札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2014年06月06日

平成26年度小規模事業者等JAPANブランド育成・地域産業資源活用支援補助金(JAPANブランド育成支援事業)の採択事業決定について~北海道内で9件を採択~

 経済産業省北海道経済産業局では、平成26年6月6日付けで、平成26年度小規模事業者等JAPANブランド育成・地域産業資源活用支援補助金(JAPANブランド育成支援事業)について、以下9件の採択を決定しましたのでお知らせします。
 本事業は、複数の中小企業等が連携して、優れた素材や技術等を活かし、その魅力をさらに高め、世界に通用するブランド力(JAPANブランド)の確立を目指す取り組みに対して支援を行うものです。

■戦略策定支援事業
番号:1
補助申請者名:
 neeth(株)(札幌市)
 参画事業者 (株)風の学校、(有)中山農場、(有)ガルス、(株)北王よいち、鱗幸食品
実施プロジェクト名:
 Hokkaido Snow Jewels Project~北海道イタリアンを食材と共にインドネシアへ~
事業概要:
 Hokkaido Snow Jewels Project~北海道イタリアンを食材と共にインドネシアへ~   北海道イタリアンに関わる北海道内の一次生産者、二次加工者、外食等のフード関連ベンチャーが、新商品開発・既存商品の改良を実施し、ASEAN諸国への販路開拓を行う。

番号:2
補助申請者名:北海道広域道産酒協議会(小樽市)
 参画事業者 曲イ田中酒造(株)、国稀酒造(株)、日本清酒(株)、小林酒造(株)
実施プロジェクト名:
 「北海道産酒と食のマリアージュブランド」確立による台湾を中心としたアジア向け地域産品の販路拡大・マーケティング戦略策定事業
事業概要:
 北海道産酒×食のマリアージュブランドを確立させ、台湾を中心としたアジアへの販路開拓を行う。「パ酒ポート」での広報を連動させ、インバウンド誘致にも有効な仕組み、プロモーションを発展させ、海外販路の拡大と地域活性化を図る。

■ブランド確立支援事業(1年目)
番号:1
補助申請者名:
 羅臼漁業協同組合(目梨郡羅臼町)
実施プロジェクト名:
 羅臼「UMAMI」昆布海外進出プロジェクト
事業概要:
 独自の加工方法により、「UMAMI(うまみ)」成分を多くもつ羅臼昆布を、料理界を牽引するスペインでの展示会出展を通じて海外へ発信し、ヨーロッパ市場での販路開拓を行う。

番号:2
補助申請者名:
 (株)三好製作所(室蘭市)
 参画事業者 (株)アイスジャパン、(有)テックマシン、(株)CLURS
実施プロジェクト名:
 「北海道発キッチンウェアブランド確立・海外販路構築プロジェクト」
事業概要:
 北海道で生まれた保冷剤一体型弁当箱を海外市場に投入するため、海外向け試作品の開発を行う。また海外の主要展示商談会に出展参加することでブランドを発信し、海外販路の構築を行う。

番号:3
補助申請者名:
 (株)BEATUS UNITING(札幌市)
 参画事業者 Natural Products、(株)Jerop、One North Consulting
実施プロジェクト名:
 ラベンダーの香りを世界へ!“LOVENSIA”プロジェクト 
事業概要:
 北海道を代表する香りであるラベンダーを活用したプロダクトを海外向けに開発し、主にアジア市場をターゲットして、アジアにおいて及び北海道を訪れたインバウンド客を対象にマーケティング活動やテスト販売、展示会等への出展を行う。

番号:4
補助申請者名:
 (株)北国からの贈り物(川上郡弟子屈町)
 参画事業者 コンチネンタル貿易(株)、(株)ノースクリエイト、(株)アミノアップ化学、
       (株)北海道霊芝、(株)北海道バイオインダストリー、(株)シー・ビー・エス、
       (株)丸共バイオフーズ、(株)アビサル・ジャパン、井原水産(株)、(株)阿寒グランドホテル
       (株)マルデン、(株)ナチュラルケア
実施プロジェクト名:
 「北海道ヘルス&ビューティー」ブランド展開とアジア販路開拓事業
事業概要:
 「北海道ヘルス&ビューティー」と総称する北海道素材を活用した機能性食品や化粧品を、シンガポールを中心としたアジア市場で、販路の開拓、拡大を目指し、商流ルートの構築を行う
 
■ブランド確立支援事業(2年目)
番号:2
補助申請者名:
 (一社)シーニックバイウェイ支援センター(札幌市)
実施プロジェクト名:
 北海道産ワインとチーズの国際ブランド確立による中国等への販路拡大と「北海道産チーズ&ワイン街道」への観光客誘致による地域経済活性化プロジェクト
事業概要:
 アジア圏の富裕層をターゲットに、北海道のイメージとともに希少価値の高い、北海道産チーズ&ワインの市場拡大を目指した海外向け商品の開発を行うとともに、インバウンドの拡大に向けた広報展開等を実践する。

■ブランド確立支援事業(3年目)
番号:1
補助申請者名:
 沼田町商工会(雨竜郡沼田町)
実施プロジェクト名:
 『北海道沼田町の雪中米&雪中野菜商品で日本の元気を世界に発信!』
事業概要:
 世界初の省エネ&エコロジーな雪の冷熱エネルギー産業活用による独自の保存技術で生まれた高品質米「雪中米」を中核とし、雪中野菜等の沼田町の特産品を活用した加工食品で、日本食のヘルシーな美味しさと大人のための食育を世界に提案する。

番号:2
補助申請者名:
 (一社)北海道中小企業家同友会とかち支部(帯広市)
実施プロジェクト名:
 北海道十勝の「食」「観光資源」を売り込む東南アジア販路開拓プロジェクト
事業概要:
 日本の食糧基地「北海道十勝」の魅力ある食資源をシンガポール中心に東南アジアへ売り込む。東南アジアの拠点であるシンガポールで、十勝の食材をふんだんに使った試食会および商談会を行う。また、シンガポールおよび東南アジアの消費者の嗜好性を知るためのプロモーション活動・テストマーケティングを行う。
     

※全国の採択案件については、中小企業庁のウェブサイトをご覧ください。
 平成26年度小規模事業者等JAPANブランド育成・地域産業資源活用支援補助金(JAPANブランド育成支援事業)の採択を決定しました(中小企業庁のウェブサイト)
  ⇒http://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/chiiki/japan_brand/2014/140606Jbrand-koubo.htm


詳しくは、http://www.hkd.meti.go.jp/hokin/h26japan_b/result.htm?rss=true&date=20140606



経済産業省北海道経済産業局 産業部 中小企業課 新事業促進室
TEL.011-709-2311|内線:2577~2578|FAX.011-709-2566
E-mail:hokkaido-shinjigyo@meti.go.jp 
投稿者:RSS自動巡回