札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2014年04月15日

平成26年 研究成果発表会の開催

 食品加工研究センターは、平成4年2月の開設以来、食品加工にかかる研究開発や企業等への技術支援を通して
道内食品産業の発展に努めてきました。
 このたび、当センターが取り組んでいる研究開発や技術支援の成果を広く公開し、皆様の今後の事業展開や製品開発などにご活用いただくために、次のとおり『研究成果発表会』を開催いたします。
 また、今回は各地域で積極的な取組を進めている北海道立工業技術センター、北海道立十勝圏地域食品加工技術センター、北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センターによる口頭およびポスター発表も行います。
  このほか、研究成果等の展示や試食、食品加工技術や支援制度に関する個別相談をお受けするコーナーも設けております。
 是非、参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

○日 時:
 平成26年5月15日(水)13:30~17:00
○会 場:
 東京ドームホテル札幌 地下2階ピアリッチホール
 (札幌市中央区大通西8丁目 TEL 011-261-0236)
○参加料:
 無料

○プログラム 
 ■ 口頭発表 13:40~17:00
 1「食品加工研究センターの技術支援」
   食品技術支援部長 田村 吉史

 2「『軟らかくて食べやすい』業務用半調理食品の開発」
   食品工学部研究職員 東 孝憲

 3「醤油の『香り』の客観的評価技術の開発」
   食品工学部主査 吉川 修司
 
 4「DNA分析を用いたコンブ類の原産地判別技術の開発」
   北海道立工業技術センター 研究主任 清水 健志

 5「高圧乳化技術を用いた水産脂質の『微細乳化物』の機能性」
   食品開発部主査 佐々木 茂文

 6「コロッケの『サクサク感』を客観的に評価する」
   食品開発部研究職員 梅田 智里

 7「意外な食品素材が焼魚の魚臭さを抑える」
   食品バイオ部研究主査 田中 彰


 ■ ポスター展示
 ○過熱水蒸気処理を利用したタモギタケのレトルト食材の開発
   食品工学部研究主任  佐藤 理奈

 ○通電過熱技術によるハムの旨み増加
   食品工学部研究主幹 熊林 義晃

 ○乳酸菌がつくる抗菌物質でリステリア菌を制御する
   食品開発部研究主任 山田 加一朗

 ○「流動層造粒」による微生物の乾燥粉末スターター化
   食品開発部研究主任 山田 加一朗

 ○水産発酵食品の抗肥満機能の探索
   食品バイオ部研究主査 濱岡 直裕

 ○美味しいチーズ造りで活躍する「非スターター乳酸菌」
   食品バイオ部研究主幹 八十川 大輔


◆関連機関による研究発表
 ○イヌリンの特性を活かしたフレッシュホエイ-イヌリンクリームの開発」
   北海道立十勝圏地域食品加工技術センター研究開発課長 葛西 大介

 ○「エゾシカ肉の加工特性評価と食肉製品の開発」他2件
   オホーツク圏地域食品加工技術センター 研究員 抜山 嘉友ほか


■食品加工技術相談コーナー 13:30~17:00
 *食品加工技術及び支援制度に関する個別相談に応じます。
  ご希望の方は、参加申込書に相談内容等をご記入ください。

●経営支援制度に係る相談コーナー13:30~17:00  
 *国や道、支援団体の担当者が、経営支援制度に関わる個別相談に応じます。
  ご希望の方は、参加申込書に相談内容等をご記入ください。


詳細はこちらから
 >>>> http://www.food.hro.or.jp/events/h26_happyoukai_info.pdf

参加申込書はこちらから
 >>>> http://www.food.hro.or.jp/events/h26_happyoukai_form.pdf


<<お問い合わせ先・申し込み先>>
◇北海道立総合研究機構食品加工研究センター 
 食品技術支援部 技術普及グループ
  TEL 011-387-4114
  FAX 011-387-4664
  e-mail food-fukyu@hro.or.jp
投稿者:提供情報掲載
リンク先URL: