札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2012年08月14日

技術移転交流セミナー開催レポート

 経済産業省北海道経済産業局及び札幌市では、8月7日(火)に、札幌コンベンションセンターにて「技術移転交流セミナー」を開催しました。
 その開催結果を以下のとおりまとめましたので、お知らせします。

■実施概要
 【日時】
平成24年8月7日(火)14:00~16:00
 【場所】
札幌コンベンションセンター・小ホール
(札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1)
 【主催】
経済産業省北海道経済産業局、札幌市
 【参加者】
  170名

■プログラム
 『開放特許をビジネスに活かすには』
  富士通(株) 知的財産権本部 ビジネス開発部長 吾妻 勝浩 氏
 『開放特許を活用した事例紹介』
  (株)末吉ネームプレート製作所 代表取締役社長 沼上 昌範 氏
  札幌エレクトロプレイティング工業(株) 代表取締役 嶋村 清隆 氏

■セミナーの模様
 【富士通(株) 吾妻 勝浩 氏】
  開放特許移転を成功させるための同社の取組紹介、ビジネスを進めるためには特許だけではなく、人を繋ぐネットワークと情報が重要であるということを、熱意にあふれ且つわかりやすくご講演いただきました。
 【(株)末吉ネームプレート製作所 沼上 昌範 氏】
  開放特許導入により、製品開発にかかる時間及び資金負担軽減を実現し、下請企業から自社製品販売企業への転換を図った同社の事例について、また知財コーディネーター活用の有効性を、わかりやすくご講演いただきました。
 【札幌エレクトロプレイティング工業(株)嶋村 清隆氏】
  高機能抗菌メッキ技術を北海道企業の需要・特性に合わせ応用し、多くの高付加価値製品を生み出している同社の事例について、わかりやすくご講演いただきました。
 【会場の様子】
  多くの皆様にご来場いただき、会場はほぼ満席となりました。参加された皆様は、開放特許の活用事例や事例紹介に熱心に耳を傾けていました。

■参加者の声(アンケートから抜粋)
  自社で製品開発をすると時間・費用が必要ですが、開放特許を活用することで短期間で製品開発ができることがわかりました。
  大企業がビジネスとして開放特許移転を行っていることを初めて知りました。自社で活用できないか検討します。
  開放特許導入までのプロセスを具体的に説明していただき、わかりやすかったです。9月の技術移転マッチングにも参加したいです。

■今後のイベント開催予定
 経済産業省北海道経済産業局及び札幌市では、9月5日(水)に、「技術移転マッチング」を開催します。
 当イベントでは、大企業が持つ開放特許の紹介及び道内中小企業とのマッチングを目的とした相談会を行います。新製品開発や新規事業創出のきっかけとして、ぜひご参加ください。
 詳しくはこちらをご覧ください。
  技術移転マッチングの開催について~大企業の「知」(特許)と中小企業の「技」を結びつける~
   ⇒http://www.hkd.meti.go.jp/hokip/20120806/index.htm


詳しくは、http://www.hkd.meti.go.jp/hokip/20120814/index.htm?rss=true&date=20120814



経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 産業技術課 特許室
TEL.011-709-2311|内線:2586|FAX.011-709-1786
E-mail:hokkaido-tokkyo@meti.go.jp
投稿者:RSS自動巡回