札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2013年10月29日

2013GMシンポジウム「遺伝子組換え作物・食品の現状と将来~日本における持続可能な農業のための遺伝子組換え作物」のご案内

 アジアでは、フィリピンがもっとも早くから組換えトウモロコシを導入して、大きな成果を上げてきました。これは、国際アグリバイオ事業団(International Service for the Acquisition of Agri-Biotech Application, ISAAA)が世界中から集めた情報など食の安全情報、環境安全情報、農業情報を提供してきた成果です。同国における経験を多くの方に知ってもらうためにこの講演会を企画しました。
 日本は、トウモロコシはほぼ全量を輸入に頼っている現状です。北海道は、日本の穀倉地域ですが、効率が良い、環境にも良い組換えトウモロコシは植えることもできません。輪作体系におけるトウモロコシの価値も大きいです。なのに、全く間違った理解をすることで北海道が遅れをとるのはよくないことを知ってもらうためにこの講演会を企画しました。多数の参加を期待しております。
     
日 時:2013年11月5日(火) 13:30~17:30 
場 所:北海道大学百年記念館講堂
参加費:無料
主 催:北海道バイオ産業振興協議会(HOBIA)、
    日本バイオテクノロジー情報センター(NBIC)
後 援:日本生物工学会、日本農芸化学会、バイオインダストリー協会
    NPO法人グリーンテクノバンク、近畿バイオインダストリー振興会議

<お申し込み>
 お名前、ご所属、懇親会出欠をご記載のうえ下記宛
 メールでお申込み下さい。 
 E-mail:mail@hobia.jp

 ※詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.hobia.jp/
投稿者:提供情報掲載
リンク先URL:http://www.hobia.jp/