札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2016年09月11日

経営者勉強会 兵の将・将の将 「管理職者の行動を意識的に改善する3つの見える化」 ~自ら目標を設定し、結果をつくる管理職者を育成する~ 9/24(土) 9時30分~11時30分 ~主催NPOマネジメントスクール~ ◇開催場所 札幌市中央区民センター 会議室B 札幌市中央区南2条西10丁目

経営者勉強会 兵の将・将の将
「管理職者の行動を意識的に改善する3つの見える化」
~自ら目標を設定し、結果をつくる管理職者を育成する~
9/24(土) 9時30分~11時30分
~主催NPOマネジメントスクール~
◇開催場所 札幌市中央区民センター 会議室B
札幌市中央区南2条西10丁目

管理職者として、忙しい日々の業務の中で、効率よく仕事を進め、結果をだしていくためには、仕事の重要ポイントを、確実に把握し、実行することが、必要不可欠となります。

本研修は、管理職者としての重要業務を確実に実践すると共に、業務全体の生産性を高めるための方策として、3つの見える化による仕事の改善、強化について解説致します。

■管理職者として、不可欠・重要な仕事を自ら見極め、明日から力を発揮する

兵の将、将の将の話で有名な劉邦は、部下の力を最大限活用することにより、漢帝国を築くことができました。

劉邦は、「軍事面は韓信」、「内政面は蕭何」、「戦略面は張良」というように、部下の長所を全面的に活用し、信頼してその才を遺憾なく発揮させています。

韓信、蕭何、張良ともに、自ら目標を設定後、劉邦に提案し、劉邦の承諾を得て実行し、結果を作り出すという仕事をしております。

職場においても、管理職者が管理職者として、不可欠・重要な仕事を自ら見極め、自ら目標を設定し、結果をつくりだすための仕事の進め方のしくみづくりが必要です。

■目標の実現度を高める管理職者の仕事の3つの見える化

見える化を行うと、あいまいなもの、ばくぜんとしているものが明確になるという効果があります。

「測定できるものは、実行される」という言葉があるように、職場においては、仕事の重要ポイントを、見える化することにより、行うべきことが明確になり、行動が伴い、実現度が高まります。

「部下育成」、「担当部署のPDCA推進」が管理職者の仕事の2大領域となります。
「部下育成」、「担当部署のPDCA推進」の遂行において、

『本来・今・行うべき仕事』
『獲得すべき成果』
『進捗管理』

の3項目を見える化することにより、仕事の実現度が高まり管理職者として確実に成果を生み出すことができます。

このような経営者の方におすすめです。
■管理職者の仕事の内容が同じことの繰り返しで、改善が進まない
■管理職者が、新しいことにチャレンジせず、仕事の付加価値が上がらない
■新しい取り組みをしても途中で立ち切れになってしまう
■管理職者が、部下の育成をできない
■管理職者と部下とのコミュニケーションが悪い

【研修項目】
経営者勉強会 兵の将・将の将
「自ら目標を設定し、結果をつくる管理職者を育成する」
~管理職者の行動を意識的に改善する3つの見える化~

テーマ1 先達者から学ぶリーダーのあり方
テーマ2 自ら目標を設定し、結果をつくるためのしくみ
テーマ3 管理職者として行うべき仕事

お申込み、お問い合わせ先:npo.managementschool@gmail.com
投稿者:NPOマネジメントスクール

この記事についているタグ