札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2013年09月11日

経営者限定新規ビジネスモデル「シニアライフステーション」無料説明会

あなたの会社の新規事業に最適なビジネス

それが「シニアライフステーション」です

シニアマーケットを対象としたビジネスには、いまだ未開の領域があります。

まだ認知されていない、シニア層を対象としたニュービジネスを貴社も開業しませんか?

早期参入によりさらなる成功が約束されるでしょう

ニュービジネスの特徴の一部をご紹介します

☆債権回収の不安0
☆地域社会に貢献
☆高利益率
☆初期投資低額
☆ライバル少数
☆右肩上がり

開業2年目以降は、営業利益額2,000万円以上も可能なビジネスモデルです

少子高齢化によって市場が縮小していく日本国内においても、自然にニーズが拡大して

いく稀有な巨大市場が「シニアマーケット」です

その「シニアマーケット」の中でも、高齢者と要介護認定者の急増で在宅サービスは今や

社会の必須事業になったと言えるでしょう

しかし、在宅サービスは現在、圧倒的に不足しています。

特に「訪問看護ステーション」は、厚生労働省が2020年までに全国10000か所

必要だと明言しています。

だからこそ、「訪問看護ステーション」の開業は今、未曾有のチャンスだと言えるのです。
在宅サービスの主役である「訪問看護ステーション」は、1店舗で年間営業利益

2000万円が可能なビジネスモデルです。

そして、多店舗展開により膨大な収益成長が可能であり、「リハビリ特化型デイサービス」

を併設することで、さらなる顧客の囲い込みが図られます。

なぜなら、増え続ける要介護認定者の約半数がリハビリを必要としているからです。

「訪問看護ステーション」と「リハビリ特化型デイサービス」とを一体運営するビジネス

モデルで貴社の新規事業の成功は約束されるでしょう

しかし、「シニアライフステーション」はこれだけではありません

「訪問看護ステーション」と「リハビリ特化型デイサービス」で囲い込んだ顧客である

シニア層に対して、さらなるサービスを提供していきます

地域に根ざした介護事業所が拡大し続けるシニアマーケットに対して、様々なサービスを

展開していくのが「シニアライフステーション」です

貴社の既存事業が建設だろうが小売だろうが関係ありません。

この「シニアライフステーション」では、貴社の既存事業と新規事業との間に相乗効果を

生み出すことは難しくありません

シナジー(相乗効果)とは、自然と生まれてくるものではなく、自らが創造し生み出して

行くものであることを、「無料説明会」では詳しくご説明をいたします。


公式HP http://ma-consulting.co.jp/
投稿者:MAコンサルティング株式会社

この記事についているタグ