札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2012年09月18日

【イベント開催】イノベーションを起こすビジネスモデルの作り方

新しいビジネスを始める時、既存ビジネスをさらに広げようとする時など、ビジネスを推進するには常に課題と向き合うことになります。
そのような時、自分たちがどのような状況に置かれているか把握することや、プロジェクトメンバーや仲間、職場の社員とどのように意思の疎通を行うかなどが課題になるケースも多くあります。知識も経験も違うメンバーでの活動において、ある手法に基づき活動することには、これらの課題への有効なアプローチの一つです。
「ビジネスモデルキャンバス」という手法は、ビジネスを推進する上での必要最小限の切り口と考えるためのフレームワークを提示してくれます。

「ビジネスモデルキャンバス」の手法を学ぶことで得られるものとして
1)ビジネスという主題を体系だった方法で分析することができる
2)モデル化(見える化)することにより、共通の認識を獲得できる
3)他のビジネスを同一手法で表現することで、要素を取り入れられるようになる
などがあります。

このワークショップでは、手法の紹介を行うとともに、
さまざまな実例をとおして、使いこなすためのポイントを
実際に自身の経営に活かしている話題提供者から語っていただきます。

ビジネス以外にも、チーム運営のために方向性を共有する必要がある方々や、個人のキャリア戦略にも活かしている事例もありますので、
ご興味のある方は是非ともご参加ください。

日 時:2012年10月2日(火)18:30~
場 所:さっぽろ大通コワーキングスペース ドリノキ
(札幌市中央区南1西4 日之出ビル9階 http://goo.gl/maps/RSjql)
参加費:1,500円
話題提供者:吉田雄哉 (株式会社co-meeting取締役)
定 員:25名
参加申込facebookページ:http://goo.gl/GX2ym



【参 考】
・ビジネスモデルジェネレーション 日本語公式ページ
http://www.shoeisha.co.jp/biz/bmg/


<話題提供者プロフィール>
吉田雄哉 株式会社co-meeting 取締役CTO
主にインフラ面とRuby on RailsによるWeb開発を担当している。
「パブリック クラウド エバンジェリスト」と名乗り、クラウドコンピューティングに関するベンダーを超えた講演/執筆/コンサルテーションを行っている。
また、秋田県横手市にて横手商工会議所や地元企業を中心とした次世代IT人材育成と地域IT化をめざす「ITエースをねらえプロジェクト」に参画し、ビジネス創出についての講師を担当している。

【参考:「ITエースをねらえプロジェクト」における告知サイト】
http://www.yokotecci.or.jp/itap/

講演実績
●IPAクラウドセキュリティ勉強会「パブリッククラウドの使い方」
●ASTEM(京都高度技術研究所)主催「京都クラウド・ビジネス研究会」
●IT Initiative Day 2012 特別講演「情シス出身SaaSスタートアップ企業が語る、クラウドインフラの事業者に求めるビジネス要件」
その他、IT企業主催のプライベートセミナーや地方経済産業局主催セミナーの講師として数多くご講演をさえて頂いております

執筆実績
●100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著、君のために選んだ1冊 (ともに共著 翔泳社)
など、その他IT雑誌に多数執筆。



◆株式会社co-meetingについて
自社サービス「co-meeting」および「Crowy」の開発、運用を行うほか、
ITベンダー向けのクラウドに関するオンラインコンサルティングサービス
「Cloud Implementation Support Service」を提供しています。
投稿者:本宮 大輔