札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2012年01月18日

「抗酸化値による北海道産品マーケティングシンポジウム」の開催について~抗酸化値を活用した食品の高付加価値化~

 北海道経済産業局および公益財団法人北海道科学技術総合振興センターとともに、2月2日(木)に「抗酸化値による北海道産品マーケティングシンポジウム」を開催します。
 本シンポジウムでは、抗酸化値を活用した食品の高付加価値化に関する取り組みについて報告するとともに、関係事業者と連携した今後の取組みとその課題についてパネルディスカッションを行います。
 *抗酸化値(ORAC)とは、米国農務省と米国立老化研究所により開発された分析手法で、野菜・果物などの食品や加工品の抗酸化力(酸化を抑える作用)を示した数値。
 *ORAC値についての説明と、野菜・果実等の摂取量との関係についてはこちらをご覧ください。
「抗酸化値(ORAC値)」について(PDF形式/300KB)

■開催概要
【日時】
平成24年2月2日(木)13:30~17:20
【会場】
札幌アートホテルズ 2F ポプラ(札幌市中央区南9条西2丁目2-10)
【対象】
生産事業者、流通・小売事業者、外食・観光事業者、関心のある一般の方等
【定員】
80名(先着順、定員になり次第締め切ります。)
【参加費】
シンポジウム:無料、 交流会:3,000円

■プログラム
<第1部>講演「北海道発!抗酸化値を活用した食品ブランディング」
13:40~14:20
(1)科学者の目をもった八百屋の取り組み-野菜を「抗酸化力」「免疫力」「解毒力」で販売する-
 デザイナーフーズ(株)代表取締役社長 丹羽 真清 氏
14:20~15:00
(2)北海道の抗酸化値データベース構築の取り組み
 旭川医科大学 教授 若宮 伸隆 氏
15:00~15:40
(3)抗酸化値を活用したマーケティング事例の研究&提案
 (株)テクノアソシエーツ ヴァイス・プレジデント 加藤 芳男 氏

<第2部>パネルディスカッション「抗酸化表示を活用して道産品の魅力をどう伝えるか」
15:50~17:20
モデレーター
 三重大学 教授 西村 訓弘 氏
パネリスト(予定)
 デザイナーフーズ(株)代表取締役社長 丹羽 真清 氏
 旭川医科大学 教授 若宮 伸隆 氏
 池田ブドウ・ブドウ酒研究所 製造課 課長 内藤 彰彦 氏
 (株)テクノアソシエーツ ヴァイス・プレジデント 加藤 芳男 氏

懇親・交流会
17:40~19:00
札幌アートホテルズ レストラン(会費3,000円アンチエイジングメニュー)

■申込方法
 「企業・団体名、所属・役職、氏名、電話番号、E-mailアドレス、交流会の出欠」を明記の上、以下の申込先までE-mail又はFAXにてお申し込みください。
※ご提供いただいた情報は、本イベント開催の目的以外には一切使用いたしません。

■申込締切:平成24年1月27日(金)

【申込先】
 公益財団法人北海道科学技術総合振興センター クラスター研究部
 担当:工藤、藤根
 TEL:011-708-6392
 FAX:011-747-1911
 E-mail:fujine@noastec.jp


詳しくは、http://www.hkd.meti.go.jp/hokio/20120118/index.htm?rss=true&date=20120118



経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 バイオ産業課
TEL.011-709-2311|内線:2554~2555|FAX.011-707-5324
E-mail:hokkaido-bio@meti.go.jp
投稿者:RSS自動巡回