札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2012年04月18日

平成24年度札幌市次世代自動車購入等補助制度の受付を開始しました

 次世代自動車は、排出ガスがよりきれいで、エネルギー消費効率の高い環境性能に優れた自動車です。
 札幌市では、平成20年7月に閣議決定された「低炭素社会づくり行動計画」などを受け、電気自動車やハイブリッド自動車(プラグインハイブリッド自動車を含む)、燃料電池自動車、水素自動車、ジメチルエーテル自動車、天然ガス自動車、クリーンディーゼル自動車、ディーゼル代替LPG車、バイオマス由来燃料自動車を次世代自動車と位置づけ、普及を図っております。
 また、平成23年3月に策定した「札幌市温暖化対策推進ビジョン」では、1990年比で2020年までに温室効果ガス排出量を25%削減する方策の一つとして、運輸部門からのCO2排出量を58万トン削減することを掲げており、関係機関や車両メーカー等と協力し、補助制度や融資あっせん制度の運用、車両展示イベント、各種説明会等の開催、参加、本市公用車への率先導入などにより次世代自動車の普及に努めております。

■札幌市次世代自動車購入等補助制度
 <平成24年4月18日から平成25年2月28日まで受付>
 市民、事業者が、次世代自動車(EV、HV、PHV、NGV)を新車で購入・リースにて導入する場合(市民はEVに限る)、国等が定めた通常車両価格との差額の10分の1を補助しております。また、平成11年度以前の車を廃車する場合は、さらに補助金を上乗せします。
平成23年度補助実績:105台(内訳 EV:17台、PHV:4台、HV:72台、NGV:12台)
 制度の詳細については、「札幌市次世代自動車購入等補助制度について」のページをご覧ください。
  ⇒http://www3.city.sapporo.jp/download/shinsei/search/procedure_view.asp?ProcID=2132

■札幌市環境保全資金融資あっせん制度(※平成24年度の受付を5月7日(月曜日)から開始します)
 <平成24年5月7日(月曜日)から12月14日(金曜日)まで受付>
 市民の方や中小企業者の方が次世代自動車を購入、充電設備を設置する場合などに、市民の方は100万円、中小企業の方は2,000万円を上限として、原則無利子の融資をあっせんしています。
 制度の詳細については、「札幌市環境保全資金融資あっせん制度について」のページをご覧ください。
  ⇒http://www.city.sapporo.jp/kankyo/zidousya_kankyo/yushi.html


詳しくは、http://www.city.sapporo.jp/kankyo/zidousya_kankyo/teikougaisya.html



お問い合わせ
 札幌市環境局環境都市推進部環境計画課
 〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階
 電話番号:011-211-2877
 ファクス番号:011-218-5108
投稿者:RSS自動巡回