札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2010年11月25日

北海道大学情報基盤センター&東京藝術大学芸術情報センター 共同研究シンポジウムのご案内

12月 6日 (月) に、北海道大学情報基盤センターに於いて、「広域分散プライベートクラウド」に関するシンポジウムを開催致します。どなた様でもご参加いただけます。

■序
クラウドコンピューティングは現在非常にホットなトピックスではありますが、エンタープライズ向けのパブリッククラウドだけでなく、拠点内でのプライベートクラウドにも注目が集まっています。

東京藝術大学芸術情報センターと北海道大学情報基盤センターは、プライベートクラウドを広域分散で展開することを目的とした共同研究を推進しています。
大学間や地域間をネットワークで結合し、巨大な広域分散プライベートクラウドを構築することで、芸術系コンテンツや地域系コンテンツ、自然科学系コンテンツを学際横断的に共有して新たな研究シーズや表現の発掘を目指そうとするものです。

そこで、このたび北海道大学情報基盤センターにて、大学でのクラウドの動向や、プライベートクラウドのための要素技術、そして広域分散系の枠組みを持続させる取り組みについて議論し情報を共有するため、シンポジウムを開催致します。
大学間・地域間クラウドや地域情報化に興味のある方等々、是非奮ってご参加下さい。

用意する資料数や会場設営規模の把握のため、参加ご希望の方はお手数ではありますが柏崎(reo@noc.geidai.ac.jp) まで、お名前、ご所属、懇親会への参加可否をお知らせいただければ幸いです。

日 時: 2010 年 12 月 6 日 (月) 13:00 ~ 18:30 (受付 12:00~)
会 場: 北海道大学情報基盤センター北館 4F 会議室
(北海道札幌市北区北11条西6丁目)
参加料: 無料 (懇親会は有料)

プログラム:
■ 受付 (12:00~13:00)

■ 第一部 (13:00~14:30)「大学でのクラウド・情報化動向」

1.「北海道大学アカデミッククラウドのグランドデザイン」
棟朝 雅晴 (北大)

2.「西日本地区における電子情報の大学間相互保持に向けた取り組み」
西村 浩二 (広大)

3.「IAMAS でのクラウド利用状況と近隣動向との連携」
石田 亨 (IAMAS 情報科学芸術大学院大学)

(14:30~14:45 休憩)

■ 第二部 (14:45~16:15)「プライベートクラウドを支える技術」

1.「クラウドコンピューティングがもたらした、コンピューティング
アーキテクチャの変化」
中川 郁夫 (インテックシステム研究所)

2.「HOTnet の仮想化サービスについて」
馬場 聡 (北海道総合通信網株式会社)

3.「オーバーレイを利用した分散スイッチング ~TPクラウドの場合~」
小林 悟史 ((株)ネクステック)

4.「仮想計算機のグローバル ライブ マイグレーションとクラウド環境
への応用」
近堂 徹 (広大)

(16:15~16:30 休憩)

■ 第三部 (16:30~18:00)

パネルディスカッション「広域分散クラウドと持続性・ビジネス」

コーディネータ
・菊池 豊 (高知工科大学)

パネリスト
・中川 郁夫 (インテックシステム研究所)
・大石 憲且 ((株)ネクステック)
・馬場 聡 (北海道総合通信網株式会社)

企業内や研究組織内だけで完結するプライベートクラウドではなく、広域に分散した拠点同士が参加・脱退を繰り返しながらゆるやかに存続し続けるプライベートクラウドを実現させるためにはどういったアプローチがありえるか、国からお金を獲得し続ける以外の方法で持続する方法があるのか、ビジネス的な側面ほか様々な視点から議論を行う。

■懇親会 (18:30~)

本件に関するお問い合わせ:
東京藝術大学 芸術情報センター: 柏崎 礼生
E-mail: reo@noc.geidai.ac.jp (←この「@」は全角で記載しています)  
Tel: 050-5525-2473
投稿者:提供情報掲載
リンク先URL: