ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社出崎機械製作所(『札幌の技術2007年ものづくり編』掲載)

代表取締役 出崎 友朗 氏

〒007-0803
札幌市東区東苗穂3条3丁目2番57号
TEL(011)782-9804 FAX(011)782-9893
【札幌機械センター協同組合】
URL (新しいウィンドウが開きます)
代表取締役 出崎 友朗さん

代表取締役 出崎 友朗さん








大型部品の加工で道内オンリーワンの技術
効率的な最新技術と熟練の伝統技術が連携

マシニングセンタを製造するマザーマシンを保有

 株式会社出崎機械製作所は、全国でも数少ない、工作機械、輪転機などの大型部品を加工する企業だ。同社は、多機能で高精度な切削加工機械であるマシニングセンタを製造するマザーマシンを保有し、マシニングセンタの主要な構成要素であるベッド、コラム、テーブル等の大型部品の加工技術が高く、三井精機工業(株)に納品している。また、(株)ゴスグラフィックシステムズジャパンの新聞印刷用輪転機のレールフレーム等の加工もおこなう。この両者をあわせると売上の約半分を占める。ほかに今年からステンレス加工の技術で廃棄物保存容器の部品製造をてがけている。現在、工作機械メーカー全体は1兆円産業といわれ、多忙をきわめるが、堅実な事業展開で利益率をあげている。

2007_m08_2      2007_m08_3
▲東苗穂工業団地に建つ本社工場   ▲マシニングセンタのベッド、コラム、
                           テーブルなど大型部品を製作    

多様な素材と加工手法で部品加工

 同社は、長さ2~4mの大型部品を削る技術にかけては道内トップクラスといえる。さらに、鋳物のほか、鋳鋼、ステンレス鋼など多様な素材の加工技術をもっている。また、マシニング加工だけでなく旋削から円筒研削仕上げまでの軸加工もできる。そのため、同じ東苗穂工業団地内で旋盤をおこなう企業から5軸加工の高度なものが同社にもちこまれることも多い。技術を売る企業なので、レベルの高い仕事をするために、最新設備や最新技術と伝統的な職人の技術の両方を大事にしている。
 一方、主力の大型加工機械については更新時期を迎えているが、15~20年前の機械は馬力があり重厚でしっかりしている上、使い勝手が良く、さらに新規購入の3分の1の費用で済むという効果もあるため、NC装置と駆動部品を交換するなど順次オーバーホールしていく予定だ。

2007_m08_4        2007_m08_5
▲五面加工機にてSUSフランジを加工   ▲ステンレス加工も得意とする

【TOP INTERVIEW】
ものづくりを支える昔ながらの技術も継承したい

<<代表取締役 出崎 友朗さん>>
 私は、小さい頃から父がこの会社を経営しているのを見て、ごく自然にものづくりの世界に入りました。最近は若い人でも、ものづくりに興味を持っている人は多いですね。当社にも札幌高等技術専門学院を卒業して入社し即戦力として活躍している若手が多くいますが、社内では、作業の段取りや道具の選定、コンピュータに頼らない手作業などベテランの技量に学ぶことは多いです。ベテランは、市販の道具を使うだけでなく道具を自作することができ、突発的な状況にも困りません。最先端の技術と昔ながらの技術の使い分けが大事ですから、熟練した技術を社内で継承しています。60歳の定年を過ぎて継続勤務している人は、一区切りついたためか子どもや孫と接するかのようにやさしく教えています。

【TOPICS】わが社のイチオシ
大きな部品の精密加工や2.5軸での形状加工ができます

横中ぐり盤にて工作機械部品を加工

横中ぐり盤にて工作機械部品を加工

 同社の技術領域は、ボルト、ナット類の小さな部品から、重量5tサイズにして1.5m×2m×4mの大きな部品までに及んでいる。鋳物、ステンレス、アルミ等の各種素材の加工のノウハウを持ち、加工方法も多様な技術を保有しているため、機械メーカーから頼りにされることが多く、この分野では道内随一といえる。昭和58年(1983)にNC制御の横中ぐり盤を導入したのを皮切りにNC制御の大型機械設備6台を揃えたことが、こうした加工技術を可能にしている。大型部品の2.5軸での難しい形状加工も同社の充実した設備と熟練の技術でこなす。こうした技術を見込んで本州メーカーから取引の打診も多いが、現在の取引先の仕事でフル稼働しているため新規の受注には慎重だ。その一方、単品物の受注はベテランの技術を活かすことになるので若手への技術の継承にも役立てている。

企業データ
会社概要

■創業/昭和33年(1958)06月
■設立/昭和42年(1967)
■代表者/代表取締役 出崎 友朗
■資本金/1,000万円
■売上高/1億8千万円(18年2月期)
■従業員数/18名

沿革

□昭和33年06月 北海道古平郡古平町にて鉄工所をはじめる
□昭和37年07月 札幌市白石区菊水に工場を移設
□昭和50年08月 札幌市東苗穂工業団地に工場を新設
□昭和58年03月 NC装置付き横中ぐり盤を導入
□昭和60年11月 札幌市優良工場として札幌市長賞を受ける
□昭和58年以降 大型マシニングセンタ、NC横中ぐり盤5台を導入

主な取引先

三井精機工業(株)
(株)ゴス・グラフィックシステムズジャパン ほか

主要設備

□五面加工機 東芝機械(株) MPE2140 門幅2100mm
□横型マシニングセンタ 三井精機(株) HS8A 1台
□HR7A 2台
□横中ぐり盤 東芝機械(株) 

  BP130-R22 1台
  BP13-R5   1台
事業内容

・鉄工製品部品加工

(『札幌の技術2007年ものづくり編』掲載)