札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2014年02月28日

食品事業者のための一次産業の価値を活かすバリューチェーン研修会

 この研修会のテーマである「一次産業の価値を活かすバリューチェーン」とは、食品事業者が、産地とのパートナーシップをもとに、食材(農畜水産物)の食味、安全性、機能性(健康性)、産地の環境や文化等の地域資源といった一次産業の価値を活かした事業を展開し、競争的優位性から生まれる利益を産地と分かち合うことを意味します。
 今回の研修会は、40の食品事業者の現地調査、農業・食品産業におけるバリューチェーンの研究者である斎藤修氏の研究成果、さらには、食品事業者・学識経験者との協議により作成した手引きをもとに、食品事業者の立場から、食材の調達、産地との関係構築、技術開発、流通・販売まで、一次産業の価値を活かすバリューチェーン構築のポイントや事例を学べる内容としました。
 食品製造業、小売業、外食事業、卸売市場等の流通業に携わる経営企画、食材の調達、商品企画、販売等のご担当者に今後のヒントとしてお役立ていただければ幸いです。食品事業者と産地の間に立つ行政の方、JAや農業生産法人等の産地のまとめ役の方にもご参加いただきたい内容です。多くの方のご参加をお待ちしております。

○開催日時:平成26年3月14日(金) 13:30~16:30(13:00受付開始)
○参加費用:無料
○開催場所:かでる2・7(730研修室)
     (札幌市中央区北2条西7丁目)
○定 員:50名(事前申込制、先着順)
 ※参加者には、「一次産業の価値を活かしたバリューチェーン構築の手引き」を差し上げます。

○内 容
 ◆第1部「基調講演」13:30~
 「一次産業の価値を活かしたバリューチェーンの構築」
  講師 斎藤 修 氏
  (千葉大学園芸学研究科教授(日本フードシステム学会会長))
  株式会社流通研究所
  ・新しいバリューチェーンとは ・一次産業の価値とは
  ・産地との関係をどう進化させるか
  ・特徴的な事例について、6次産業化ファンドについて
  ◆第2部「パネルディスカッション」15:15~
 「いかにしてバリューチェーンを構築すべきか-戦略を探る-」
  講師 斎藤 修 氏
  (千葉大学園芸学研究科教授(日本フードシステム学会会長))
  金山 紀久 氏
  (帯広畜産大学副学長理事)
  早苗 重求 氏
  (日本罐詰株式会社原料部次長)
  進行 株式会社流通研究所
  ・パネラー食品事業者のバリューチェーン
  ・産地との関係「産地とパートナーシップをどう作るか」
  ・価値の提案と効率性の追求、そのための取組
  ・バリューチェーンにおける中間流通業者の役割

○主 催 株式会社流通研究所

 ☆お問い合わせ先
  〒243-0003 神奈川県厚木市寿町1丁目4番3-2号
  株式会社流通研究所 担当:佐々木(ささき)、村上(むらかみ)
  TEL:(046)295-0831 FAX:(046)295-0834
投稿者:提供情報掲載
リンク先URL: