ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社ジャステックラボ(『札幌の技術2007年情報・バイオ編』掲載)

代表取締役 加野島 英渡 氏

〒006-0011
札幌市手稲区富丘1条4丁目7-5
TEL 050-3320-0074
URL http://www.justech-labo.co.jp(新しいウィンドウが開きます)
代表取締役 加野島 英渡さん

代表取締役 加野島 英渡さん











  日本の研究試作開発をリードする
   「ITものづくり」工房をめざす

いままでなかったもの、誰にもできなかったことに挑戦

 加野島社長は、大手電機メーカーでパソコンの開発に従事したのち、独立起業。その会社ヴィ・ソニック(現在はアクセス北海道)は、携帯電話の文化を変えた「iモード」のプロトタイプを開発したことで、一躍有名になる。その後同社を離れた加野島氏は、平成16年(2004)「ITものづくり」の原点に立つ企業としてジャステック・ラボを設立、現在にいたっている。同社の業務は、電子機器の研究試作およびコンサルティング。「いままでなかったもの、誰にもできなかったことに挑戦する」との気概のもと、メーカー等からの発注による電子機器のプロトタイプ製作や、大学・研究機関等との共同研究によるプロトタイプ開発など、その技術力と経験を活かして活躍している。

2007_j07_2 2007_j07_4
同社のスタッフと

制御・通信から基板、カイロ、アナログ技術まで、広範囲な組込み系技術を保有

ハードからソフトまで幅広い技術が強み

ハードからソフトまで幅広い技術が強み

 同社の強みは、制御系・通信系のソフトウェア、基板設計、回路設計、アナログ技術など、広範囲な組込み系技術やIT機器開発への経験と知見を有し、ハードウェアとソフトウェアの両方のエンジニアリングを可能としているところにある。組込み系開発にはハードとソフトの両方の知識をもつ技術者が不可欠だが、全国的にその数が不足。「ソフトはキャッチアップが簡単だが、ハードはインフラが整っていなければ開発が難しい。そこに日本の技術的優位性がある」と加野島社長。現在同社の技術者はハード系3名、ソフト系5名で、ハード系の技術者はドライバやファームウェアも書き、強力な布陣となっている。また、試作による大学知財の活用も戦略的に進めている。

【TOP INTERVIEW】
来るべきロボットの時代に向けて技術を磨く

<<代表取締役 加野島 英渡さん>>
 当社を立ち上げるにあたっての思いは、ロボットをやりたい、ということでした。師事している大学の先生には、ロボットが産業として成立し、企業が食べていけるのはまだ先だと言われましたが、それならば、腰をすえて組込み系の仕事をやり、来るべきロボットの時代に向けて技術を蓄積をしていこう、と決意しました。組込みはこれからの日本にとって重要なテーマ。幸い弊社は、ハードの技術者にも恵まれており、ハード、ソフト両面の開発を進め、全国に存在感を示したいと思っています。だからこそ、安定開発と技術継承が大切ですがそのためには、規模拡大が不可欠。経営的にも努力していきたいですね。

【TOPICS】わが社のイチオシ
UI開発に革新をもたらす「REAF」

REAF試作画面

REAF試作画面

 制御・通信系を得意領域とする同社が、その高度な技術力を発揮しているのが、FPGA(Field Programmable Gate Array)の開発。FPGAは、プログラムの書き換えが可能なLSIで、同社ではFPGA+Linuxの組込みボードを活用した、さまざまな機器試作を展開している。
 たとえば現在開発中の組込機器の上で動くユーザインタフェース(UI)モジュール開発基盤REAF(Richbut EasyApplication Framework)は、カーナビ等のUI開発を本体から独立させ、外部のクリエイターがUIやコンテンツを独自のオーサリングツールで開発することを可能にするフレームワーク。メーカーの開発工数を激減させるとともに、UI開発の迅速化に貢献するものとして期待される。

企業データ
会社概要

■設立/平成16年(2004)2月
■代表者/代表取締役 加野島 英渡
■資本金/1,200万円
■売上高/4,000万円(2006年度実績)
■従業員数/12名
■開発分室/
 〒060-0807
 札幌市北区北7条西2丁目 37山京ビル918

沿革

□平成16年2月 有限会社ジャステックラボとして創業
□平成18年3月 第三者割り当てにより資本金1,200万円に増資
        株式会社ジャステックラボに組織変更
□平成18年7月 北海道研究開発補助事業採択
□平成18年10月 札幌市高度情報通信人材育成事業に講師派遣

主要取引先

(株)アジェンダ
(株)アドテックシステムサイエンス
(株)シーズ・ラボ
(株)スリック
(株)メディアシーク
情報技術開発(株)
北海道東科計器(株)
北海道日本電気ソフトウェア(株)
北海道大学
小樽商科大学
公立はこだて未来大学

事業内容

●電子機器の研究試作およびコンサルティング
 ・小規模電子回路の設計開発
 ・PLD/FPGA応用製品の設計開発
 ・ファームウェア、デバイスドライバなどの設計開発
 ・クライアントアプリケーション、サーバシステムの構築
 ・上記各項に関わるコンサルティング
●組込み系技術者育成支援

(『札幌の技術2007年情報・バイオ編』掲載)