ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

有限会社 フードアトラス(2012年1月取材)

代表取締役 川端 美枝 氏

〒060-0001
札幌市中央区北1条西3丁目荒巻時計台前ビルB1
TEL&FAX (011)280-7557
URL http://www.ilpino-il.com(新しいウィンドウが開きます)

店舗玄関

思いを形に創業

札幌市の中心部、観光スポットの時計台を背にしたオフィスビル街の中通りに面したビルの地下1階にイタリアンレストラン「イルピーノ」がある。そこは、夏の日差しの強い季節には、やや日陰になり、周りには老舗の手芸店、画材店、高級オーディオ店等が店を構えており、喧騒なメインストリートとは打って変わって、通りに入ると一瞬ヨーロッパのどこか古い街角に立ったような錯覚を覚える場所である。

このレストランは、(有)フードアトラスの経営になるが、オーナーの川端美枝社長さんが2003年3月に長年温めてきた思いを形にした店で、今年で10年目を迎える。川端社長の温めてきた思いとは「本場イタリアで得たイタリア料理の知識を、北海道で活かしたい」との思いであった。

川端社長は、実は金融機関の出身だ。元々料理に関心が強く、料理に係わるビジネスをしたいとの夢を持ち、その実現のために独立創業の道を選んだのである。イタリアが好きでよく旅行に出かけたそうだ。延べで7~8年になるとのことで、地方の料理店を訪れては素材や調理法などを吸収したそうだ。川端社長は「本場イタリアで得た料理の知識を活かそう」と思い立ったと語る。

北海道らしいイタリアンを目指して

こうしてイタリアンレストラン「イルピーノ」は本格イタリア料理を提供するお店としてスタートしたのである。しかし、創業からの経営は決して順調なものではなかったようである。「なかなかお客さんが定着しなくて苦労しました」と川端社長は語る。

そこで、フードコーディネーターの資格を持つ川端社長は、企業や自治体のコンサルティングを行ったり、さらに同店では主婦層を相手としたイタリアンを中心とした料理教室を定期的に開催すると共に2階にカジュアルイタリアン「わいん居酒屋いる」をオープンさせて手軽なメニューで楽しめる形態を併設したのである。こうした取組みと工夫により客層は広がり、主婦層はもとより周囲のビジネスマン達が多く訪れる店となっている。

料理教室や「わいん居酒屋いる」を運営する中で、川端社長はイタリアで学んだ料理を改めて思い出した。イタリアでは地元の素材を活かした料理を地元で提供していた。いわゆる「地産地消」である。北海道は食の宝庫、札幌にも近郊に素晴らしい食材がある。それを生かした北海道らしいイタリアンを提供しよう、と川端社長の思いは広がったのである。

今では、道産小麦を利用したパスタやピザ、乳製品やトマトやアスパラ等の野菜・飼料にこだわった豚肉、貴重な食材エゾシカ肉、鮭、イクラ等々豊富な道産食材を使った料理を提供し、その結果、道産食材の素晴らしさをPRする店「北のめぐみの愛食レストラン」としても知られる存在となっている。

イルピーノ店内2 イルピーノ店内1

▲イタリアンレストラン「イルピーノ」の店内風景

道産食材の付加価値向上のために・・・事業の安定化と製品化への展開・・・

道産食材を利用した料理を開発する中で、川端社長は料理だけではなく、かねて言われて来た「道産食材の付加価値向上」に繋げる手立ては無いものかとの思いに至った。それは、料理を製品化するビシネスの展開であった。一次生産者との取引安定化に加えて店での事業に物販での事業を加えることにより事業の安定化も図れると考えたのである。

製品化するには、一次生産者や委託加工業者との協力関係構築と販路の開拓が必須であった。特に委託加工業者との協力関係は対外活動の中で得た情報網を活かして構築し、今ではパスタ、ピザ、カレーからハーブソルト等の調味料、ティラミスロールや洋風ドラヤキ等のスィーツまで製品化し、店での飲食事業に匹敵する規模にまでなっている。販路は主に関東・関西の百貨店であるが、製品のコンセプトの良さが知られ、物産展中心に広がっている。

川端社長は、道産食材を使うと価格的に高額となるためどうしても道外への販売となるが、リーマンショック後、消費環境はすっかり変わった。今後は価格面にも配慮した開発と販売が必要との認識で、道産食材の良さをアピールしつつ、価格面への配慮と合わせ販路の多様化に向けた努力に取組む姿勢を示している。海外販路にもチャレンジしたい意向だ。川端社長の今後の手腕に注目したい。

イルピーノ物販1 イルピーノ物販2

▲道産食材でつくる商品のラインナップ        ▲人気のパスタソース

◆会社概要

設立/平成15年(2003年)1月

代表者/代表取締役 川端美枝

資本金/300万円

従業員数/8人(2012年1月現在)

◆沿革

2003年  1月  有限会社 ベル・テンポ設立

2003年  3月  「イタリア料理 イルピーノ」オープン

2004年  3月  上記店内を一部 「わいん居酒屋 いる」 に業態変更

2005年  9月  有限会社 フードアトラス に社名変更

◆主な仕入先

(株)カメハタ

高瀬物産(株)

三本コーヒー(株)

美鈴コーヒー(株)

◆主な取引先

(株)三越伊勢丹ホールデシングス

北海道どさんこプラザ

(株)阪急キッチンエール関西

(50音順)

(2012年1月 取材)