ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社 よねたや(2011年5月取材)

代表取締役 米田 靖英 氏

〒060-0062
札幌市中央区南2条西2丁目10番地富樫ビルB1F
TEL (011)-398-5100 FAX (011)-398-5100
URL http://www.yonetaya.co.jp(新しいウィンドウが開きます)

お取り寄せスイーツ 「幸せカタラーナ」

創業当初からの思いを形に

株式会社よねたやは、それまで食品関連企業に勤めていた米田社長が、「理想の『おもてなし』を実践したい。」という強い思いから、2007年に洋風居酒屋「おもてなしキッチンThree Peaces(スリーピース)」をオープンしたのが始まりである。店のコンセプトは25歳前後の女性客をターゲットに、リーズナブルな価格で楽しく飲んで騒げて、そして何よりも喜んでもらえるようなお店作りをめざしたものである。このモデルは米田社長が前職時代の経験から密かに暖めていたもので、小規模ながらリピート率の高い隠れた人気店となっている。2011年には同じコンセプトの「海鮮居酒屋 Dining 桜」もオープンし現在2店舗の営業体制となっている。

3ピース店内 桜店内

▲おもてなしキッチンThree Peaces(スリーピース)           ▲海鮮居酒屋 Dining 桜

お菓子製造業の立ち上げ~「幸せカタラーナ※」の開発

米田社長は創業に当たり、三つの事業で経営していくことを考えていた。【飲食事業部】、【菓子製造販売事業部】、【通信販売事業部】の3つである。「飲食業をより強固にする為に相互補完を考え菓子製造販売事業、通信販売事業を構想の柱として考えていた。」と 米田社長は言う。このため「おもてなしキッチンThree Peaces(スリーピース)」を経営する中で、常にお菓子の開発を考えていたのである。

「おもてなしキッチンThree Peaces(スリーピース)」ではデザート用に様々なスイーツを工夫して提供し、その商品の一つに「カタラーナ」があった。女性が大好きなスイーツに的をしぼってバリエーションを増やし、口コミで火がついたのが「カタラーナ」である。これが本格的な菓子製造販売事業部設立の足がかりとなったのである。店で「カタラーナ」を提供しはじめた頃には、販売先の確保等販路の開拓が大きな課題であったが、そんな中で、北海道が主催する「地域のこだわり食品発掘総合支援事業」に参加したところ、百貨店のバイヤーから評価が得られ、商品の大きさ・パッケージの工夫にアドバイスを受けたこと、さらに知人の誘いで上海に行き、いろいろ刺激を受けてきた。「それまではまだ飲食事業での商売しか基本的に考えていませんでした。百貨店バイヤー様の高評価や海外視察で上海などへ行く機会があった事により視野が広がり創業時に思っていた『おもてなし』を他事業でも実践しようと強く感じました。今では海外市場を考慮して商品開発を行っております。」と米田社長は言う。帰国後直ぐに菓子製造販売事業部を立ち上げ、きちんとしたマーケティングを行い、その調査結果を元にパッケージ等の改良を行って「幸せカタラーナ」として製造販売に踏み切った。同時に通信販売事業部も立ち上げ積極的に情報発信を開始したのである。

※幸せカタラーナ: カタラーナとはイタリアの伝統的なデザート。凍らせたカスタードプリンの事。「幸せカタラーナ」はカスタード部分に北海道産のブランド卵の卵黄、北海道産放牧牛乳から取れた搾りたての牛乳、生クリームを使い、カラメル部分に融点の違う2種類のグラニュー糖をブレンド。そしてマダガスカル産天然最高級のバニラビーンズを加え、ひとつひとつ手作りで製造している。保存料、科学調味料は一切未使用。製造工程ではカスタード部分はオーブンにて蒸し焼きをし、火を通してその後そのまま焼きをいれてある商品。

カタラーナパッケージ写真 パッケージ2

▲「幸せカタラーナ」新パッケージデザイン            ▲通信販売用のパッケージ

今後について

飲食事業部に関しては既存の2店舗の業態安定化を図ることが目標である。今後は引き続き「女子会・バースデーパーティー・歓送迎会・結婚式2次会などのお祝い事などのイベントで使用していただきたい。」と米田社長は言う。その為店では手作りの「お菓子の家」や「バースデーケーキ」などをお祝いとして提供する等、大手企業にはまねできない細かな気配り演出を行っている。変動が激しい飲食店業界にあって若年女性層のニーズを捕えた同社の戦略が注目される。

菓子製造販売事業部は生まれたばかりの事業部なので今年1年力をいれて同社の柱に成長させる。連動して通信販売事業部も強化し実績をのばしている。次なる新製品開発も念頭にあり、常温商品のスイーツ、カタラーナをベースにした商品を検討している。海外へ興味を持っている同社としては輸出を考えた時に冷凍商品のハードルの高さを感じたので、常温商品に着目している。そのために、現在の生産体制で可能なのか今後生産体制の見直しも行い、輸出に関して前向きに検討している積極的な企業である。

お菓子の家バースデーケーキ

▲手作りお菓子の家                        ▲手作りバースデーケーキ

企業データ
◆会社概要

設立/平成19年(2007年)7月
代表者/代表取締役 米田靖英
資本金/650万円
従業員数/9人(2011年5月現在)

◆各ホームページ

<株式会社よねたや>
URL:   http://www.yonetaya.co.jp

<おもてなしキッチンThreePeaces(スリーピース)>
URL:   http://www.three-peaces.com/

<スイーツ専門店 SWEETS PEACES(スイーツピース)>
URL:   http://www.sweets-peaces.com/

<米田靖英 facebook>
URL:   http://www.facebook.com/yasuhide.yoneta?ref=ts

◆沿革

2007年7月  会社設立 おもてなしキッチン Three Peaces(スリーピース) オープン
店舗住所:札幌市中央区南2条西2丁目 富樫ビル地下1階
2010年7月  通信販売専用お取り寄せスイーツとして100%北海道産の原料を使った「幸せカタラーナ」を販売開始
2011年2月  ダイニング Dining 桜 海鮮居酒屋 オープン
店舗住所:札幌市中央区南2条西5丁目26-1 ホテルリソル内1階
2011年4月  新パッケージ「幸せカタラーナ」発売開始 (札幌市の「売れる食品づくり支援事業」を活用して開発)

◆主な取引先

伊藤忠食品(株)
エムジェイ・スポート(株)
(株)北一ミート
クワハラ食糧(株)
(株)コンパル
(株)札幌丸井今井
(有)サークルファーム
ジェイドクラフト(株)
(株)すずらん
生活協同組合コープさっぽろ
創和プロジェクト(株)
(株)ティーピーパック
(株)トワニ
(有)十勝しんむら牧場
(株)日本アクセス
日本アクセス北海道(株)
ノボテル札幌
(株)ブライダルハウスチュチュ
(有)古家食品
社団法人北海道貿易物産振興会
北海道フードフロンティア(株)
北海道三桜(株)
(株)マルミ北栄商店
ヤマト運輸(株)
ヤマトファイナンシャル(株)
(株)リカーズかめはた
(株)リクルート
ワタショウ(株)

(50音順)

(2011年5月 取材)