々に人気を広げています。たとえば「こんぶ酢」は、健康に良いことに加え、飲み物に、酢の物に、またすし酢や料理の隠し味にと、用途も多彩です。その使い道を利用者の方々から提案していただくことも多く、当社としては本当にうれしい限りです。そうした方々の期待を裏切らないためにも、これからも品質本位の商品づくりに努めていきたいと思います。余談ですが「こんぶ酢」の用途として、焼酎に割って飲むというのもお勧めです。ぜひお試しください。

【TOPICS】人・もの・技術
「根昆布だし」はテレビ、雑誌などマスコミも注目

2006_m04_4

 テレビや雑誌、さらにエッセイなどの書物でもたびたび紹介されている。ある番組の調査では「デパートのだし部門」で一番の評価を得たことも。こうしたマスコミ報道や、それに伴う口コミも売り上げを伸ばす大きな要因になっている。北海道産の新鮮な素材を使った健康食品であること、用途が広いこと、そしておいしいこと。こうした長所が目の肥えた消費者のニーズをしっかりとつかんでいるのだ。
 また、同社の商品は地産地消や地域活性化といった視点からも注目されており、「根昆布だし」は平成16年(2004年)と平成17年(2005年)、「根昆布醤油」と「こんぶ酢」は平成17年、札幌商工会議所の「北のブランド」に認証された。今後はHACCPの取得も視野に、さらに質の高い商品づくりを展開していく考えだ。

企業データ
会社概要

■設立/昭和54年(1979年)7月
■代表者/代表取締役社長 岡本代司江
■資本金/1,000万円
■売上高/1億7,000万円(平成17年3月期)
■従業員数/10名(平成17年12月1日現在)
〈沿革〉
□昭和54年7月/札幌市東区北43条東15丁目に設立。昆布ジュースを開発
□昭和60年7月/長年研究・開発を続けてきた「根昆布だし」が完成し発売を開始
□昭和61年8月/「こんぶ酢」を発売
□平成10年10月/「根昆布醤油」を発売
□平成17年1月/現在地に事務所を併設した自社工場を新設・移転

事業内容

・根昆布だし・根昆布醤油の製造販売
・昆布酢の製造販売
・昆布エキスの製造
・かん・びん詰製造業

(『札幌の技術2006年ものづくり編』掲載)