札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2011年09月08日

東アジアの国際生産ネットワーク:モノの貿易から「価値」の貿易へ

近年、東アジアにおける生産ネットワークは国境を越えて展開し、その国際分業体制はますます複雑化の様相を呈しています。生産工程は細分化され、より多くの国が、一つの製品へと連なるサプライチェーンに組み込まれています。最近では、「日本製」や「中国製」というように特定の国で生産される製品よりも、もはや「アジア製」とでも言うべき製品を手にすることの方が多いのではないでしょうか。

このような変化を受け、いま、多くの国際機関で貿易の新たな計測方法を模索する動きが見られます。そのキーワードが「付加価値貿易」です。「付加価値貿易」とは、製品をその生産工程ごとに分解し、各工程で付加価値の源泉を問うことによって、貿易収支における輸出国・輸入国の関係を再構築するものです。たとえば、中国の輸出品はもっぱら他の東アジア諸国が供給する部品・原材料を用いて生産されているので、付加価値ベースで見ると、その少なからぬ部分について国外にオリジンがあると考えられます。

ジェトロ・アジア経済研究所は、一昨年より世界貿易機関(WTO)と共同研究を進め、去る6月にその成果を報告書『東アジアの貿易構造と国際価値連鎖:モノの貿易から価値の貿易へ』として出版しました。今般、本書の日本語版を発刊するにあたって、WTOと公開シンポジウムを共催します。

WTOからはアレハンドロ・ハラ事務次長が参加するほか、共同研究成果の報告とともに、国際機関、日本政府および有識者によるパネルディスカッションを実施します。「付加価値貿易」概念の紹介とその政策的インプリケーション、ことに貿易収支に対するインパンクトについて、分析結果を報告します。通商政策形成におけるこの新たなアプローチの可能性と、日本と諸外国、そして国際機関との連携のあり方について、専門家による幅広い議論を行います。

皆様のご参加をお待ちしております。


開催日時
2011年10月19日 (水曜) 14時00分~18時00分(開場13時00分~)

会場
政策研究大学院大学(GRIPS) 想海樓ホール 
(東京都港区六本木7-22-1)
最寄り駅:
都営大江戸線六本木駅から徒歩5分
東京メトロ日比谷線六本木駅から徒歩10分
東京メトロ千代田線乃木坂駅から徒歩6分


使用言語
日本語、英語(日英同時通訳あり)

主催
ジェトロ・アジア経済研究所、世界貿易機関(WTO)

後援
政策研究大学院大学


参加費
無料

定員
250名 (先着順。定員になり次第、締め切らせて頂きます)

お申し込み方法
以下のオンライン、もしくはFAXでお申し込みください。
※お申し込み受付後、「参加証」を送付します。参加証は当日受付にご提出ください。

■ オンラインでのお申し込み
受講のお申し込み

■FAXでのお申込み
添付のPDFファイルにご記入の上FAX(043-299-9726)にてお申し込みください。
PDF(お申込書) pdf (683KB)

お申し込み締切
2011年10月14日(金曜)17時まで
(ただし、お申込が定員に達した際にはご参加をお断りさせていただくことがございます。その際はお断りする方にのみ事務局から連絡申し上げます。)

お問い合わせ先
ジェトロ・アジア経済研究所 研究支援部 成果普及課(担当:橋本、小林)
Tel:043-299-9536 FAX:043-299-9726

詳しくは http://www.ide.go.jp/Japanese/Event/Sympo/111019.html?ref=rss


投稿者:提供情報掲載