札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2012年12月12日

《更新》北海道における重大製品事故の発生概況の公表について

 経済産業省北海道経済産業局では、道内における重大製品事故の内訳2ヶ月分を定期的に公表しております。
 2012年9月から10月の2ヶ月間に全国で発生した重大製品事故は156件、うち道内では6件発生しています。全国ベースでは前年同期比1.4倍、北海道については前年同期比2.0倍となっています。
 (今後、第三者委員会で精査され正式な報告件数が決まります。)

■道内の主な事故例
 1.温水洗浄便座
  異臭に気付き確認すると、当該製品を焼損する火災が発生していた。当該製品から出火したのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。(2012/9/29)
 2.肘掛(トイレ用)
  使用者(80歳代)が当該製品の可動肘掛と便器側面の間に右肘を挟まれた状態で発見され、負傷が確認された。当該製品の使用状況を含め、現在、原因を調査中。(2012/10/1)
 3.石油給湯機
  当該製品を使用中、当該製品を焼損する火災が発生した。当該製品の使用状況を含め、現在、原因を調査中。(2012/10/11)
 4.電気洗濯機
  当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。当該製品から出火したのか、他の要因か含め、現在、原因を調査中。(2012/10/27)

◆北海道における重大製品事故の内訳
  2012年9月~2012年10月発生(PDF形式/76KB) (12/12/12 update)
   ⇒http://www.hkd.meti.go.jp/hokih/hkd_jiko/jiko201209_10.pdf


詳しくは、http://www.hkd.meti.go.jp/hokih/hkd_jiko/index.htm?rss=true&date=20121212



経済産業省北海道経済産業局 産業部 消費経済課 製品安全室
TEL.011-709-2311|内線:2612|FAX.011-736-9627
e-mail:hokkaido-shohi@meti.go.jp
投稿者:RSS自動巡回