札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2016年10月12日

一般公開セミナー「がん医療の最前線~遺伝子診断から、がん個別化医療へ~」への開催について

がん治療は、遺伝子診断に基づいて、患者さん一人一人に最適な治療を行う「個別化治療」へと大きく変わりつつあります。
北海道大学病院では、平成26年から進めてきた「バイオバンク(生体試料管理室)」での研究成果をもとに、今年4月から、がん患者さんが持つがん遺伝子の異常を網羅的に調べる「がん遺伝子診断(クラーク検査)」を開始しました。
このセミナーでは、クラーク検査の実績をもとに、がん個別化診断の必要性についてご説明するとともに、最新のがん薬物療法の現状や今後の展望についてご紹介します。
投稿者:公益財団法人北海道科学技術総合振興センター