札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2014年09月01日

平成26年度札幌特区通訳案内士研修の概要を掲載しました。

 従来、報酬を得て、通訳案内(外国人に付き添い、外国語で旅行に関する案内をすること)を行なうためには、通訳案内士試験に合格し、資格を取得することが必要でした。
 札幌市では国から「札幌コンテンツ特区」として、地域活性化総合特別区域の指定を受けたことから、その特例として、研修の受講等で資格を取得できる「札幌特区通訳案内士」の制度を平成25年度に創設しました。
 研修を修了して口述試験に合格した方が、札幌市に申請して登録を受けることで、札幌市内で通訳案内士として業務を行うことができるようになります。

■平成26年度札幌特区通訳案内士研修
平成26年度の札幌特区通訳案内士研修の実施要領、申込書を掲載します。
研修受講の申込については、申込書その他必要書類を添えて札幌映像機構または札幌国際プラザまで、ご提出ください。

・研修実施要領(PDF:425KB)
http://www.city.sapporo.jp/keizai/tokku/documents/youryou.pdf

【平成26年度札幌特区通訳案内士研修概要】
対象言語:
 英語、中国語、韓国語、マレー語、タイ語、ヒンディー語
研修スケジュール:
 平成26年10月19日(日曜日)~平成27年1月18日(日曜日)
 ※研修スケジュールの詳細については、研修実施要領でご確認ください。なお、研修を全て受講することが研修修了の条件となりますのでご留意ください。
受講料:
 20,000円(教材費、試験受講料込み)
(英会話研修を受講する方は25,000円)

【口述試験について】
実施期間:
 平成27年1月31日(土曜日)及び2月1日(日曜日)
試験内容:
 1人あたり1言語につき10分程度の面接形式とし、平成26年度に実施した研修の理解度を測る他、対象言語のスピーキングスキルやプレゼンテーション能力についても審査の対象とします。

【申込期間等について】
申込期間:
 平成26年9月9日(火曜日)~9月22日(月曜日)
 平日9時00分~17時00分
 ※申込期限:平成26年9月22日(月曜日)当日必着
申込書:
 今年度新たに申込する方は申込書(新規申込者用)に、昨年度に実施した研修を全て受講した方は申込書(研修修了者用)に必要事項をご記入ください。

【募集人数について】
定員は80人程度とします。なお、応募者多数の場合は抽選とします。

■申込書類提出先
【郵送、電子メールまたは持参での申込】
・札幌映像機構
 〒003-0005札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
 インタークロス・クリエイティブ・センター2FH
 TEL:011-817-5711E-mail:mailto:info@screensapporo.jp

【持参での申込】
・札幌国際プラザ
 〒060-0001札幌市中央区北1条西3丁目札幌MNビル3階
 TEL:011-211-3670

■お問い合わせ
札幌市経済局国際経済戦略室コンテンツ産業担当課
〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目札幌市役所本庁舎15階
電話番号:011-211-2379
ファクス番号:011-218-5130


詳しくは、http://www.city.sapporo.jp/keizai/tokku/tsuuyaku.html
投稿者:RSS自動巡回

この記事についているタグ