札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2012年02月20日

《更新》北海道における重大製品事故の発生概況の公表について

 北海道経済産業局では、道内における重大製品事故の内訳2ヶ月分を定期的に公表しております。
 2011年11月から12月の2ヶ月間に全国で発生した重大製品事故は226件、うち道内では20件発生しています。全国ベースでは前年同期比1.3倍、北海道については前年同期比2.0倍となっています。
 (今後、第三者委員会で精査され正式な報告件数が決まります。)

道内の主な事故例
 1.石油温風暖房機(密閉式)
当該製品に点火したところ、当該製品から発煙し、当該製品を焼損する火災が発生した。当該製品内部及び排気筒にタール・カーボン等が大量に付着していた状況を含め、現在、原因を調査中。(2011/11/9発生)
 2.石油ストーブ(密閉式)
当該製品及び周辺が焼損する火災が発生し、1名が死亡した。当該製品の電源プラグとコンセントの接続部でトラッキング現象(絶縁破壊による短絡)が発生した可能性又は屋内配線で漏電等が発生した可能性も含め、現在、原因を調査中。(2011/11/22発生)
 3.ガスこんろ(都市ガス用)
当該製品の点火操作を繰り返したところ、当該製品から出火する火災が発生し、当該製品を焼損、1名が火傷を負った。事故前から当該製品が着火不良をおこしていた状況も含め、現在、原因を調査中。(2011/12/8発生)
 4.除雪機(歩行型)
当該製品をバックさせて倉庫に入れようとしたところ、倉庫と当該製品の間に挟まり、1名が死亡した。現在、原因を調査中。(2011/12/23 発生)

 詳細はこちらをご覧ください。
  ⇒http://www.hkd.meti.go.jp/hokih/hkd_jiko/index.htm?rss=true&date=20120220



経済産業省北海道経済産業局 産業部 消費経済課 製品安全室
TEL.011-709-2311|内線:2612|FAX.011-736-9627
e-mail:hokkaido-shohi@meti.go.jp
投稿者:RSS自動巡回