札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2011年10月19日

貿易円滑化事業(輸出品の放射能検査)の受託期間が延長になりました

 平成23年度貿易円滑化事業について、弊財団において6月22日から補助事業を開始しておりますが,その実施期間を11月30日まで延長することとなりましたのでお知らせします。

 本補助事業は、経済産業大臣が指定する検査機関が行う輸出品の放射線量検査に要する経費の一部を国が補助するもので、最大で費用の90%が補助されます。

 詳細はこちら(PDF:356KB)をご確認下さい。

【概要】
対象品 日本から海外へ輸出される貨物
検査項目 ヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137
検査結果 英文報告書(Certificate of analysis)を1通発行します。
実施期間 平成23年6月22日 ~ 平成23年11月30日※
 ※当該期間内に受付し,かつ成績書発行が行えたものが対象となります。
  但し、期間内でも予算がなくなり次第終了しますので、予めご了承下さい。
補助率 中小企業     90 %補助
中小企業以外   50 %補助
 但し、減額される金額(補助金)の上限は1回あたり10万円までとなります。


詳しくは http://www.jfrl.or.jp/news/2011/09/post.html

財団法人 日本食品分析センター
千歳研究所

〒066-0052
北海道千歳市文京2丁目3番
TEL:0123-28-5911(代)
FAX:0123-28-5921
投稿者:提供情報掲載