ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社GEL-Design(『札幌の技術2007年情報・バイオ編』掲載)

代表取締役 西田 克彦 氏

〒063-0834
札幌市西区発寒14条1丁目 1-34
TEL(011)668-3910 FAX(011)668-3911
URL http://www.gel-design.co.jp(新しいウィンドウが開きます)
代表取締役社長 附柴 裕之さん

常務取締役、研究所長(事業開発担当) 附柴 裕之 さん








高機能ジェル素材の開発から、
暮らしを彩る自社ブランド製品も展開、
新しいものづくりの実現をめざす

さまざまな可能性を秘めた生命に通じる素材

ジェルはさまざまな用途への可能性をもつ

ジェルはさまざまな用途への可能性をもつ

 ジェルは、高分子の網目が水分を多く含んだゼリー状の素材で、液体と固体の中間的な性質をもち、おむつやソフトコンタクトレンズなどの素材として利用されている。北海道大学理学研究科にはこの研究分野では世界を牽引する研究室があり、平成14年(2002)には、90%以上の水を含んでいても生体組織やゴムに匹敵する強度を備えた「高強度ハイドロゲル」を開発。現在北大では、この高強度ハイドロゲルの高強度化の仕組み解明や、人工関節への応用を目指した基礎研究を精力的に推進している。GEL-Designでは、創業以来、こうした優れた技術シーズの実用化に取り組み、高吸水性樹脂、燃料電池用電解質膜やロボット用素材などの工業材料、医療材料をはじめとしたさまざまな用途に利用するための技術開発をおこなっている。

ジェルの価値を高める研究・製品開発

 生活日用品から工業資材までさまざまな利用用途があるジェル。そのため、各企業からジェル素材を使った研究・製品開発の相談がGEL-Designに寄せられる。そこでGEL-Designでは、今まで培ってきたジェルに関する知見や技術を活かし、企業の研究開発支援やコンサルティング業務をおこなっている。また、消費者向けの商品開発にも力を入れているのがGEL-Designの特徴。GEL-Designでは、消費者のアイデアやリクエストを基に、柔軟な発想力とオリジナリティを活かして製品の開発・販売をおこなっている。現在は、保冷ランチボックス「GEL-COOL(ジェルクール)」、スキンケア用品「Savon de Siesta(サボンデシエスタ)」等の自社ブランド製品を展開、将来的には、地域と連携しながらオリジナルブランドの商品開発も視野に入れている。


2007_b01_4   2007_b01_5
  ▲高強度ハイドロゲル       ▲天然石鹸「Savon de Siesta」

【INTERVIEW】
ジェルから製品やサービスを生みだすことで、新しい価値を創造したい

2007_b01_3

 <<常務取締役、研究所長(事業開発担当) 附柴 裕之さん>>
 私も含め、創業メンバーは北海道大学理学研究科の高分子研究室でジェルの研究に打ち込んだ仲間です。卒業後は、それぞれ別の道を歩んでいましたが、ジェルの新しい可能性を追究し、さまざまな生活のシーンで役立つ製品を送り出したいとの思いで、2年前、GEL-Designを設立しました。大学発ベンチャーとして、大学・研究機関と社会との架け橋となることが、私たちの大きな役割であり、ジェルという素材から、常に世の中に求められ永続していく製品・サービスを生み出していくことこそが、私たちの使命であると考えています。私たちの事業を通じて、地域活性化の一助になることができればうれしいです。

【TOPICS】わが社のイチオシ
地域の力を結集して完成した保冷ランチボックス「GEL-COOL」

2007_b01_6

 「子供や夫のお弁当では、冷たいフルーツを冷たいまま食べさせてあげたい」。自社製品の開発を模索していた附柴社長は、そんな異業種交流会に参加した主婦の言葉にヒントを得て、ジェルを主原料とした保冷剤と弁当箱のふたを一体化させたランチボックス「GEL-COOL」を開発した。この「GEL- COOL」、ふたを凍らせ、箱の中に冷たい食べ物を入れると、30℃の気温でも約3時間以上の保冷効果がある。
 「GEL-COOL」の開発には、地域の人々のさまざまな協力があった。試作の段階では、先の主婦が運営をしている子育て支援団体のメンバーたちがモニターとなり、彼女たちの声が製品化に活かされた。また、デザインや製造の段階では、地元企業との連携によって進められた。北海道の農産物や自然をコンセプトカラーにした「GEL-COOL」。平成18年(2006)10月にはグッドデザイン賞を受賞、北海道発のランチボックスとして全国で発売、3万個以上の販売実績を誇る。

企業データ
会社概要

■設立/平成16年(2004)9月
■代表者/代表取締役 西田 克彦
■資本金/22,300千円
■従業員数/7名

沿革

□平成16年09月 有限会社GEL-Design設立
□平成17年08月 株式会社へと組織改変
□平成18年01月 第1号商品「GEL-COOL」が「札幌スタイル」認証製品に
□平成18年02月 「GEL-COOL」が「ほっかいどうグッドデザイン賞」入賞
□平成18年04月 「GEL-COOL」発売開始
□平成18年10月 「GEL-COOL」が「グッドデザイン賞」受賞

事業内容

・機能性ジェル素材の関連技術を中心とした以下の業務
・新規素材の製品・技術の研究開発・特許販売
・新規素材の研究開発・分析の受託・コンサルティング
・日用雑貨・化粧品等の開発企画・製造販売

開発実績・製品

・保冷ランチボックス「GEL-COOL」
・ココロがホッとする手作り化粧品「Savon de Siesta」
・雪の結晶型の紙石鹸「初雪」

(『札幌の技術2007年情報・バイオ編』掲載)