札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2013年10月18日

数千人の起業家を見てきたプロが贈る、「ファンの作り方」~プレジデントアカデミー 経営の12分野第2回~

【ミュージシャンみたいに、
自分の会社に「ファン」がついたら、いいと思いませんか?】


<行列を作る。>


人は、商品を見定めて買っているのではありません。
人は、人が買うのを見て買っているのです。


成功し続ける経営者は、このことを深く理解しています。
だから、行列をつくる工夫をします。


それを知らない経営者は「あそこの商品はヒットしていいなあ」
「うちも、あやかりたいものだ」なんて考えている。

行列は商品力によって、勝手に出来るものだと考えています。
しかし、行列は、ただ、自然に出来るのではない。作るのです。



そこには、工夫があります。
例えば、老舗店などが「包装を丁寧にする」というアクションは、
お客さんに丁寧に接しているという印象を持ってもらいながら、
レジでのお客さんの滞留時間を長くする、という意味ももっています。

老舗はこういうところが洗練されています。


あなたの会社に、こういった工夫はありますか?
他の人が買っている姿を新しいお客さんに見せていますか?
考えてみましょう。



<お客さまの声の絶大なる効果>


リアルに購買の瞬間を見てもらえない業種でも、
「行列」(=社会的な証明)はつくることができます。

【お客さまの声】を集めて公開すればいいのです。

ホームページ、パンフレット。
お客さんの目に付きやすい場所に載せて、

既存のお客さんの「言葉」を見てもらいましょう。
それが、新しいお客さんを呼んでくれます。
だから、最初のお客さんたちは、とても大切です。

最初のお客さんは、実績の無い自分達にかけてくれた、かけがえのない存在なのです。
だからこそ、最初のお客さんには徹底的に満足してもらいましょう。

そういう気持ちが大事です。


そして、満足してくれたお客さんが「喜びの声」を発してくれたら、

また次のお客さんが集まってくれます。


そうやって【良い循環】を作って行きましょう!
投稿者:株式会社ビジネスバンクグループ