ホーム > 札幌の元気企業 > 50音別索引

札幌の元気企業

豊栄建設株式会社(2013年8月取材)

代表取締役社長 古澤 政治 氏

代表取締役社長 古澤 政治 氏
札幌市中央区北6条西11丁目(本社事務所)
TEL:011-219-5855(代表)
FAX:011-219-7999
URL http://www.hoei999.co.jp/(新しいウィンドウが開きます)
LABO外観

HOUSING LABO SAPPORO

創業の経緯

 豊栄建設株式会社は札幌市中央区にある注文住宅・建売などを手掛けるハウスメーカーである。同社社長の古澤氏は、設立前に札幌市内の建設会社で勤めていた。そこで学んだ知識を生かし、当時担当していた大工6名を連れ24歳という若さで独立した。設立当初は大手ハウスメーカーの下請けとして10年ほど施工を行いつつ、企業として様々なノウハウを吸収し徐々に自社商品の販売にも取りかかっていった。平成に入ってからは自社商品のみに絞り、平成8年に企画住宅「チャレンジ999シリーズ」を発表。今までの曖昧でわかりづらかった注文住宅を、明確な値段かつローコストで提示するという画期的な商品だった。新しい試みであった企画住宅「チャレンジ999シリーズ」は幾多の苦難はあったものの進化し続け、平成14年に現在のフリープラン「チャレンジ999」が誕生、そのシリーズを増やしていった。今では豊栄建設といえば「チャレンジ999」と、その名は広く知れ渡っている。
 同社は平成20年にビル2棟7フロアを持つ大型ショールーム「HOUSING LABO SAPPORO」を開設。水回り設備や外観部材、内装仕様などを展示している。ここで「チャレンジ999」の標準仕様やオプション品を実際に触れて機能を確かめることができ、オプション品にかかる差額などの価格も明確に提示している。また、暮らしにまつわる洋書や雑誌が閲覧できる情報図書館やカフェスペース、キッズルームなども併設されている。
 同社は平成23年・平成24年ともに年間戸建棟数札幌市内No.1(*1)を達成している。

(*1) 住宅通信社調べ住宅確認申請件数より

フリープラン「チャレンジ999」

フリープラン「チャレンジ999」

同社が実現した企画住宅からフリープラン「チャレンジ999」の歩み

 フリープラン「チャレンジ999」は建物本体価格を999万円(税別)とした自由設計の注文住宅プランだ。建築延床面積が31坪(102.68㎡)~35.5坪(117.59㎡)までの広さであれば、標準仕様の部材と設備を使って自由なプランニングが可能になっている。大元となった企画住宅「チャレンジ999シリーズ」を発表する前は、注文住宅の定価があるようでなかった時代だった。古澤社長は、「注文住宅を建てたいと思っても、価格の点で曖昧な部分が多く不安に思う方がたくさんいるのではないか」と考えた。そこで予め価格をしっかりと提示し、誰が見ても内容がわかる商品を企画した。価格も1千万円を切るものを、と3つの9でサンキューとゴロのいい999万円とした。この価格で可能な限り良質なものを提供できるよう、検討に検討を重ね時間をかけ開発に取り組んできた。価格面で難しい問題もあったが、「たとえこの商品を出すことで損をすることがあったとしても、企業として得るものが間違いなくあるはず」古澤社長の強い思いで企画を突き進めた。そして平成8年、同社がチャレンジした企画住宅「チャレンジ999シリーズ」を発表した。発表後の反響はすごかった。その後も改良を重ね同シリーズの他商品を発表、平成14年には現在の主力商品であるフリープラン「チャレンジ999」を発表。標準仕様は、キッチン一つとっても5つないし6つのメーカーから選択できるようにし、グレードを上げた場合にかかる価格も明確に提示している。建築の技術も日々進化しているため、常に最新のものを提供できるよう検討を重ねている。近年の進化では、断熱材の変化がある。従来はグラスウールを使用していたのを、より高性能な断熱性能を持つ硬質ウレタンフォームに変更した。グラスウールよりも熱伝導率が低く、温度変化による影響を受けにくいため高い断熱性能を持つ。もちろん価格は据え置きだ。

ウレタン断熱パネル

ウレタン断熱パネル

未来を見据え、新たなチャレンジを

 少子化の流れを受け住宅の需要は減りつつある。また建築の技術自体も進化し続け、昔は25年30年での建て替え需要があったが、現在は50年住宅といわれ、長い周期での建て替えとなっている。これから新たに住宅を、という需要が減っていくことを考え、同社ではいまリフォームや中古物件の流通に力を入れ始めている。また、新築物件でもよりいい商品を安く提供できるよう今後も進化し続けていく。
 古澤社長は語る。「札幌で生まれ、札幌で育ち、札幌で会社を立ち上げてずっとやってきました。札幌、北海道に応援していただいたという思いが強くあります。住宅を通じ、また住宅にまつわる物で、快適に暮らせる空間を提案し続けたいと思います。札幌自体が発展していく大事な部分の一端を担っていると感じていますので、一歩一歩でも札幌に恩返しをしていきたいと思っていますし、そういったことを考えられる企業に成長してこれたと感じています。また今後も企業を成長させていくことにより、雇用を増やし少しでもいい人材を育て、地域にも貢献できればと願っています。札幌で生まれた企業として、恥ずかしくないよう今後も成長して行きたいと考えています」明日の札幌、北海道で快適に暮らせる空間を提案できるよう、同社はこれからもチャレンジし続けていく。
 

キッチンDSC_5071  居間DSC_4918

企業データ
◆会社概要

■創業/1978(昭和53)年2月1日
■代表者/代表取締役社長 古澤 政治
■資本金/2,000万円
■従業員数/ 営業18名、施工管理8名、設計13名、コーディネイト7名、アフター3名、大工50名、事務8名

◆沿革

1978年(昭和53)年 2月  創業
1996年(平成 8)年10月  企画住宅”チャレンジ999シリーズ” 発表
1998年(平成10)年12月 ”チャレンジ888・1555シリーズ” 発表
2000年(平成12)年 4月 社屋を中央区、桑園地区に移転
2001年(平成13)年 7月 お引渡し棟数1,000棟 達成
2002年(平成14)年 4月 ”フリープラン チャレンジ999″ 発表
2002年(平成14)年 9月 三階建て”1399シリーズ” 発表
2003年(平成15年)   コンセプトモデルハウス発表
2004年(平成16年)   ショールーム”フェアプレース”オープン
2007年(平成19年)   スキップフロア”1177シリーズ”発表
2008年(平成20年)   新ショールーム”ハウジングラボ サッポロ”オープン、社屋を現在地に移転
2009年(平成21年)   道新チラシ大賞受賞
2010年(平成22年)   道新チラシ大賞受賞(2年連続)
2011年(平成23年)   2010年、年間戸建棟数札幌市内NO,1達成(住宅通信社調べ住宅確認申請件数より)
2012年(平成24年)   2011年、年間戸建棟数札幌市内NO,1、2年連続達成(住宅通信社調べ住宅確認申請件数より)
2012年(平成24年)   宮城県、石巻支店開設
2012年(平成24年)   手稲区前田に稲積パークヴィレッジOPEN

(2013年8月取材)