ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社システム・フォー(『札幌の技術2004年情報・バイオ編』掲載)

代表取締役 沖中 恭幸 氏

〒060-0010
札幌市中央区北10条西24丁目3番地 AKKビル
TEL(011)644-1070(代表) FAX(011)644-1080
URL http://www.sys4.co.jp/(新しいウィンドウが開きます)
代表取締役会長 沖中 恭幸さん

代表取締役 沖中 恭幸さん








地域の特性・文化・歴史を理解する、
 地域に密着した自立型企業の支援をめざして

コストと運用の両面から道内の企業規模にあったシステムづくり

01

 システムフォーは、「もの作り」を主体とし、システムの設計、構築、作成、導入、アフター・ケアにいたるまで、約20年にわたってインフラを含めたソリューションの提供を手がけてきた。
 1980年代、企業におけるOA(オフィス・オートメーション)化が急速に進展した。しかしながら、当時のシステムはオフコンを主体としたものであり、その導入や運用にあたっては多額の設備投資が必要とされ、中小企業が中核をなす道内企業の資本規模に見合うものではなかった。これは、他地域に比べてその導入が遅れた要因のひとつでもあった。そのような状況の中、沖中氏はパソコンの登場を契機に、道内企業の規模にあった、安価で運用しやすいシステムづくりに着手したのである。当然のことながら、現在のように開発ツールも万全ではなく、データベースの構築や周辺機器のデバイスなども自社で開発するなど、パソコン上でのシステム開発には苦労が絶えなかったようだが、ユーザーへの細やかな運用指導など、当時からの開発技術を生かす側面は多方面にわたっている。その技術力が現在のシステムフォーを支えているといってよいだろう。
 これまでの主な開発システムとしては、タクシーの配車システム、農水省の外郭団体に向けた土地改良区の収支管理システム、調剤薬局向けの調剤支援システムなどがあげられる。近年はとくに、医療機関向けの管理・運用支援システムを中心として、これからの時代の新しい医療サービス支援に注力している。

患者の視点に立った自立型の薬局運営を支援

02

 システムフォーは、地域に密着し、その企業規模にあったシステムの開発を手がけてきたが、医療機関の経営管理に目を向け、患者の視点に立った新しい医療機関の姿を提案するとともに、その活動を支援するシステムを提供している。とくに、医薬品関連システムでは、医薬品に関わるさまざまな情報を提供し、医療機関の経営戦略に活用することを基本コンセプトに、ユーザーだけでなく、ユーザーの顧客に対するサービスをも考慮したシステム開発を行っている。
 同社が開発した新調剤支援システム「ファーマシードリーム」は、薬局の会計管理や薬品の在庫管理をはじめ、各種提出書類の自動作成やレセプト業務に対応した機能を有し、医薬品情報の参照や患者の服薬履歴、処方データの管理にも対応するなど、薬局の経営全般を支援し、患者へのきめ細やかな対応を可能にしている。また、PDA(携帯情報端末)を併用することで、時間外など、離れたところからでも患者や医師からの問い合わせに対して迅速な対応が可能な仕組みとなっている。
保守契約を結んだユーザーには、法改正に伴う情報の精査など、年に5~6回のバージョンアップも無償で行うなど、小規模な経営が多い薬局をターゲットにした運用を提案し、リモートによる遠隔地へのサポート体制も早くから導入するなど、現在では道内の調剤薬局に対して約25%のシェアを占めるに至っている。
 同社では、このような活動を通じて、地域に根ざした自立型の薬局に対し、関連企業である株式会社メディカルシステムネットワークとの連携をはかりながら、その経営から人材の育成に至るまでをトータルに支援している。

【TOP INTERVIEW】
地域やその企業規模にあったシステムの提供を

in_ph

<<代表取締役 沖中 恭幸さん>>
 会社を設立したのは約20年前、ちょうどパソコンが社会に登場したのと同じ時期でした。その頃、企業のOA化は、いわゆるオフコンが主流で、導入には多額の設備投資が必要でした。企業規模からみても、道内企業にとってOA化はかなりの負担でした。
 私どもは地元企業のニーズに見合う、安くて利用しやすいシステムが必要で、そのようなOAシステムを提供するには、パソコンレベルで運用できる設計や構築が最適だと考えました。提案先は、なるべくOA化の手がつけられていない分野、システム化すべきなのに立ち遅れている分野を見つけて進めました。当時はデータベースの概念や、それを活用したアプリケーション開発という考え方がまだ確立されていなかったので、システム構築は一から十まで手作りでした。しかし、その蓄積が今日のわが社の技術力の根幹になっています。これからも北海道という地にあって、お客様とともにわれわれも成長していきたいと思います。

企業データ
会社概要

■設立/昭和60年(1985年)12月
■代表者/代表取締役 沖中 恭幸
■資本金/1,050万円
■従業員数/10人

事業内容

医療機関向けシステム開発および販売、他業種向けパッケージソフトの開発および販売

(『札幌の技術2004年情報・バイオ編』掲載)