札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2010年12月24日

組込み研修会「Androidアプリ実践開発入門」の受講者を募集

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
組込みシステム技術研修コース
「Androidアプリ実践開発入門」 募集案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

~ 小型タブレット端末で 今すぐ実践 ~

Android(アンドロイド)は、米Google社が携帯電話やインターネット端末を
主なターゲットとして開発した、Linuxベースのモバイル・オープンソースOS、
ミドルウェア、アプリケーションからなるプラットフォームです。
これまでの複雑な組込み環境とは異なり、少ない投資で簡単に組込み
システムの開発が可能になりました。

本研修では、実際に小型のタブレット端末を使って、Android開発環境の
構築からJavaアプリケーション開発、インストールまでの一連の開発手法を
学ぶ事ができます。 さらにデバイス拡張や、高速化の際に必要となる
ネイティブコード・ライブラリの開発手法について、一歩踏み込んだ組込み
開発を体験頂けます。
組込みソフトウェア開発エントリー者だけでなく、Androidにまだ触れた
ことの無い組込み系エンジニアにも学習できる内容となっておりますので、
多くの皆さまに参加をおすすめ致します。

--- 実施概要 ---

下記URLにも記載しております。
http://www.sapporo-it-pro.jp/AttachedFile.aspx?id=154&c=0

日程・参加定員:
第3回目 平成23年 1月17日(月) ~ 18日(火)の2日間 定員 10名(先着順)
第4回目 平成23年 1月19日(水) ~ 20日(木)の2日間 定員 10名(先着順)

主催:財団法人さっぽろ産業振興財団

場所:札幌市エレクトロニクスセンター 2階 研修室
札幌市厚別区下野幌テクノパーク1丁目1-10

講師:トライポッドワークス株式会社
プロジェクト・マネージャ 渋谷 義博 氏、庄司 豪 氏、梶原 道人 氏

受講料:無料 (北海道経済産業局の補助により実施しております)

参加条件:下記の実習用のAndroid端末 及び 図書が必要となります。
お手元に無い場合には、当日、会場にて有償頒布致します。

(1)「Google Androidアプリケーション開発入門」木南 英夫 著(日経BP社)
(当日有償頒布も致します。 3,150円)

(2)実習用タブレット型Android端末 ZT-180型 愛称:e-Pad ZENITHINK社製
(当日有償頒布も致します。 20,000円)

【ご注意】
携帯電話会社が一般に市販しているAndroid仕様の携帯電話機でも、一部の
実習内容については、受講者の自己責任で可能ではありますが、これは、
本研修では、推奨いたしません。 (万が一、お持ちの携帯電話機が故障、
動作不具合、データ消滅などを起こした場合には、販売店(工場)送りの
修理になる事態が考えられますので、このリスクは、お含みおき下さい)。

その他教材:
(3)組込み研修用テキスト(教科書)(主催者側にて用意致します)
(4)プログラム開発用ノートパソコン(主催者側にて用意致します)

研修プログラム
(12月14日~の第1回目及び12月16日~の第2回目と、同じ内容です)

1日目
10:00~10:10 ■オリエンテーション
10:10~11:00 ■組込みシステム開発とは
・組込みシステム開発の動向 ・Google Androidとは
11:00~12:00 ■開発環境構築
・Android SDK ・JDK、Eclipse
(昼休み)
13:00~15:00 ■アプリケーション開発演習1
・サンプルアプリケーション開発
15:00~17:00 ■アプリケーション開発演習2
・カメラアプリケーション開発

2日目
10:00~12:00 ■開発環境構築
・Android NDK (Native Development Kit)
(昼休み)
13:00~16:45 ■ネイティブコード開発演習
・画像処理ライブラリ開発 ・JNIインターフェース
16:45~17:00 ■質疑応答、サポート

* 休憩は進捗に応じ随時とります。 * 内容は変更になる可能性があります。

その他
有償頒布する端末及び図書の数量は限定です。(3回目、4回目:計20台)
なお、本研修の1回目、2回目を受講するなどして、『実験用途として』
利用できるAndroid端末や図書を所有されている方は、自社所有の端末及び
図書を持ち込んで実習をする事も可能です。

参加申込
下記フォームに記載の上、it-pro@sec.or.jpまで「返信」を願います。

-------------「Androidアプリ実践開発入門」申込フォーム-------------

参加希望日 (□を■に変えて下さい):□3回目(1/17~) または □4回目(1/19~)
氏名(ふりがな): ( )
企業・団体名:
所属(役職): ( )
連絡先(E-mail): @
連絡先(TEL): - -

Android端末の頒布希望:
□ Yes(実費がかかります。20,000円)
□ No → 参加者自身でAndroid端末を持参します。

「Google Androidアプリケーション開発入門」(日経BP社)」の頒布希望:
□ Yes(実費がかかります。3,150円)
□ No → 参加者自身でテキストを用意し持参します。
-------------------------------------------------------------------

本件に関する申込・問合先
財団法人さっぽろ産業振興財団 情報産業振興部 北田
E-mail:it-pro@sec.or.jp TEL 011-807-6000 FAX 011-807-6005
投稿者:財団法人 さっぽろ産業振興財団