札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2017年01月29日

管理職者の仕事の3つの見える化 「本来・今・行うべき仕事」 「獲得すべき成果」 「進捗管理」 2/25(土) 9時30分~11時30分 ~主催NPOマネジメントスクール~ ◇開催場所 札幌市中央区民センター 会議室C 札幌市中央区南2条西10丁目

経営者勉強会
管理職者の仕事の3つの見える化
「本来・今・行うべき仕事」
「獲得すべき成果」
「進捗管理」
2/25(土) 9時30分~11時30分
~主催NPOマネジメントスクール~
◇開催場所 札幌市中央区民センター 会議室C
札幌市中央区南2条西10丁目

高品質・低価格指向、人手不足と厳しい環境の中で、一層の高収益体質の企業づくりが求められています。

社内における各部署の仕事もさらなる高品質、少数精鋭化が必要となり、管理職者のマネジメント力が一層重要となっています。

管理職者として行うべき業務を確実に、効率よく実践し、結果をだしていくためには、仕事の重要ポイントを明確にし、見える化することが効果的です。

本勉強会では、管理職者が質の高い本来業務の遂行と獲得すべき成果の獲得を効率よく実現するために効果的な管理職者の仕事の3つの見える化について解説致します。

■管理職者の質の高い本来業務の遂行と獲得すべき成果の獲得を確実に実現する

管理職者が管理職者として、不可欠・重要な仕事を自ら見極め、自ら目標を設定し、結果をつくりだしていくためには、仕事の重要ポイントを、見える化し、明確にすることが効果的です。

「部下育成」、「担当部署のPDCA推進」が管理職者の仕事の2大領域となります。
「部下育成」、「担当部署のPDCA推進」の遂行において、

『本来・今・行うべき仕事』
『獲得すべき成果』
『進捗管理』

の3つの仕事を見える化することにより、管理職者として、質の高い、本来の重要業務が確実に行うことができるとともに、業務全体の生産性が上がり、管理職者として確実に成果を生み出すことができるようになります。

本研修は、リーダーのあるべき仕事を踏まえた、管理職者のマネジメントスキル向上の方策について解説致します。

このような経営者の方におすすめです。
■管理職者の仕事の内容が同じことの繰り返しで、必要な改善が進まない
■日々の仕事に追われ、管理職者として、計画的な部署の運営ができていない
■新しい取り組みをしても途中で立ち切れになってしまう
■管理職者が、部下の育成をできない
■管理職者と部下とのコミュニケーションが悪い
■自ら目標を設定し、結果をつくるという、本来の管理職意識が弱い

【研修項目】
経営者勉強会
管理職者の仕事の3つの見える化
「本来・今・行うべき仕事」
「獲得すべき成果」
「進捗管理」

テーマⅠ リーダーの仕事
テーマⅡ 管理職者の仕事の3つの見える化
テーマⅢ 管理職者が行うべき仕事

お申込み、お問い合わせ先:npo.managementschool@gmail.com
投稿者:NPOマネジメントスクール

この記事についているタグ