札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2016年11月07日

中国・北京市における道産食品の販売企業を募集します

食関連企業 各位

札幌市では今年度、「中国市場輸出ビジネス拡大モデル事業」として、コンチネンタル貿易株式会社様に業務委託のうえ、中国市場開拓事業を実施しております。

その一環として、中国・北京市内に4店舗の高級スーパーを展開する「果蔬好(グォーシューハオ)」にて、道産食品コーナーでの販売を希望する企業様を下記のとおり募集しておりますので、お知らせいたします。


【経緯】
札幌市が業務委託するコンチネンタル貿易株式会社では、平成28年9月24日~10月24日にかけて、果蔬好(グォーシューハオ)にて北海道フェアを開催いたしました。

このフェアでの販売が好調であったことから、道産食材販売スペースの常設が決定となり、販売規模が拡大したことに伴い、同店での商品販売を希望する企業様を募集するものです。


【募集概要】
■販売店舗: 果蔬好(グォーシューハオ)
       ※北京市内に4店舗を展開する高級スーパーマーケット。
        今後、店舗を更に拡大する予定。

■経  費: 無料
       ※コンチネンタル貿易株式会社様が商品を買い取り、
        現地に輸送のうえ、販売いたします。
       ※各種証明等の取得につきましては、
        各社様にご負担いただきます。
       ※初回はサンプルのご提供もいただきます。

■申込方法: 申込書に必要事項を記入のうえ、下記まで送付ください。
       申込書は、下記までご請求ください。

■申込み先: コンチネンタル貿易株式会社(担当:後藤様)
       メール:goto@continental-trading.co.jp

■締め切り: 平成28年11月30日(水曜日)
       ※申込書のみ。(その他必要書類は後日で可)

輸出までの流れや条件等につきましては、下記をご確認ください。
なお、申込みをいただいても、中国側の輸入条件に合致しない場合や、市場性等について検討した結果、出品をお受け致しかねることがございますので、予めご了承ください。

--------------------------------------------

北海道内食品製造販売企業各社様
    
                   コンチネンタル貿易株式会社

 
  北京市内スーパーマーケット出品希望企業の募集について

拝啓 時下ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
 さて、札幌市経済観光局からのご案内のとおり、弊社では札幌市の道産食品中国市場輸出拡大モデル事業を受託、北京市内で高級スーパーマーケット「果蔬好」を経営する農業経営法人「北京沃谷農業」と提携し、9月24日から10月24日の1ヵ月間、当スーパー4店舗において特設コーナーを設け、北海道食品フェアを実施いたしました。
 その結果、期間中3回の追加輸出をするなど、「果蔬好」各店舗での販売が好調であったことから、期間限定の特設コーナーから無期限の常設コーナーにすることを決定、現在も道産食品の継続販売を行っております。
 このため「果蔬好」では、フェアに出品いたしましたアイテム数(約120アイテム)では、常設コーナーとして不十分なことから、さらに多くの食品アイテムを輸入したい旨の要望が出ております。
 つきましては、中国市場への進出を意欲的にご検討されている企業様には、この好機を活用し、販路拡大に繋げていただければ幸いと存じます。
 なお、商品輸出を希望される企業様には、お手数ですが別添の輸出条件をご確認のうえ、申込書(申込書のみは11月末日までにメールにてお願いいたします。)他必要書類を作成し、弊社にご提出下さい。
多くの企業様の当事業参加・申し込みをお待ちしております。
                               敬具

                      平成28年11月吉日

--------------------------------------------

  中国への輸出の条件と手続きについて

1 条件
(1)商品に関しての条件(制限)は次のとおりです。
ア 中国禁制品である乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト等、ただし乳製品を原材料としたクッキー等は除く。)、肉製品、生鮮野菜(ジュース等加工品は除く。)ではないこと。
※注意事項
 商品と主原料の最終加工地が以下の10都県の場合は中国への輸出ができません。
 宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、新潟、長野
イ 常温品もしくは冷凍品であること。
※現在は常温品のみの取り扱いですが、冷凍品の輸出(チルドは除く。)についても今後開始する予定ですのでお申し込みください。
ウ 賞味期限は6か月以上あること。
エ 商品の成分に各種肉エキスが含まれていないこと。

(2)貴社製品の1回目輸出(トライアル輸出)時、試食等のために商品アイテムごとに約10%程度のサンプルの提供をお願いいたします。
※トライアル輸出にて売上が好調であった商品に関しては、(3)のとおり本格輸出をご依頼いたします。

(3)貴社製品の本格輸出開始(2回目の輸出時に1回のみ)時、商品アイテムごとに現地の検疫検査局への「輸入許可申請(商品登録料)料」の半額(10,000円)のご負担をお願いいたします。

(4)弊社からの商品代金の支払いは、納品月の月末締めで翌月25日の支払いとなります。また納品先(苫小牧港、小樽港、新千歳空港)につきましてはその都度指定させて頂きますので御了解の程お願いいたします。

2 手続きについて
(1)上記の条件等を御了解頂けるメーカー様は、次の書類をご準備の上メールにてお申込みください。(申込書のみは11月末日までにお願いします。)
① 申込書(「3申込書等請求・提出先」よりご請求ください)
② 商品カルテ(原産地証明等をとる際に使用いたします。なお、複数出品を希望される場合はフォーマットをコピーの上入力してご送付ください。)
③ 商品規格書(商品の細部内容を知るため及び輸出手続きの際に使用いたします。定型はございません。貴社作成のものをデータまたはPDFでご送付ください。)
④ 包材の版下データ(商品のイメージアップのため及び輸出手続きの際に使用いたします。定型はございません。貴社作成のものをデータまたはPDFでご送付ください。)
上記書類をご送付頂いた後、弊社及び現地販売店の両社で市場性等について検討し、選考させて頂きますのでご了承ください。

(2)次に輸出することが決ったメーカー様(商品)には、各商品ごとに次の書類をご準備頂きます。
⑤ 栄養成分分析表(検査機関へご依頼ください。なお、1品目2~3万円程かかります。)
※検査機関に関しましては、参考として「検査機関一覧」を添付しておりますのでご利用ください。なお、検査は郵送でも可能と聞いておりますが、細部は検査機関にお尋ねください。
 
(3)中国側の要求によっては次の書類も必要となる場合があります。
(これまでの経験から原材料に乳製品、海産物を使用している場合要求 されてます。)
⑥ 放射能検査証明(検査機関へご依頼ください。証明は日本語版と英語版の両方が必要となりますのでその旨検査機関へご依頼ください。なお、1品目1万~1万5千円程かかります。)

3 申込書等請求・提出先
コンチネンタル貿易株式会社
〒060-0061 札幌市中央区南1条西11丁目1-1
電話011-221-8511 Fax281-0950 
http://www.continental-trading.co.jp
(担当:貿易事業部輸出課 王 又は 後藤
E-mail goto@continental-trading.co.jp)
ご質問がございましたら遠慮なくお尋ねください。
投稿者:提供情報掲載
リンク先URL:

この記事についているタグ