札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2013年03月25日

テーマ:「勝てるノウハウがなぜ必要か?」

1.順位を争う時代から勝ち負けの時代へ
・レースだから「着順」の争い ⇒ 先発が優位
・2着、3着でもそれなりの売上は確保ができた。
・体力のある企業が有利であった。
・競合他社よりも市場で先んずることが優先されていた。
・売上高、利益高、資本金の額、従業員の数、といった量的拡大
・他社に先駆けることが最大の戦略
・着順の差はあったが、どの企業も一様に売上の伸びがあった。
2.勝ち残るか負けて消滅するかの時代の特徴
・企業規模の大小ではなく、知恵(戦略)を持っているものが勝つ
・競合他社の市場を奪う闘いが中心になっている。(激しい陣取り合戦)
・市場が成熟している。
・商品も成熟している。
・商品も成熟している。
・ブランド力の低下
・ブランド力の低下
3.営業活動を具体化するやり方
・顧客・広告会社などの中で、何に照準を定めて重点するのかという「狙い撃ち」である。
・狙い撃ちの対象には顧客・広告会社、同業他社、商品などがあります。
・差別化をすること。
4.市場ナンバーワン作り

【 開 催 日 時 】 平成25年4月9日(火)18:30~20:00
【 開 催 場 所 】 札幌エルプラザ 4階 研修室5
札幌市北区北8条西3丁目

【 受 講 料 】 お一人様 500円 (税込み)/当日受付にてお支払いください。

【 講 師 】 本間 賢一

【 お問合・お申込 】 ㈱SOC総合研究所
Mailでの申し込みは → info@socri.jp
お問い合わせ TEL:011-807-3311

【 定 員 】 先着21名様

【 ご 注 意 】 お申込の上ご参加ください。
投稿者:株式会社SOC総合研究所