ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

上山試錐工業株式会社(『札幌の技術2004年ものづくり編』掲載)

代表取締役社長 上山 弘 氏

〒060-0032
札幌市中央区北2条東13丁目1番地7
TEL (011)241-6516 FAX (011)241-0336
URL http://www.ueyama-shisui.co.jp/(新しいウィンドウが開きます)
mi3024-2

温泉掘削。 深いボーリング技術に定評がある





ボーリング技術、
地質調査の技術を背景に
環境分野への取り組みを強化

温泉のボーリング技術に定評

X線分析装置(鉱物判定)

X線分析装置(鉱物判定)

 同社は、地下水・地質調査を個人で請け負っていた上山博明氏(現会長)が昭和35年(1960年)に設立した。井戸の掘削や地下水調査、温泉調査を皮切りに、地すべり調査をはじめとする地質調査分野へと事業を展開。近年はこれまで培ったさく井、地質調査などの技術を活かし、自然エネルギーの活用といった環境分野での取り組みを強化している。
 受注の約8割が公共部門であり、高速道路などの地質調査、石油資源の調査も手がけるほか、地熱発電所の井戸設備メンテナンスなども行っている。
 業務分野は大きく「調査」「計測・試験」「解析」「設計」「施工管理」「研究開発」に分けられる。調査は温泉や地下水、地すべり、構造物、環境分野等で、特に温泉調査では2000メートル級の大口径ボーリング技術に定評があり、民間からの受注も多い。そうした調査を基に、実際に現場で採取した水や土質のサンプルを理学博士号などを有する専門の技術者が分析、解析する。そのほか、温泉や水井戸設備の設計や工事なども行っており、今までに施工した井戸数は道内で1000本を超える。

高い精度を誇る解析・分析の技術

大型三軸圧縮試験機

大型三軸圧縮試験機

 本社では設計や調査レポートなどの作成を行い、土質試験・岩石試験やコンクリート試験は主に東区にある土質試験研究所で行っている。同研究所では、ダム建設の際のコンクリートの品質や耐久性の試験や土質試験等、また、道路や構造物などを建設する際の施工管理・試験などを行っているが、科学的なデータに裏付けられた、高精度の試験は高い評価を得ている。設備面では道内でも数台しかない大型三軸圧縮試験機などを擁する。
 研究開発部門では、地震に関する研究が同社の大きな特徴といえる。地震計を地下500~700メートルの地点に設置するという、長年のボーリング技術と地質調査の技術を背景とした同社独自の技術で、これまで札幌市内及び周辺地域で4井の地震坑を掘削し、地震計を設置するための掘削技術の開発を進めている。また、北海道大学と協力して「札幌地盤震動研究会」を結成、測定したデータは、ネットワークを介して北海道大学に送られ、地震防災対策への活用が期待されている。

品質、環境保全向上を  裏づけるISO認証取得

顕微鏡観察で岩石種や変質程度を解析

顕微鏡観察で岩石種や変質程度を解析

 一方、環境分野での研究開発も積極的だ。その代表的なものが産学官の共同研究による融雪システムである。ボイラーや電気、ガスなどを利用したロードヒーティングや融雪槽は一般的だが、同社では電気も石油も使わない地熱エネルギーを利用した融雪システム(無動力融雪)を開発し、地球環境にやさしいシステムとして研究段階から実用化段階に入っている。
 同社では平成11年にISO9001を認証取得、その後平成14年にはISO14001を認証取得し、品質面と環境面の一層の向上に取り組んでいる。

【技術者 INTERVIEW】
自分が学んだ地質の知識が 環境保護につながるといいですね

mi3024-5

<<環境地質課 地質研究員 楊 軒 柱(ヤン シュエン ジュウ)さん 平成6年入社 >>
 中国の大学を出てから1991年に日本に来て、北大の大学院で博士号を取得し、その後、94年にこの会社に入りました。仕事の内容は、主に温泉調査や環境調査、地下水調査、地すべり調査の基礎データとなる地層の構造の分析や解析などです。例えば、温泉調査では地層を調べることで実際に掘ったときの温泉の量や、どれくらいボーリングすれば温泉が出るのかを判断します。そのほか、地震のデータを取るために地中に地震計を設置するための調査、研究開発や、札幌市内でもみられた地震による地盤の液状化の調査などもしています。
 地質調査の対象は、顕微鏡で見るような微粒子レベルから大きくは地球全体までと、調査範囲が実に広く、とても面白い分野です。仕事を依頼するお客様に満足してもらえると、自分でも嬉しくなります。将来は、地質の知識を生かして、環境保護につながることができるといいですね。

企業データ
会社概要

設立/昭和35年(1960年)4月
代表者/代表取締役社長 上山 弘
資本金/3,480万円
売上高/10億円(平成14年度)
従業員数/50名

事業内容

環境影響調査、温泉・地熱・天然ガス調査、地下水調査、さく井工事、地質・土質調査、地すべり調査(解析及び設計)、一般構造物設計、物理探査、原位置試験、土質試験及び岩石試験、コンクリート試験、軟弱地盤・基礎に関する調査計測及び解析、測量調査

(『札幌の技術2004年ものづくり編』掲載)