ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社HBA(『札幌の技術2005年情報・バイオ編』掲載)

代表取締役会長 安田 經 氏

〒060-0004
札幌市中央区北4条西7丁目1番地8
TEL(011)231-8301(代) FAX(011)281-0915
URL http://www.hba.co.jp/(新しいウィンドウが開きます)
代表取締役社長 安田 經さん

代表取締役会長 安田 經さん






※記載内容は『札幌の技術2005(情報・バイオ編)』を発刊した
平成17年2月当時の情報です。






 北海道の情報企業のリーディングカンパニーとして
  品質と技術を基盤に、革新的領域に挑戦する

40年の歴史を誇る情報産業のパイオニア

ph_02

 株式会社HBAは、北海道ビジネスオートメーション株式会社として昭和39年(1964年)に設立。40年の歴史をもつ北海道の情報企業の草分けであり、また平成15年度売上高153億円を誇る、北海道の情報産業のリーディングカンパニーである。
 同社は、大型汎用機による官公庁や民間会社の計算受託からスタート。NEAC2200シリーズなど当時最先端の日本電気製大中型コンピュータを導入し、 NEC情報サービス事業グループ(昭和44年結成)の一員として、北海道の情報処理を先駆的に牽引してきた。とりわけ設立当初より北海道庁を始め、市町村、地方公共団体の税務、水道、給与、保険等の情報処理や、測量計算、事務の機械化等の公共業務の情報サービス分野に深く関わり、公共分野の情報化に貢献。平成16年(2004年)創立40周年を機に株式会社HBAに社名を変更した。

品質のインテグレーション、安心のオペレーション

強固なセキュリティを誇るiDC

強固なセキュリティを誇るiDC

 現在の事業の中心として、自治体など公共分野を中心としたシステムインテグレーションやiDC運用サービスなどのシステムオペレーションの二本の柱をもち、さらに受託計算、携帯電話等の組込開発など多岐にわたる。民需では、大手小売りチェーンのWebEDI構築など、流通等の業務ノウハウにも強みをもつ。
 開発の拠点となるシステムビルは、安全と安心に配慮した広範なセキュリティ技術で情報やシステムを保守。また平成3年(91年)には道内初のシステムインテグレーター認定、平成9年(97年)には道内情報企業で初のISO9001認証を取得し、さらにプライバシーマーク、ISMS、ISO14001などの認証も取得するなど、開発プロセスにおける品質の重視や、情報セキュリティへの配慮、さらに環境や社会への貢献など、高品位な企業マネジメントの強化に力を注いでいる。

組込み系など新技術をもとに自社開発製品へも挑戦

 社名を一新した同社は、道内クライアントのみならず、首都圏での顧客の拡大を進め、携帯、カーナビ等の組込み系開発など市場を睨んだ事業展開で、道内トップの売上を誇っている。450名を超える開発者は、汎用系からクライアントサーバ系、さらにWeb系の技術者まで広範なスキルを保有し、ネットワーク、IP、携帯組込、DSPなど先端でのスキル向上に尽力。また組込み開発で培った技術力を背景に、様々な自社開発製品にも挑んでいる。たとえば北海道工業大学との共同研究で開発した「アドホックネットワークを利用した情報提供システム」では、災害時の情報インフラなど、移動端末だけで構成される一時的なネットワーク(アドホックネットワーク)の実用化へ取り組む。携帯電話での受発注業務システム「Hi-PARKS Type-M」は、携帯iモードを利用した簡単な操作性をもつ業務ソリューションとして好評である。

【TOP INTERVIEW】
創立40周年を機に第二の創業期へ新たなフロンティアの開拓を

<<代表取締役会長 安田 經さん>>
 情報技術の進化のスピードは急速で、ビジネスも大きく変化していきます。私たちもその変化に対応すべく、経営基盤の再構築を進め、品質認証などお客様に安心をしていただける企業作りや、技術力・営業力の強化を進めてきました。平成 12年(2000年)には「HBA21世紀ビジョン」を策定し、企業の発展進化のための戦略ビジョンを確立し、また平成16年(04年)の創立40周年を機にこれを第二の創業期と位置づけ、これまでの経験にとどまることなく、かつての創業時の先輩たちのようにフロンティアを開拓する気持ちで、新しい革新的な事業を指向し、そのための人材・技術の将来ビジョンを確立しようと考えております。

企業データ
会社概要

■設立/昭和39年(1964年)4月16日
■代表者/代表取締役会長 安田 經
■資本金/1億800万円
■売上高/153億2,000万円(平成15年度実績)
■従業員数/702名(平成16年4月現在)

沿革

□昭和39年04月 北海道ビジネスオートメーション株式会社設立
□昭和48年09月 本社ビル(緑苑ビル)竣工
□昭和51年04月 東京営業所開設
□昭和52年04月 旭川、釧路、室蘭営業所開設
□昭和53年04月 帯広、北見営業所開設
□昭和60年04月 総務省一般第二種電気通信事業者登録
□昭和63年10月 高安全対策機能を備えた新社屋「HBAシステムビル」竣工
□昭和63年12月 経済産業省システムインテグレーター登録
□平成07年03月 経済産業省特定システムオペレーション企業等認定
□平成09年03月 ISO9001認証取得
□平成10年06月 免震構造の「HBAシステムビル」増築棟竣工
□平成12年01月 一般建設業(電気通信工事業)許可
□平成12年11月 プライバシーマーク認定
□平成13年07月 稚内営業所開設
□平成14年02月 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証取得
□平成15年03月 ISO14001認証取得
□平成16年07月 株式会社HBAに社名変更

事業内容

・ 情報処理サービスに関するコンサルティングおよび調査
・ ソフトウェアの開発
・ コンピュータによる情報処理の受託および各種サービス
・ コンピュータ、周辺機器、消耗品等の販売および賃貸
・ コンピュータシステムの管理および運用
・ コンピュータ要員の養成、教育および派遣
・ コンピュータおよび関連機器の保守および付帯工事
・ ソフトウェアパッケージの開発および販売
・ コンピュータのデータ入力
・ 情報処理ネットワークサービス

(『札幌の技術2005年情報・バイオ編』掲載)