札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2016年02月14日

管理職研修 Job Visualization for Manager 「管理職者の3つの見える化」 ~役割、行うべき仕事、進捗管理の見える化~ 業務の推進・拡大、部下育成において確実な成果を生み出す! 3/12(土) 13時00分~17時00分 ~主催NPOマネジメントスクール~ ◇開催場所 札幌市中央区民センター 会議室A 札幌市中央区南2条西10丁目

管理職研修
Job Visualization for Manager
「管理職者の3つの見える化」
~役割、行うべき仕事、進捗管理の見える化~
業務の推進・拡大、部下育成において確実な成果を生み出す!
3/12(土) 13時00分~17時00分
~主催NPOマネジメントスクール~
◇開催場所 札幌市中央区民センター 会議室A
札幌市中央区南2条西10丁目

Ⅰ.職場における仕事の見える化とは

見える化を行うと、あいまいなもの、ばくぜんとしているものが明確になるという効果があります。「測定できるものは、実行される」という言葉があるように、行うべきことが明確になると、行動が伴い、実現度が高まります。

職場における仕事の見える化とは、実務的には、職場において、下記のような状況がつくりだされていることをいいます。

1.自分の役割、使命がよく理解でき、自覚することができる。
2.自分の行うべきことが具体的に分かる。
3.自分の実践状況が分かり、実践結果により行動をコントロールすることができる。

職場において、このような仕事の見える化が可能になると、仕事の実現度が高まり大きな成果を得ることができます。

Ⅱ.管理職者が直面している課題

管理職者は、自ら目標を設定し、結果をつくっていかなければなりません。

そのためには、自分の役割を知り、管理職者として明日から行うべきことを常に考え、職場で実践していくことが必要となります。

管理職者の方の研修では、下記のようなケースに数多く直面します。

1.部署内の仕事のコントロール不足による納期遅れ、完成品のトラブル発生

管理職者として行うべき、部署内の仕事のコントロールがとれていないため、メンバーや工程間の連携が悪く、人海戦術のままで対応し、納期遅れや完成品のトラブルが発生しているケース。

2.部下へ仕事の委譲ができず、新たなビジネスチャンスがあるにもかかわらず取組めない

部下の育成ができておらず、現在の自分の仕事を委譲できないため新たなビジネスチャンスがあるにもかかわらず取組むことができないケース。

3.日々の仕事に追われ、仕事の改善や計画的な部下の育成ができない

日々の仕事や突発的な仕事に追われる繰り返しで、部署の計画をきちんと立てておらず、仕事の改善や新しい取組みができていないケース。また、計画に基づく役割分担として、将来を見据えた責任ある仕事を部下に与えていないため、部下のモチベーションが上がらず、成長もしないケース。

4.部下の問題点を知りながら積極的な指導ができない

部下の仕事の内容や進め方に問題があると気付きながらも、積極的に関わろうとせず、部下に対する仕事の指導や育成ができていないケース。

Ⅲ.役割、行うべき仕事、進捗管理の見える化

上記でご紹介したケースでは、今は、なんとかなっているため、このような状態が続いている状況ですが、本来は、今は、緊急性が低いように見えていても、管理職者として行うべき重要業務に気づき、方策を考えて、実行することによって、仕事の生産性を向上し、部署としての付加価値を高め、会社の発展に貢献していかなければなりません。

部署員一人ひとりの業務の生産性をあげることも、もちろん重要ですが、それだけではなく、管理職者として部署全体としての生産性を意識すると、一人ひとりの生産性の向上の総和よりも、ずっと大きな生産性の向上を達成することができ、大きな成果を獲得することができます。

上記のケースのような課題に立ち向かうには、管理職者としての自分の役割を理解、認識し、自覚することがまず必要です。そして管理職者として自分が行うべき仕事を考え、具体的な計画に落とし込み、進捗管理を徹底し、実行することが必要です。

本研修では、管理職者としての仕事が、職場で確実に実践できるように、仕事の見える化という視点にたち、管理職者の仕事を、シンプルな下記の3項目にまとめました。

見える化1 管理職者の役割の見える化

見える化2 「業務の推進・拡大」、「部下育成」のために具体的に行うべきことの見える化

見える化3 進捗管理のために具体的に行うべきことの見える化
*知識の習得だけではなく、ワークシートを用いたワークにより具体的な仕事の内容をアウトプットして頂き、見える化します。

Ⅳ.業務遂行、部下育成において確実な成果を生み出す!

本研修で、使用するテキスト「管理職者のためのワークブック 3つの見える化」には、
管理職者の役割の要点と管理職者の仕事の2大領域である「業務の推進・拡大」、「部下育成」に関する業務遂行内容の具体的な計画方法、および遂行業務の進捗管理方法を記載しております。

また、研修においては、知識の習得だけではなく、職場で実際に活用して頂くために、ワークブックに収められているワークシートを用いて、管理職者としての役割の遂行状況を自己チェックして頂き見える化すると共に、「業務の推進・拡大」、「部下育成」のために具体的に行うべきこと、および進捗管理の方法を実際にアウトプットして頂き見える化します。

これら3つの見える化により、業務遂行、部下育成において管理職者として確実に成果を生み出すことができます。

本研修により下記の項目が可能となります。

■管理職としての本来の役割、仕事が明確になります
■管理職として明日から何をすれば良いのかが分かります
■意識的、計画的に仕事の成果を上げることができます
■部下の指導、育成が自信を持って行えるようになります

このような管理職者の方におすすめです。

■管理職として長年やってきたが、一度、仕事のやり方を見直したい
■新しく管理職として登用されたが何を、どうすれば良いのか分からない
■担当部署の業績が思うように上がらない
■日々の仕事に追われ、新しい仕事に着手できない
■部下を育成してるが、思うように育たない
■部下の育成方法が分からない

研修項目
管理職研修
Job Visualization for Manager
「管理職者の仕事の見える化」
~役割、行うべき仕事、進捗管理の見える化~

1.見える化する管理職者の役割と具体的な仕事の内容
2.見える化する仕事の組立て
・管理職者としての役割と自己評価の実習
・管理職者として今、取り組むべき重要業務の設定と日常業務への落とし込みの実習
・手順を踏んだ部下育成事項設定の実習
・進捗管理事項設定の実習


お申込み、お問い合わせ先:npo.managementschool@gmail.com
投稿者:NPOマネジメントスクール

この記事についているタグ