札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2013年04月18日

産総研・包括フレームワークセミナー 「ぶれない設計・ぶれない品質」 ~演習結果から見える高品質な設計/開発を司る7つのポイントとは~ 開催のご案内

札幌市の新基幹系情報システムの構築も4年目を迎えました。
札幌市より提示されている構築に係る実施スケジュールによりますと、今年度は、開発工程に入る案件が多く、いよいよ構築も佳境に入ってきた印象があります。

この状況を踏まえ、多くの企業の皆様が(札幌市の新基幹系情報システムだけでなく) 多くのシステム構築に携わって頂けるよう、当財団では今年度も引き続き産総研・包括フレームワークに関連するセミナーを開催致します。

今回は、「ぶれない設計・ぶれない品質」と題して、これまでに本研修で実施した演習結果の要素を盛り込みながら、高い品質を保つための成果物の作成方法や、プロジェクトチームの管理・統制手法について、重要ポイントを解説致します。

是非ともご参加の程、よろしくお願い致します。


1 日程
平成25年5月17日(金)13:15~16:40(受付開始12:30~)

2 場所
札幌市産業振興センター 産業振興棟 2階 セミナールームA
札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
アクセス:http://www.sapporosansin.jp/access/

3 主催
一般財団法人さっぽろ産業振興財団

4 後援
独立行政法人産業技術総合研究所

5 参加対象
自治体向け業務システム構築に関わるプロジェクト管理者・リーダークラス・担当者

6 定員
80名/回(参加費無料)

7 講師
独立行政法人産業技術総合研究所 上級主任研究員 博士(工学) 和泉 憲明 様

8 セミナー内容(集合研修)
①セミナー1「これまでの演習結果から見えること」(60分)
開発工程で表出する問題やその原因が波及する影響を説明し、その問題が発生する仕組みや対策について、解説致します。

②セミナー2「ぶれない設計 ~管理・統制のポイント~」(60分)
これまで、本セミナーで実施した演習の結果を分析し、開発工程で起こりうる設計のぶれや解釈の揺れなどの問題とそれらの改善案を、具体例を用いて解説致します。

③セミナー3「ぶれない品質 ~高品質を保つポイント~」(60分)
セミナー2で取り上げた具体例に対して、問題発生時の影響と成果物の品質を高く維持するためにどのような工夫により対応・予防が可能になるのか、具体例を用いて解説致します。

9 参加者数の制約について
1社からの参加者数の上限は特に定めませんが、定員を超える
参加者があった場合には、1社からの参加者数を絞らせて頂く場合がありますので、ご了承願います。

10 申込について
参加ご希望の方は、本セミナーの参加申込専用ページ(下記)にアクセスし、お申し込みください。
参加申込専用URL ⇒ https://www.sapporo-it-pro.jp/registration/aist/

申込受付締切:平成25年5月13日(月)17:00まで

参加者には、財団より別途「参加確定メール」を送付致します。
申し込みから参加確定までには、参加人数調整等によりお時間を要しますことをご了承願います。
また、参加確定メールの配信は5月8~13日頃を予定しております。

11 問合せ先
一般財団法人さっぽろ産業振興財団 情報産業振興部 酒巻、山下
〒004-0015
札幌市厚別区下野幌テクノパーク1丁目1番10号 札幌市エレクトロニクスセンター
TEL:011-807-6000 FAX:011-807-6005 メール:it-pro@sec.or.jp

参加申込時にお送りいただく個人情報は、産総研包括フレームワークセミナーの運営及び関連する情報をお知らせするために利用いたします。
投稿者:一般財団法人 さっぽろ産業振興財団