ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社 中央ネームプレート製作所(2011年10月取材)

代表取締役 氏家 界平 氏

〒007-0839
札幌市東区北39条東1丁目2-17
TEL(011)752-2161 FAX(011)742-5851
URL http://www.cnpnet.co.jp(新しいウィンドウが開きます)

本社社屋

創業の経緯

中央ネームプレート製作所の創業は昭和36年(1961年)。以後、各種ネームプレート、表示板、シール、ステッカーなどの製造に携わってきた。

ネームプレートというと、数十年前まではアルミニウム、真ちゅう、銅などの板金二次加工で、家内工業的な製造が主流であったが、近年の化学工業技術の進展により、素材・技術・機器類などが急速に革新、同社もいち早く新しい技術や機器を導入し、優れた製品を世に送り出してきた。

昭和50年代後半には、写真製版とスクリーン印刷の技術を生かした新規分野への模索を始め、プリント配線板の製造に乗り出した。プリント配線板とはコンピュータや電子機器、家電製品などに内臓されている基盤に電子部品を実装する電子回路のことで、製品の要ともいうべき部分である。当時、北海道内でプリント板を製造するメーカーはまだなく、同社は手作業での試作研究を重ねながら技術と品質の向上に全てを注いだ。

中央犬プレート 中央犬プレート2 kiban02

▲全国から注文がきている犬鑑札                     ▲プリント基盤

北海道の製造業、レベルUPのために

現在同社は三つの工場を軸に運営している。まず第1工場では、創業時より大切にしている、各種ネームプレートを生産している。主に金属プレート・名札・犬鑑札・シールステッカーなどを製造し、個人の顧客から、法人・企業まで幅広いニーズに応える為、製造・販売の一貫体制をとっている。

次に第2工場では、関連会社である株式会社プレテックと共に電子回路・プリント基板設計、基板の販売電子機器設計制作、板金・筐体設計、オゾン発生装置開発製造を行っている。1985年当時、北海道には電子基板工場がないと認識をしている中で、関連会社、取引先などからプリント配線板工場を道内に求める声があり、1985年7月に第2工場を新築することになった。

第3工場では、加速する電子・電気機器等に係わる薄板精密板金物の製造を、抜き加工・折り曲げ加工・溶接加工から塗装・表示印刷加工までほとんど外注する事無く同工場内で一貫して行っている。それにより細かな要望にも瞬時に応えることができるようになった。2000年9月に新築されたこの工場は、当時の顧客から「中身ばっかり作らないで、外側も作って欲しい」という要望もあり設置することになった。現在では、この第3工場で行っている、電子部品の精密板金加工が同社の主軸になるまで成長した。

全ては同社社長である、氏家氏が「もっと北海道の製造業を良くしたい。」という思いから始まった。

中央第2工場2 中央第2工場1 中央 第3工場2

▲第2工場内 プリント配線板製造ライン       ▲中間検査工程            ▲第3工場内 レーザー加工

今後について~本州とのチャンネル~

同社は、販路として道内よりも関東・関西・九州を主としている。設計から製造・組み立てまで一貫して行える同社は本州企業からの取引が非常に多い。本州では、各工程ごとに企業が別々で、同社のように一貫して行う企業は少ない。その為、非常に高い信頼を持たれ、問い合わせも年々増えている。さらに社長は高い信頼を保つため、5S運動に積極的に取り組んでいる。電子部品業界で求められる納期や品質に応えることの出切る体制をつくるために「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」の5S運動※専門部署を作り社員に徹底させていった。

「ISO9000シリーズを持っていないと本州の企業は相手にしてくれない。」と氏家社長は言う。同社は創業以来多種多様なプレート類の製品を作るために多くの機器・設備類を整備し、あらゆる角度から研究を重ね、その中で、国際規格に対応すべく、2003年4月に、ISO9001:2000を関連会社と共に取得し、高品質の優れた製品並びに低廉化を目指した改善に取り組んでいる。それを自信にして同社は、今後も関東・関西・九州方面での営業活動を活発に行い、販路開拓を行っていこうとしている。

同社は、これからもより一層の研究を続け、品質保証のできる高い技術力とそれに対応できる設備環境を整え、各取引先のニーズに細かく応えるべく新分野にチャレンジする企業として注目して行きたい。

※5S運動とは、製造業やサービス業などの職場環境維持改善で用いられるスローガンである。各職場において徹底されるべき事項で、整理・整頓・清掃・清潔・しつけ(習慣化の場合もある)の5項目をさす。5Sという名前は、これら5項目が、いずれも日本語での頭文字がSとなっている事に由来する。


企業データ
◆会社概要

設立/1964年(昭和39年)6月

代表者/代表取締役社長 氏家 界平

資本金/4,800万円

従業員数/120人(2011年10月現在)

◆沿革

1961年  3月 札幌市大通西14丁目に於いて、氏家利一個人創業

1962年  4月 札幌市南2条東2丁目に移転

1964年  6月 株式会社設立、資本金50万円

1965年  4月 札幌市北39条東1丁目に新工場設立

1974年  2月 資本金200万円に増資

1978年  4月 資本金800万円に増資

1979年  6月 札幌市東区北39条東1丁目1-5 本社移転。

1979年  9月 資本金を1,600万円に増資

1979年  9月 札幌市東区北39条東1丁目に本社工場新築

1981年 10月 資本金2,000万円に増資

1984年  6月 資本金2,400万円に増資

1985年  7月 石狩新港機械金属工業団地にプリント配線板の石狩第ニ工場(第ニ製造課)新築

1986年 11月 資本金4,800万円に増資

1990年  9月 石狩新港機械工業団地に石狩第一工場(第一製造課)新築

1991年  7月 札幌市東区北39条東1丁目2-17に本社移転

1999年  6月 代表取締役社長に氏家界平就任

2000年  9月 石狩新港機械金属工業団地に、精密板金の石狩第三工場(第三製造課)新築

            グループ全社にてISO 9001:2000を取得

2005年  9月 精密板金の石狩第三工場(第三製造)増築

◆主な仕入先

北海道シャーリング㈱

㈱村田塗料

㈱福本商店

㈱大和電機北海道

㈱プレテック

◆主な取引先

㈱ディスコ

㈱テクノアソシエ

㈱メデック

共栄エンジニヤリング㈱

セイコーシステムENG㈱

諸官庁

(2011年10月取材)