ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

株式会社 ニュートラル(2013年1月取材)

代表取締役 中川健司 氏

〒063-0830
札幌市西区発寒10条14丁目1067-11
TEL 011-667-4551 FAX 011-667-4556
URL http://www.neutral-jp.com/(新しいウィンドウが開きます)

創業について ~無理せず自然に 飾らず素直に~

株式会社ニュートラルは、製パン会社で工場の生産ライン改修、廃水処理設備設置など技術部門に長年携わっていた同社長が独立を志して平成6年に創業した。社名の「ニュートラル」は文字通り ”中立” という意味で、「ユーザー(取引先)」「メーカー」「代理店」の間に立ち、自社技術を活用してそれぞれのニーズに応えるという同社の姿勢を表したものだ。

まず関東事業部を立ち上げ、当初は経験を生かした工場ラインの修理などが中心だったが、営業展開の中で顧客が求める機械装置の改良・制作へと業務分野を拡大している。また、関東圏で得た情報・実績をもとに道内展開への足掛かりにもしていったのである。

主な事業は

・省人、省力化機械設備の設計・制作及び販売

・各種FA機械の製造及び販売・メンテナンス

・原材料・副材・潤滑油・離型油・洗浄剤の販売

・工場付帯設備のサポート

・パン、菓子等の型、天板洗浄・シリコン加工

である。

現在の受注先は道内が7割、道外が3割で、食品と製パン・製菓分野が9割を占めている。取引先から「こんな機械を作ってほしい」という要請に基づいて設計し、必要な部品は外部に発注して社内で電子制御などを組み合わせて機械を完成させるスタイルである。

振り分け装置2-1 new

▲ユーザー(取引先)からの希望を形にした機械を提供している

新製品開発について ~切り幅自動調整機能付丸刃スライサーの開発~

同社は様々な製品を開発しており、その中で今注目すべき製品がある。それは食パンをスライスする機械 「切り幅自動調整機能付丸刃スライサー」 である。

通常は、3斤食パンを一度にスライス(等分割)する装置には、エンドレス刃(帯刃)をドラム間で回転させてスライスするバンドスライサーと直刃を刃枠にセットしてそれをレシプロ動作させスライスするレシプロスライサーがある。菓子や洋菓子等のスライスにはレシプロスライサーが多用され、何れかも関係業界(製パン製菓)では良く知られ広く普及している。

それぞれの装置の特徴について、バンドスライサーは切り幅の任意変更が可能ではあるが、装置が大型で刃の再生が出来ず高価である。レシプロスライサーは、小型で機種も多く比較的安価で刃の再生も可能(交換再生)ではあるが、切り幅の任意変更は刃枠ごと交換することで対応している。

そして両タイプに共通する問題点は、刃先が波刃のため製品カット面が平滑にならず、食感を含む品質に悪影響を及ばすことである。

以前よりこの問題の解決に丸刃(刃先が平滑)にてスライスすることが最適である事は良く知られているが、実際に普及している装置は卓上型の一枚刃の丸刃スライサーのみで、一度に等分割が出来て更に切り幅の任意変更も可能な丸刃スライサーは未だ開発されていなかったのである。

そこで同社は、丸刃にて3斤食パンを一度に等分割すると共に、その切り幅を任意に変更できる装置を開発したのである。構想から開発そして制作まで約2年間かかり、2012年3月には特許出願も完了した。

丸型スライサー丸型スライサー2
▲切り幅自動調整機能付丸刃スライサー

今後について ~スピード感は重要~

同社は今後、丸刃スライサーを主軸にしてメーカーとして良い機械を拡販していくのが目標である。常に新しいもの考えている社長は言う。「困っていない工場はない。何か困ったところにヒントがある。それを改善すると商品が生まれる。」世の中にない物を作り続けていきたい同社は、これまでの通常の業務も引き続き行いながら、取引先のニーズに応えていくのである。

同社には営業専門者はいなく、全技術者が技術営業として取引先を訪問している。「技術者がお取引先を訪れることにより、その場で技術的な話が可能になり、お取引先のニーズにあった機械を提案できる。同時に欲しがっている情報も提供していくことも私たちの仕事になっている。」と社長は言う。

また同社は、常に「迅速な対応、スピード感」を重視している。そうすることで取引先工場の省人・省力化にもつながり、早い納期に対応できるのである。それも技術力として同社は重要視している。「スピードは売り物」これが同社の日常であり基準でもある。今後もスピード感をもって食品機械を開発する同社に引き続き注目していきたい。

解し機00解し機01
▲レーズン解し装置

◆会社概要

創業/平成6年(1994年) 2月

代表者/代表取締役社長 中川 健司

資本金/ 20,000,000 円

従業員数/ 14人(2013年1月現在)

◆沿革

1994年 株式会社ニュートラルを設立

1994年 埼玉県所沢市に関東事業部を開設 食品業界を中心に生産機械のメンテナンスサービスを開始、機械装置の設計、販売開始

1995年 札幌市豊平区美園に北海道事業部を開設 食品業界を中心に営業活動開始、札幌市交通局電車事業所のポイント切り替え装置を受注

1996年 群馬県安中市に安中工場を開設

1997年 本社及び北海道事業部移転

1997年 関東事業部及び安中工場移転

1999年 ホームページ開設

2000年 製パン製菓用天板、型等のシリコン再生開始(委託)

2002年 スモーク装置、かおり付装置設計・制作、ワーク洗浄乾燥装置設計製作及び特許出願

2003年 産業機械事業部開設・北海道事業部移転

2004年 スライス機能付トースター設計・制作及び特許出願

2005年 スライス機能付トースター特許取得、モーターレスサイドコンベア設計・制作、製パンクーリングプラント工事施工

2006年 簡易食型クリーナー設計・制作、トッピングコンベヤ設計・制作、テーマパークモニュメント施工、製パン工場建築工事及び製造設備施工

2007年 資本金15,000,000円に増資

2009年 資本金20,000,000円に増資、自動袋開封搬送設備、設計・制作

2010年 和菓子工場新設及び関連設備販売、洋菓子生産設備販売

2011年 オーブン入口コンベア新設工事、製パン工場発酵室更新工事、カットピッチ自動調整付丸刃スライサーの設計・制作及び特許出願

◆取引先

株式会社一守屋

株式会社エフビーエス

小樽製パン株式会社

株式会社関越物産

株式会社キタジマ

北島製パン株式会社

株式会社きのとや

京田食品株式会社

株式会社銀座コージーコーナー

有限会社銀座屋

株式会社札幌キムラヤ

札幌市役所(債権者コード21047)

株式会社札幌パリ

株式会社サンフレッセ

株式会社壺屋総本店

株式会社十勝大福本舗

株式会社とんでん

株式会社とんでん製菓

株式会社なんしん

日糧製パン株式会社

株式会社日本レストランエンタプライズ

株式会社ノーザンホースパーク

有限会社林製パン工場

フジフーズ株式会社ベーカリー

株式会社北欧

株式会社北燦食品

株式会社北海道コクボ

株式会社北海道サンジェルマン

株式会社ホクビー

ホクレン農業協同組合

本間製パン株式会社

丸茂食品株式会社

株式会社武蔵野

株式会社もりもと

矢崎化工株式会社

山崎製パン株式会社

横山食品株式会社

株式会社柳月

株式会社ロイズコンフェクト

六花亭製菓株式会社

株式会社ロバパン

株式会社わかさいも本舗

株式会社わかさや本舗

(五十音順)

(2013年1月取材)