札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2011年08月03日

「目で見る北海道貿易2011」の取りまとめについて

 北海道経済産業局では、この度「目で見る北海道貿易2011」を取りまとめました。
 本資料は、財務省の「貿易統計」をもとに、北海道貿易に関する統計データを視覚化し、北海道貿易の現状をわかりやすくとらえることを目的として取りまとめたものです。

本資料の構成

目次
北海道と全国の貿易の現状
貿易品目別の輸出入状況
北海道の主な品目別貿易相手国・地域
主な貿易相手国・地域
北海道の主要貿易相手国・地域との貿易概況
トピック
データに見る東日本大震災の影響

参考
 「目で見る北海道貿易2011」のポイント
2010年の北海道の貿易額は、輸出が13.0%増の3,048億円、輸入が26.1%増の1兆1,512億円となり、輸出入額ともに前年を上回ったが、全国の貿易額と比較すると、輸出で0.5%、輸入で1.9%と極めて小さな割合。
輸出額では「自動車の部分品」、「船舶」、「原動機」、「鮮魚及び冷凍魚」が増加、輸入額では「原油及び粗油」が増加。
北海道の輸出相手国は、韓国が最も多く、次いで中国、アメリカの順。輸入相手国は、産油国のアラブ首長国連邦、サウジアラビアが1位と2位を占める。
東日本大震災の影響では、食料品輸出の9割以上を占める水産物について、震災後、中国向けの「サケ」などを中心に落ち込み。


詳しくは、http://www.hkd.meti.go.jp/hokia/medemiru11/index.htm?rss=true&date=20110803



経済産業省北海道経済産業局 産業部 国際課
TEL.011-709-2311|内線:2605~2606|FAX.011-709-1798
E-mail:hokkaido-kokusai@meti.go.jp
投稿者:RSS自動巡回