札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2014年06月11日

平成26年度「機能性に着目した商品開発モデル事業」~食品試作・実証・製造プラットフォームを活用した商品開発支援事業~

 「試作・実証・製造プラットフォーム」とは、 食に関わる道内の主要な機関(北海道食産業総合振興機構、北海道立総合研究機構及び北海道科学技術総合振興センター)が連携し、企業からの相談窓口を設けた上で、あらかじめ登録された企業等の中から、商品の試作やOEMを受託していただけるパートナー企業等を紹介し、互いの得意分野を活かした新商品開発とその商品化を強力に支援する仕組みです。
 このたび、この仕組みを活用して、新商品開発に意欲的な企業を対象に、平成26年度「機能性に着目した商品開発モデル事業」~食品試作・実証・製造プラットフォームを活用した商品開発支援事業~の募集をいたします。支援事業は、地域資源を活かし、機能性を持った食材を用いた新商品の開発を支援する制度です。

詳細は当財団ホームページをご覧ください。
 http://www.noastec.jp/subsidy/26-4.html

■公募期間
 平成26年6月6日(金)~平成26年6月20日(金)

■問合せ先
 ノーステック財団 クラスター事業部 担当:石田
 TEL:011-708-6526
投稿者:提供情報掲載