札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2014年07月10日

北海道大型小売店販売動向(平成26年5月)

平成26年5月の管内の大型小売店販売額は773億94百万円で全店ベースでは前年同月比▲0.4%と2ヵ月連続で前年を下回った。 品目別にみると、飲食料品は前年を上回ったものの、衣料品、身の回り品、その他は前年を下回った。 なお、既存店ベースでは同▲1.3%と2ヵ月連続で前年を下回った。

1.業態別の販売動向
(1)百貨店

当月の百貨店販売額は、155億62百万円で、全店(=既存店)ベースでは前年同月比▲4.9%と2ヵ月連続で前年を下回った。
品目別にみると、衣料品、身の回り品、飲食料品、その他のすべての品目で前年を下回った。
(2)スーパー

当月のスーパー販売額は、618億32百万円で、全店ベースでは前年同月比+0.8%と2ヵ月振りに前年を上回った。
品目別にみると、衣料品、その他は前年を下回ったものの、身の回り品、飲食料品は前年を上回った。
なお、既存店ベースでは同▲0.4%と2ヵ月連続で前年を下回った。

2.地域別販売動向
〔札幌市〕

大型小売店の販売額は399億65百万円(百貨店117億67百万円、スーパー281億98百万円)で、全店ベースでは前年同月比+0.1%(百貨店同▲4.5%、スーパー同+2.2%)と前年を上回った。
品目別にみると、衣料品、身の回り品、その他は前年を下回ったものの、飲食料品は前年を上回った。
なお、既存店ベースでは同▲1.1%(百貨店同▲4.5%、スーパー同+0.5%)と前年を下回った。
〔札幌市以外の地域〕

大型小売店の販売額は374億29百万円(百貨店37億95百万円、スーパー336億34百万円)で、全店ベースでは前年同月比▲0.9%(百貨店同▲6.0%、スーパー同▲0.3%)と前年を下回った。
品目別にみると、飲食料品は前年を上回ったものの、衣料品、身の回り品、その他は前年を下回った。
なお、既存店ベースでは同▲1.6%(百貨店同▲6.0%、スーパー同▲1.0%)と前年を下回った。

注 ( )は既存店、▲はマイナスを示す。

共通注意事項

この統計における百貨店およびスーパーとは、従業者50人以上の小売事業所であって、次に該当するもの。
(1)百貨店:日本標準産業分類の百貨店、総合スーパーのうち、(2)のスーパーに該当しない事業所であって、かつ、売場面積が特別区及び政令指定都市で3,000m2以上、その他の地域で1,500m2以上の事業所。
(2)スーパー:売り場面積の50%以上についてセルフサービス方式を採用している事業所であって、かつ、売り場面積が1,500m2以上の事業所。
( )は既存店の前年同月比。既存店とは当月及び前年同月とも調査対象となっている事業所。

詳しくは http://www.hkd.meti.go.jp/hoksr/daiten/index2605.htm?rss=true&date=20140710

経済産業省北海道経済産業局 総務企画部 調査課
TEL.011-709-2311|内線:2525~2526|FAX.011-709-1779
E-mail:hokkaido-chosa@meti.go.jp
投稿者:RSS自動巡回