ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社 サイクル・オブ・フィフス(『札幌の技術2007年情報・バイオ編』掲載)

代表取締役 澤田 周 氏

〒060-0807
札幌市北区北7条西4丁目8-3 北口ヨシヤビル4F 北号室
TEL/FAX (011)756-5060
URL http://www.cycleof5th.com(新しいウィンドウが開きます)
代表取締役 澤田 周さん

代表取締役 澤田 周さん








学生ベンチャーからソフトウェア開発企業へ
   音声分野とLAPPをきわめたビジネスを展開

音声処理ソフトウェアで知名度を上げWebアプリケーション開発で実績を積む

 事業の柱は音声処理分野のソフトウェア開発と、Web関連のアプリケーション開発である。音声処理分野では、独自に開発したアプリケーションをフリーウェア・シェアウェアで提供し、エンドユーザから高い評価を得ている。現在は、アナログシンセ風効果音生成ソフト、ネットラジオ・ポッドキャスト向け音声コンテンツ作成ソフトなどの開発を進めている。アプリケーション開発ではLAPP(Linux、Apache、PostgreSQL、PHP)を使った受託開発を中心に、HA(高可用性)が求められる分野でのデータベース構築でも堅牢かつ低コストなシステムを実現している。

2007_j06_2

2007_j06_3     2007_j06_5
▲須藤 健次取締役          ▲同社スタッフと      

精鋭の人材が支える開発力

PostgreSQL技術者認定試験Goldを取得

PostgreSQL技術者認定試験Goldを取得

 同社を支えるのが高い技術力をもった「人材力」である。北海道大学在学中に音声処理を研究し、Sound Engine開発者である須藤取締役をはじめ、平成16年(2004)からスタッフに加わった石田朗雄氏は道内におけるPostgreSQLの第一人者としてその名を知られている人物。現在は日本PostgreSQLユーザ会北海道支部支部長を務め、データベース構築に関する著作も執筆している。一方、代表取締役の澤田氏はPHPに関する高いスキルを有し、LAPPによるWebアプリケーションで高度な技術を発揮。インターネットショッピングモールの開設などWebアプリケーション開発で実績と信頼を重ねている。

【TOP INTERVIEW】
自分たちの使いたいものを作る その精神を事業にも活かしたい

<<代表取締役 澤田 周さん>>
 Sound Engineの開発に着手したのは99年、当社の須藤取締役がまだ大学生の頃でした。音楽仲間とシンセサイザーを使って作曲し、パソコンで音楽CDを作ったりしていたのですが、当時はプロユースの高価なマスタリングソフトしかなく、それなら自分たちで作ろうと思い立ったのがそもそものきっかけです。当社は、その須藤と私が出会い在学中に起業しました。サウンド関連製品に関しては、できるだけ多くの人々が自由に使えるものを提供したいというコンセプトをもち続けています。また、オープンソース分野でも自分たちが使いたいと思う技術を創り出すことを基本に、自社開発の道を模索していきたいと考えています。

【TOPICS】わが社のイチオシ
フリーウェアの定番ソフトとなったSound Engine

2007_j06_6

 DTM(デスクトップミュージック)に欠かせないマスタリング作業を簡単におこなえるソフトウェアとして開発されたSound Engine。開発から7年以上経ってもなおダウンロード数は増え続け、いまだに音楽雑誌の特集に取り上げられるほどだ。プロユース並みの機能を達成しながら、初心者でも使いやすい簡易な操作性を備えているのが大きな特長。プロユースの場合、録音した曲の音量調節は手作業でおこなわれるのがほとんどだが、本ソフトでは全曲を一括で自動処理できるオートマキシマイズ機能が搭載されている。しかも、個々のパラメータも緻密に設定され、プロのミキシング・エンジニアから評価されるほどの性能を誇る。音楽の作成・編集をはじめ効果音の加工、ネットラジオの作成・録音、携帯電話の着うた作成・編集など、パーソナルユースに最適なフリーウェアとして多くのエンドユーザに親しまれている。

企業データ
会社概要

■設立/平成14年(2002)3月
■代表者/代表取締役 澤田 周
■資本金/10,080,386円
■売上高/2,800万円(平成17年度)
■従業員数/6名

沿革

□平成11年11月 Sound Engine Project開始
□平成11年12月 Beam2002開発開始
□平成12年06月 Sound Engineサポート・メーリングリスト開始
□平成13年01月 任意団体Cycle of 5th結成
□平成14年03月 合資会社サイクル・オブ・フィフス設立
□平成16年10月 株式会社サイクル・オブ・フィフス設立
□平成18年09月 Beam効果音検索・ウェブ効果音サービス開始

事業内容

・Windows/Macintosh向け波形処理アプリケーション開発・販売
・オープンソースソフトウェアを活用したインターネットサーバ構築・運用
・LAPPによるWebアプリケーション開発・運用

開発実績・製品

・Sound Engine(波形編集ソフト)
・Killer Noize(ノイズ除去ソフト)
・Beam2002(効果音生成ソフト)
・Renamin(簡易リネームソフト)
・Image Note(画像スクラップノートソフト)
・BE series(BWF-Jファイル編集ソフト)

(『札幌の技術2007年情報・バイオ編』掲載)