札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2015年08月15日

経営者研修 「管理職者の仕事の見える化」 ~見える化すべき仕事の内容と見える化の方法~ 8/29(土) 13時30分~16時30分 ~主催NPOマネジメントスクール~ ◇開催場所 札幌市中央区民センター 会議室B 札幌市中央区南2条西10丁目

経営者研修
「管理職者の仕事の見える化」
~見える化すべき仕事の内容と見える化の方法~
8/29(土) 13時30分~16時30分
~主催NPOマネジメントスクール~
◇開催場所 札幌市中央区民センター 会議室B
札幌市中央区南2条西10丁目

■なぜ、管理職者の仕事の見える化が必要なのか

数百人の音楽家が集団を形成しているオーケストラが、一人の指揮者の元で素晴らしい演奏ができるのは、主に次の二つの理由からと考えられます。

①全員が楽譜を持っている。
*いつ、だれが、何を行うのかが、見える化され明確になっている。
②一人ひとりが楽譜に基づき最高の演奏をするための行動に徹することが実践できている。
*プロとしての自分の役割を認識し、使命感を持って仕事が実践できている。

管理職者は、企業の成長発展の要の存在です。会社内においても、管理職者がオーケストラのような状況になれば、会社は、間違いなく成長を続けることができます。

仕事の見える化とは、実務的には、自分の役割を各自がきちんと認識でき、いつまでに、何を行うのかが、明確になっている状況、そして実践できている状況をつくりだすことといえます。

本研修では、会社内ですぐ活用できるように、『管理職者のためのワークブック 仕事の見える化』を研修テキストとし、見える化すべき管理職者の役割や仕事の内容、およびワークブックに収められているワークシートを用いて、見える化すべき管理職者の仕事の組み立てについて具体的に解説致します。
また、管理職者の仕事の見える化をするために経営者の方が取組むべき事項の解説も致します。

このような経営者の方におすすめです。

■管理職者に対して管理職者の役割についてうまく説明することができない
■管理職者が、思うように育たない
■管理職者が優先順位を考えた仕事をしない
■管理勝者の仕事の改善がすすまない
■管理職者が自ら考えて仕事をしない
■管理職者が部下を育てられない
■経営者意識のない管理職者がいる
投稿者:NPOマネジメントスクール

この記事についているタグ