ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社北海道環境バイオセクタ-(『札幌の技術2007年情報・バイオ編』掲載)

代表取締役 三国 康ニ 氏

〒064-0801
札幌市中央区南1条西26丁目 ニュー参道ビル3F
TEL(011)640-5288 FAX(011)640-5289
URL http://www.kankyo-v.co.jp/(新しいウィンドウが開きます)
代表取締役 三国 康ニさん

代表取締役 三国 康ニさん








海の厄介者をバイオの力で分解、環境改善や
  農産物生産に役立つ研究・製品開発を進める

深刻な水産廃棄物処理 廃棄物の利用を可能にした「リブランド菌」

 北海道は全国有数の漁獲量を誇るが、その一方で漁獲・加工に伴う水産廃棄物(ホタテ殻、ヒトデ、ホタテウロ、イカゴロ等)の発生に頭を悩ませてきた。なかでもヒトデやホタテウロ(中腸腺)は北海道内で年間約4万t以上も発生、埋め立てや焼却処分をおこなってきたが、悪臭や有害物質などによる周辺環境に与える影響も大きいことから、新たな対応策が求められてきた。そこで、水産廃棄物を処分するのではなく、積極的に利用しようとする動きが近年高まり、特に多くの生理活性物質があることが知られているヒトデに注目が集まっている。株式会社北海道環境バイオセクターは、独自開発の混合微生物「リブランド菌」を使ってヒトデを分解するだけではなく、ヒトデがもつ生理活性物質を活かした製品開発を進めている。

2007_b04_2      2007_b04_3
▲混合微生物リブラント菌を    ▲真冬におこなわれた牛糞の
  用いた「パワーリブランド」      発酵実験           

微生物と天然成分によって廃棄物が「宝の山」に

 「リブランド菌」の特長は、通常の環境条件下でも活発に活動すること。そのため、温湿度調整機器や攪拌器具などを伴う大規模な施設を必要とせずに、水産廃棄物の分解処理が可能である。また、廃棄から発酵分解までの時間が短いことや、分解物によって作られた肥料が優れた品質であることから、農業・漁業関係者からは高い評価を得ている。このほかに、北海道環境バイオセクターでは、リブランド菌による分解物に海洋性ミネラルや樹木の養分などの天然成分を混合、加工することに成功。加工物を原料とした防虫・防鳥剤や消臭剤、植物活力剤を製造している。今後は、各種製品の販売展開をめざして、マーケティング関連企業との連携を進めていく予定である。

2007_b04_4      2007_b04_5
▲トデの効用から防虫・防鳥剤    ▲リブラント菌で分解したヒトデ
  を開発                                     

【TOP INTERVIEW】
独自開発の混合微生物を活用して、資源循環型社会の実現をめざします

<<代表取締役 三国 康ニさん>>
 今から13年前に、酵母菌・乳酸菌など数種類の微生物を原料とした混合微生物「リブランド菌」を開発しました。以後、リブランド菌を使った各種製品(廃棄物処理資材、植物活力剤、防虫剤、消臭剤他)の研究開発に力を注いでいます。これらの製品は、廃棄資源や天然由来の成分を原料に、私たちの生活環境を改善する目的で開発したものばかりです。私自身、バイオとは縁のない世界で過ごしてきたので、スタッフや協力者と試行錯誤の毎日でしたが、資源循環型社会の実現をめざして日々精進してきました。最近では国内だけではなく、海外からもリブランド菌への問い合わせを頂いています。世界的にも課題になっている廃棄物の有効活用を、ここ札幌から発信していきたいと思っています。

【TOPICS】わが社のイチオシ
悪臭退治にヒトデのパワー 天然由来の消臭剤

2007_b04_6

 北海道環境バイオセクターでは、ヒトデがもつ消臭成分に着目、その成分を活かした消臭剤「パワーブライム」を開発、販売している。発売前に、公設試験場で消臭効果に関する検査をおこなうため、20,000ppmの濃度のアンモニアガス内に「パワーブライム」を入れたところ、2時間後には約98パーセントの消臭率であることが確認され、検査関係者から高い評価を得た。
 また、パワーブライムは化学物質を一切使っていないため、安全・安心な消臭剤として生活のあらゆるシーンで利用することが可能。粉末・液体・固体(ポリマー)状の各種製品があるため、用途に合わせて利用することができ、介護施設や飲食店、ペット愛好家など幅広い層からの問い合わせが相次いでいる。

企業データ
会社概要

■設立/平成14年(2002)10月
■代表者/代表取締役 三国 康ニ
■資本金/300万円
■従業員数/7名

沿革

□平成14年10月 有限会社 北海道環境バイオセクター設立
□平成16年09月 (株)八戸マリン商会とのタイアップで「バイオボックス」(発酵・分解処理機)の完成
□平成17年10月 植物活力剤「米ぬか リブランド」および「ヒトデ リブランド」を販売開始
□平成18年04月 NPO法人札幌・障害者活動支援センターライフとの間でペットの糞尿消し「ペットワン」と消臭剤「パワーブライム」の販売提携
□平成18年05月 株式会社へと組織改変
□平成18年08月 防鳥忌避液「SARABA カラスくん」の販売スタート
        防虫忌避液「SARABA アリくん」の販売スタート
        防虫忌避液「SARABA ゴキブリくん」をネット限定販売スタート
□平成18年10月 札幌市役所売店にて「消臭製品」の販売スタート

事業内容

混合微生物菌と廃棄物を主原料とした
・土壌改良剤の開発、販売
・植物活力材の開発、販売
・消臭剤、防鳥・防虫剤の開発、販売

(『札幌の技術2007年情報・バイオ編』掲載)